Top > Search of Japanese Patents > JAPANESE INPUT STATE DISPLAY SYSTEM

JAPANESE INPUT STATE DISPLAY SYSTEM

Patent code P110001540
File No. N10033
Posted date Feb 8, 2011
Application number P2010-205051
Publication number P2012-063804A
Patent number P5557107
Date of filing Sep 14, 2010
Date of publication of application Mar 29, 2012
Date of registration Jun 13, 2014
Inventor
  • (In Japanese)西 正明
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title JAPANESE INPUT STATE DISPLAY SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a Japanese input state display system that enables an operator to surely and easily recognize a state of an input mode and to efficiently perform input operation. SOLUTION: The Japanese input state display system is added to a computer including a computer body 10, a display device 8 and a keyboard device 1. The system comprises: a communication device 4 connected to the computer body 10; a display 3 connected to the communication device 4; and a monitoring program of an input mode installed in the computer body 10. The state of the input mode of a running application is displayed on the display 3 based on a monitoring result of the monitoring program outputted on the communication device 4 from the computer body 10.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



コンピュータが広く普及しインターネット環境が整うにつれて、キーボードを用いてデータ入力する機会が増大している。電子メールの宛先やインターネットのURLの入力では、半角の英数字や記号の直接入力(以下、本願では半角英数直接モードという)を用いるが、一方、電子メールの本文やインターネットのメッセージ入力ではローマ字変換等による日本語入力(以下、本願では日本語入力モードという)を行う。





入力モードをマウス操作で切替える場合には、WINDOWS(登録商標)の画面に表示されているIMEツールバーの入力モードを目視で確認しながら、必要であればクリックして状態の切替わりを確認してから、データ入力作業に移行する。キー操作で入力モードを切替える場合には、ファンクションキーやショートカットキーを用いる。WINDOWS(登録商標)では[半角/全角]キーの押下によって、半角英数直接モードと日本語入力モードを交互に切替えて使用している。





しかしながら、データ入力に集中するあまり、入力モードの表示に注意が行き届かなくなってしまい、入力モードの切替え忘れによるデータ入力作業ミスがしばしば生じる。特に、半角英数直接モードで使いたいアプリケーションソフトと日本語入力モードで使いたいアプリケーションソフトを交互に切替えて使用するような場合は、切替えを忘れることによって、データ入力作業能率が低下するという問題が生じる。





この問題に対処する方法の例として、入力モードの切替え操作をキーボードやマウスの操作ではなく、別に切替えペダルによるスイッチをコンピュータに接続して、切替えペダルの踏み込みによるスイッチのオンまたはオフの状態によって入力モードを設定する方法が提案されている(特許文献1)。

この場合には、入力モードを切替える際には、切替えペダルをいちいち踏み込み直す必要があり、従来の手先による操作からすれば新たな操作であり、従来の入力操作に慣れている者には負担である。さらに、この方法の場合は、入力モードの初期状態を確認する必要があり、作業中断したときには、従来と同じように入力モードの現在状態を確認する必要があることに変わりはない。また、半角英数直接モードで使いたいアプリケーションソフトと日本語入力モードで使いたいアプリケーションソフトを交互に切替えて使用するような場合は、操作が煩雑になる。

Field of industrial application (In Japanese)



本出願は、コンピュータに装備されている日本語入力システムの入力モードの状態を表示する日本語入力状態表示システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
コンピュータ本体と、ディスプレイ装置と、キーボード装置とを備えるコンピュータに付設して用いる日本語入力状態表示システムであって、
前記コンピュータ本体に接続される通信装置と、該通信装置に接続される表示器と、前記コンピュータ本体にインストールされる入力モードの監視プログラムとを備え、
前記表示器は、前記キーボード装置のキー配置面に装着されて用いられるとともに、発光素子を内蔵し、
前記コンピュータ本体から前記通信装置に出力された前記監視プログラムの監視結果に基づいて、アクティブなアプリケーションウインドウについて、半角英数直接モードと日本語入力モードの別のみを、前記発光素子の点灯/消灯により、識別表示することを特徴とする日本語入力状態表示システム。

【請求項2】
 
コンピュータ本体と、ディスプレイ装置と、キーボード装置とを備えるコンピュータに付設して用いる日本語入力状態表示システムであって、
前記コンピュータ本体に接続される通信装置と、該通信装置に接続される表示器と、前記コンピュータ本体にインストールされる入力モードの監視プログラムとを備え、
前記表示器は、前記キーボード装置のキー配置面に装着されて用いられるとともに、発光素子を内蔵し、
前記コンピュータ本体から前記通信装置に出力された前記監視プログラムの監視結果に基づいて、アクティブなアプリケーションウインドウについて、半角英数直接モードと日本語入力モードの別のみを、前記発光素子の発光色の別により、識別表示することを特徴とする日本語入力状態表示システム。

【請求項3】
 
前記通信装置は、前記コンピュータ本体にUSB接続されていることを特徴とする請求項1または2記載の日本語入力状態表示システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010205051thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close