Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR RECYCLING GARBAGE

METHOD FOR RECYCLING GARBAGE

Patent code P110001606
File No. 15
Posted date Mar 7, 2011
Application number P2000-043113
Publication number P2001-232331A
Patent number P3404523
Date of filing Feb 21, 2000
Date of publication of application Aug 28, 2001
Date of registration Mar 7, 2003
Inventor
  • (In Japanese)白井 義人
Applicant
  • (In Japanese)九州工業大学長
Title METHOD FOR RECYCLING GARBAGE
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for disposing of garbage without disrupting the environment.

SOLUTION: In the method for recycling garbage through polylactic acid, garbage is packed in a polylactic acid bag in stage 1, the garbage packed in the bag in stage 1 is recovered in stage 2, the garbage recovered in stage 2 is subjected to lactic fermentation to obtain lactic acid in stage 3, the polylactic acid bag is produced from the lactic acid obtained in stage 3 in stage 4, and garbage is packed in the polylactic acid bag produced in stage 4 in stage 5. The garbage in stage 1 is packed in stage 5, and garbage is recycled.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、ゴミの焼却によるダイオキシンの発生を初めとして、ゴミによる環境破壊が大きな問題になっている。家庭やレストラン等の事業所から廃棄される生ゴミについては、これを堆肥化したり、これを原料として乳酸発酵することにより、資源化する試みが成されている。乳酸発酵法により生ゴミを処理する方法は、生成物である乳酸を生分解性プラスチックの原料として用い得ることから、有効な生ゴミの資源化法の一つであると考えられている。

しかしながら、家庭や事業所から廃棄される生ゴミは、通常、ポリエチレン等の非生分解性の袋に収容された状態で回収されている。このような生ゴミを乳酸発酵により資源化するためには、予め、生ゴミとポリエチレン袋等を分別するための煩雑な前処理工程が必要となり、生ゴミの資源化コストを上昇させる原因となっている。さらに、分別したポリエチレン袋等は、焼却、埋め立て等により廃棄せざるを得ず、環境破壊の問題は完全には解決されていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、生ゴミをリサイクルする方法に関する。

より詳細には、本発明は、生ゴミをポリ乳酸袋に収容し、これを回収し、回収した生ゴミを乳酸発酵に供することにより乳酸を得、この乳酸を用いてポリ乳酸袋を製造し、このポリ乳酸袋に生ゴミを収容することにより、生ゴミをリサイクルする方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  ポリ乳酸を介する生ゴミのリサイクル方法において、(1)生ゴミをポリ乳酸袋に収容する工程と、(2)前記工程1でポリ乳酸袋に収容した生ゴミを回収する工程と、(3)前記工程2で回収した生ゴミとポリ乳酸袋を殺菌状態にした後に乳酸発酵に供し、乳酸を得る工程と、(4)前記工程3で得た乳酸からポリ乳酸袋を製造する工程と、(5)前記工程4で製造したポリ乳酸袋に生ゴミを収容する工程とを具備することにより、前記工程1に戻り、前記工程3の殺菌状態にした後に乳酸発酵する工程が、(a)前記工程2で回収したポリ乳酸袋に収容された生ゴミと、ポリ乳酸袋とを分別する工程と、(b)前記工程aで分別した生ゴミを殺菌する工程と、(c)前記工程bで殺菌した生ゴミを微生物による乳酸発酵に供し、乳酸を得る工程と、(d)前記工程aで分別したポリ乳酸袋とアルカリ性溶液とを混合し、乳酸を得る工程と、(e)前記工程c及び工程dで得られた乳酸を合わせ、これを前記工程4のポリ乳酸袋の原料に供する工程とを具備することを特徴とする生ゴミをリサイクルする方法。
【請求項2】
  前記工程bの生ゴミの殺菌が、生ゴミとアルカリ性溶液との混合物を得ることにより行われる請求項1に記載の生ゴミをリサイクルする方法。
【請求項3】
  前記工程bで用いるアルカリ性溶液が、アンモニア、アルカリ金属又はアルカリ土類金属の水酸化物、及び炭酸のアルカリ金属又はアルカリ土類金属塩からなる群から選択されるアルカリ性化合物の水溶液であることを特徴とする請求項2に記載の生ゴミをリサイクルする方法。
【請求項4】
  前記工程bで用いるアルカリ性溶液に含有されるアルカリ性化合物の量が、生ゴミを殺菌状態にするために充分であり、かつ工程3で生成する乳酸量に対して等モル以下であることを特徴とする請求項2又は3に記載の生ゴミをリサイクルする方法。
【請求項5】
  前記工程bの生ゴミの殺菌が、蒸気により行われる請求項1に記載の生ゴミをリサイクルする方法。
【請求項6】
  前記工程3における殺菌状態が、工程3での乳酸発酵に悪影響を及ぼさない細菌数以下の状態であることを特徴とする請求項1ないし5のいずれか1項に記載の生ゴミをリサイクルする方法。
【請求項7】
  前記工程3の乳酸発酵が、連続法又は半回分法により行われることを特徴とする請求項1ないし6のいずれか1項に記載の生ゴミをリサイクルする方法。
【請求項8】
  前記工程3の乳酸発酵が、回分法により行われることを特徴とする請求項1ないし6のいずれか1項に記載の生ゴミをリサイクルする方法。
【請求項9】
  前記工程2のポリ乳酸袋に収容された生ゴミが、乾燥状態にあることを特徴とする請求項1ないし8のいずれか1項に記載の生ゴミをリサイクルする方法。
【請求項10】
  前記工程2のポリ乳酸袋に収容された生ゴミが、湿潤状態にあることを特徴とする請求項1ないし8のいずれか1項に記載の生ゴミをリサイクルする方法。
Industrial division
  • Treatment operation
  • Microbial industry
  • Hygienic facilities
  • Container
  • Waste treatment
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close