Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR TREATING LIQUID WASTE OF VEGETABLE OIL

METHOD FOR TREATING LIQUID WASTE OF VEGETABLE OIL

Patent code P110001607
File No. 16
Posted date Mar 7, 2011
Application number P2000-048060
Publication number P2001-232393A
Patent number P3412006
Date of filing Feb 24, 2000
Date of publication of application Aug 28, 2001
Date of registration Mar 28, 2003
Inventor
  • (In Japanese)白井 義人
Applicant
  • (In Japanese)九州工業大学長
Title METHOD FOR TREATING LIQUID WASTE OF VEGETABLE OIL
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for treating waste liquor of vegetable oil without exerting a adverse influence on environment and to reuse the waste liquor to be disposed usually as resources by making effective use of the waste liquor.

SOLUTION: This method for treating waste liquor of vegetable oil comprises a step to subject the liquid waste to treatment with a microbe and obtain the treatment suspension containing an organic acid, a step to subject the treatment suspension to solid-liquid separation and obtain a solid phase and a liquid phase containing the organic acid, a step to concentrate the liquid phase containing the organic acids and obtain the concentrate of the organic acid and vapor, a step to accumulate the concentrate containing the organic acid and supply the accumulated concentrate as a raw material for manufacturing chemical materials and a step to condense the vapor and obtain the treated water. The solid-liquid separation is carried out by a freeze separation method of freezing the treatment suspension, fusing the frozen material and separating it into a solid phase and a liquid phase. At least a part of the solid phase obtained by the solid-liquid separation is used again in the step to subject the waste liquor to treatment with the microbe.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、環境志向の高まりから、パームオイルのような植物由来の油を原料とする洗剤等が多く製造されている。例えば、パームオイルは、ヤシの実から搾油することにより製造されているが、この製造過程で大量の廃液が副産物として生成する。この廃液は、2万ppm以上の極めて高いCOD値を有しているため、そのまま廃棄したのでは環境に重大な影響を及ぼす可能性がある。

従来、パームオイルの廃液は、ラグーンと呼ばれる長さ数百mから1kmもある処理池において、自然なメタン発酵により処理された後、廃棄されている。しかしながら、このような自然なメタン発酵による処理方法では、廃液のCODを100ppm程度に下げるのに1~2ヶ月の長期間を要し、また、処理能力が不安定であるという欠点を有している。しかも、発酵により生成し、大気中に放出されるメタンガスは、地球温暖化の原因となるため、環境に十分配慮した処理方法とは言い難い。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、植物油廃液の処理方法に関する。

より詳細には、本発明は、パームオイル廃液のような植物油廃液を微生物により処理することにより有機酸を得、これを化学物質を製造するための原料として有効利用すると伴に、本発明の植物油廃液処理の過程で生じる処理水を環境に悪影響を及ぼさない程度にまで清浄化することのできる植物廃液の処理方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  植物油廃液を微生物による処理に供し、有機酸を含有する処理懸濁液を得る工程と;前記処理懸濁液を固層および前記有機酸を含有する液層に固液分離する工程と;前記有機酸を含有する液層を濃縮し、有機酸の濃縮液および蒸気を得る工程と;前記有機酸を含有する濃縮液を集積し、化学物質製造のための原料に供する工程と;前記蒸気を凝縮させることにより、処理水を得る工程とを具備する植物油廃液の処理方法において、前記固液分離が、前記処理懸濁液を凍結した後、融解し、固層と液層を分離する凍結分離法により行われることと、前記固液分離により得られる固層の少なくとも一部分を前記微生物による処理に再び供することを特徴とする植物油廃液の処理方法。
【請求項2】
  前記植物油廃液が、パームオイル廃液である請求項1に記載の植物油廃液の処理方法。
【請求項3】
  前記有機酸を含有する濃縮液の有機酸濃度が、5重量%以上である請求項1または2に記載の植物油廃液の処理方法。
【請求項4】
  前記集積した有機酸を含有する濃縮液の量が、有機酸の重量に換算して、100kg以上である請求項1ないし3のいずれか1項に記載の植物油廃液の処理方法。
【請求項5】
  前記有機酸が、低級脂肪酸である請求項1ないし4のいずれか1項に記載の植物油廃液の処理方法。
【請求項6】
  前記集積した濃縮液を原料として供することにより製造される化学物質がケトン、アルデヒド、アルコール、炭化水素化合物あるいはプラスチック、メタン、および水素からなる群から選択される汎用品であることを特徴とする請求項1ないし5のいずれか1項に記載の植物油廃液の処理方法。
【請求項7】
  上記凝縮させて得た処理水のCODが、100ppm以下である請求項1ないし6のいずれか1項に記載の植物油廃液の処理方法。
Industrial division
  • Treatment operation
  • High polymer
  • Microbial industry
  • (In Japanese)液体燃料・油脂
  • Hygienic facilities
  • Wastewater treatment
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close