Top > Search of Japanese Patents > START AND SERVICE SYSTEMS FOR HIGH TEMPERATURE SUPERCONDUCTIVE BEARING

START AND SERVICE SYSTEMS FOR HIGH TEMPERATURE SUPERCONDUCTIVE BEARING

Patent code P110001596
File No. 27
Posted date Mar 7, 2011
Application number P2002-363633
Publication number P2004-197767A
Patent number P4288343
Date of filing Dec 16, 2002
Date of publication of application Jul 15, 2004
Date of registration Apr 10, 2009
Inventor
  • (In Japanese)松下 照男
  • (In Japanese)小森 望充
  • (In Japanese)小田部 エドモンド 荘司
  • (In Japanese)樋笠 博正
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title START AND SERVICE SYSTEMS FOR HIGH TEMPERATURE SUPERCONDUCTIVE BEARING
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide start and service systems practically solving a problem of superconductive magnetic levitation characteristics of a high temperature superconductive bearing degraded along with the elapse of time.
SOLUTION: In an axial type superconductive bearing, a relationship between a cooling temperature and excitation of a superconductor is optimized, in view of thermal and time stability relating to superconductive magnetic levitation and efficiency of generation appropriate for a bearing volume, at the same time, a rotational loss. In the axial type superconductive bearing constituted of a permanent magnet disc levitation part for generating magnetism, firstly the superconductive bearing is made to be in a high temperature zero field cooling state before starting the service, and load is applied and a second-class superconductor is temporally transited in a high temperature excitation cooling state, and then is made to be in a low temperature cooling state to start the service.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


これまでの代表的な高温超電導軸受の起動、供用方式には、特開平10-98890、特開2000-136825などに公知の記述があるが、なお、超電導磁気浮上特性の時間的劣化に課題を残している。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、諸々の回転機械に供用される高温超電導軸受技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
円盤状第二種超電導体を円盤状クライオスタット内で冷媒に浸漬し超電導状態を発現可能な円盤状固定部(円盤状クライオスタット固定子)と、その円盤状超電導体面の上方に同心非接触で回転可能にギャップを開けて対置した磁気発生用永久磁石円盤状浮上部(円盤状永久磁石回転子)からなるアキシャル型超電導軸受において、供用開始前に当該超電導軸受を初め高温ゼロ磁場冷却状態にしてから、荷重を懸けて第二種超電導体を一旦高温励磁冷却状態に遷移させ、その後、低温冷却状態にして供用を開始する事を特徴とするアキシャル型超電導軸受の起動方式。

【請求項2】
 
円盤状第二種超電導体を円盤状クライオスタット内で冷媒に浸漬し超電導状態を発現可能な円盤状固定部(円盤状クライオスタット固定子)と、その円盤状超電導体面の上方に同心非接触で回転可能にギャップを開けて対置した磁気発生用永久磁石円盤状浮上部(円盤状永久磁石回転子)からなるアキシャル型超電導軸受において、供用開始前に当該超電導軸受を初め高温磁場冷却状態にしてから、荷重を懸けて第二種超電導体を一旦高温励磁冷却状態に遷移させ、その後、低温冷却状態にして供用を開始する事を特徴とするアキシャル型超電導軸受の起動方式。

【請求項3】
 
中空円柱状第二種超電導体を中空円柱状クライオスタット内で冷媒に浸漬し超電導状態を発現可能な中空円柱状固定部(中空円柱状クライオスタット固定子)と、その中空円柱状超電導体面の外周にギャップを開けて同心非接触で回転可能に対置した磁気発生用永久磁石中空円柱状可動部(中空円柱状永久磁石回転子)からなるラジアル型超電導軸受において、供用開始前に当該超電導軸受を初め高温磁場冷却状態にしてから、荷重を懸けて第二種超電導体を一旦高温励磁冷却状態に遷移させ、その後、低温冷却状態にして供用を開始する事を特徴とするラジアル型超電導軸受の起動方式。

【請求項4】
 
中空円柱状第二種超電導体を中空円柱状クライオスタット内で冷媒に浸漬し超電導状態を発現可能な中空円柱状固定部(中空円柱状クライオスタット固定子)と、その中空円柱状超電導体面の外周にギャップを開けて同心非接触で回転可能に対置した磁気発生用永久磁石中空円柱状可動部(中空円柱状永久磁石回転子)からなるラジアル型超電導軸受において、供用開始前に当該超電導軸受を初め高温ゼロ磁場冷却状態にしてから、荷重を懸けて第二種超電導体を一旦高温励磁冷却状態に遷移させ、その後、低温冷却状態にして供用を開始する事を特徴とするラジアル型超電導軸受の起動方式。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002363633thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close