Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND DEVICE FOR MANUFACTURING LACTIC FERMENTATION RAW MATERIAL FROM GARBAGE

METHOD AND DEVICE FOR MANUFACTURING LACTIC FERMENTATION RAW MATERIAL FROM GARBAGE

Patent code P110001610
File No. 19
Posted date Mar 7, 2011
Application number P2000-212940
Publication number P2002-028606A
Patent number P3507863
Date of filing Jul 13, 2000
Date of publication of application Jan 29, 2002
Date of registration Jan 9, 2004
Inventor
  • (In Japanese)白井 義人
Applicant
  • (In Japanese)九州工業大学長
Title METHOD AND DEVICE FOR MANUFACTURING LACTIC FERMENTATION RAW MATERIAL FROM GARBAGE
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for manufacturing a lactic fermentation raw material for garbage, which is capable of generating lactic acid in a high yield and at a low cost particularly even in the case the garbage having no fixed composition is used, and a device therefor.

SOLUTION: The method for manufacturing the lactic fermentation raw material from the garbage is achieved by placing the garbage under a temperature condition of 40-70°C to reduce the moisture content. The temperature condition of the method is controlled by using the waste heat from domestic exothermic devices such as a refrigerator. The device for manufacturing the lactic fermentation raw material from the garbage possesses a garbage vessel provided with a suction port and an exhaust port and an exothermic machine for reducing the moisture content of the garbage housed in the garbage vessel and the exothermic machine uses waste heat generated from another device.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)

生ゴミの資源化にとって生ゴミを原料とする乳酸発酵は有効な資源化法である。乳酸発酵法により生成する乳酸を原料として、生分解性プラスチックであるポリ乳酸を合成し、これを袋状に加工する。このポリ乳酸袋を生ゴミを収容するための袋として利用することにより、生ゴミをリサイクルすることができる。

通常、生ゴミには、乳酸発酵の原料となる糖類が含有されているので、原理的には、生ゴミを乳酸発酵の原料とすることは可能である。しかしながら、家庭や事業所から廃棄される生ゴミを実際に乳酸の原料として用いることには様々な問題がある。例えば、生ゴミには、通常、その質量の約8割の水分が含まれている。この水分は生ゴミを回収する場合の取り扱い性を困難にするばかりでなく、運搬、貯蔵コストを上げる原因ともなる。さらに、食品に含有される水分は、生ゴミの腐敗を促進させ、異臭を発するので、家庭等での生ゴミの分別とリサイクル化を困難にしている。

このような生ゴミに含有される水分に起因する問題の解決方法の1つは、生ゴミを乾燥させることである。しかしながら、現在市販されている生ゴミ乾燥機は、その乾燥温度が100℃以上の高温に設定されている。このような高温に設定することは、乾燥速度を高める点からは好ましいが、生成する乾燥生ゴミが、褐変、変性してしまい、これを乳酸発酵の原料として用いても良好な乳酸発酵は進まない。また、100℃以上という高温にするためには、高エネルギーの供給が必要であり、処理コストを高めることになる。

さらに、生ゴミには、乳酸発酵の原料となる糖類の他、蛋白質、脂質その他の様々な成分が様々な組成比で含有されている。しかもこれらの成分は生ゴミを廃棄する事業所や家庭によって異なる。さらに、同じ場所から排棄される場合であっても、廃棄の日によって生ゴミの成分は異なる。このような、組成が一定でない生ゴミを用いて、これを褐変、変色等させることなく、良好な乳酸発酵を行い得る乳酸発酵原料を製造するための温度条件の選択は容易ではない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、生ゴミから乳酸発酵原料を製造する方法及びその装置に関する。

より詳細には、本発明は、生ゴミを40から70℃の温度条件下に置き、含水量を低減させることを特徴とする生ゴミから乳酸発酵原料を製造する方法、及びそのための装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 外気との通気を制御し得る容器内に、乳酸発酵の原料となる糖類を含有し、湿潤状態にある生ゴミを入れる工程と、製品の廃熱エネルギーを利用して、前記容器内の雰囲気を45~65℃の温度条件下に管理する工程と、前記生ゴミを入れた容器内の雰囲気と外気とを少なくとも一時的に連通状態にする工程と、前記容器内の雰囲気を脱臭した後に外気に排出する工程とを具備することにより、前記生ゴミ中の糖類の含有率の低下を抑えつつ、前記生ゴミの含水量を24時間以内に30質量%以下に低減させた乳酸発酵原料を得、前記乳酸発酵原料を乳酸発酵に供する工程をさらに具備する、生ゴミを使用する効率のよい乳酸発酵方法。
【請求項2】
 前記生ゴミが、蛋白質、ペプチド及びアミノ酸からなる群から選択される少なくとも1種の成分をさらに含有する請求項1に記載の生ゴミを使用する効率のよい乳酸発酵方法。
【請求項3】
 前記生ゴミの含水量が24時間以内に10質量%以下に低減される請求項1又は2に記載の生ゴミを使用する効率のよい乳酸発酵方法。
【請求項4】
 前記廃熱エネルギーが、冷蔵庫、レンジ、食器洗浄機、食器乾燥機、燃料電池、乾燥機、給湯システム及び給湯機からなる群から選択される製品の廃熱エネルギーにより提供される請求項1ないし3のいずれか1項に記載の生ゴミを使用する効率のよい乳酸発酵方法。
【請求項5】
 前記製品が家庭用の冷蔵庫であり、前記廃熱エネルギーが、前記家庭用冷蔵庫の放熱パネルに連結された放熱パネルから供給される請求項1ないし4のいずれか1項に記載の生ゴミを使用する効率のよい乳酸発酵方法。
Industrial division
  • Treatment operation
  • Microbial industry
  • Waste treatment
  • Solar energy use
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close