Top > Search of Japanese Patents > ELECTRIC MUSCLE STIMULATION HARNESS

ELECTRIC MUSCLE STIMULATION HARNESS meetings achieved foreign

Patent code P110001644
File No. 6127
Posted date Mar 8, 2011
Application number P2007-169554
Publication number P2009-005851A
Patent number P5122188
Date of filing Jun 27, 2007
Date of publication of application Jan 15, 2009
Date of registration Nov 2, 2012
Inventor
  • (In Japanese)志波 直人
  • (In Japanese)山口 仁美
  • (In Japanese)田川 善彦
  • (In Japanese)沼田 喜四司
  • (In Japanese)吉川 和宏
  • (In Japanese)村上 敬二
  • (In Japanese)武岡 元
Applicant
  • (In Japanese)学校法人 久留米大学
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
  • (In Japanese)株式会社ゴールドウインテクニカルセンター
  • (In Japanese)積水化成品工業株式会社
  • (In Japanese)国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
Title ELECTRIC MUSCLE STIMULATION HARNESS meetings achieved foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electric muscle stimulation harness easily positioning electrodes at positions for stimulating neuromuscular junction of muscles, or the objects of an exercise, in a device used for, for example, rehabilitation and an exercise apparatus when electrically stimulating the muscles for developing the muscles using the contraction of the muscles by electric stimulation.
SOLUTION: This electric muscle stimulation harness A1 is provided with a harness body 1, the predetermined number of opening parts 2 provided in the harness body 1 to be positioned in the neuromascular junctions of the muscles, or the objects of the exercise, or the peripheries including the neuromascular junctions when a wearer wears the harness body 1, and the electrodes 8 provided in the openings 2 to be positioned on the neuromascular junctions of the muscles or the skin surfaces near the neuromascular junctions when the wearer wears the harness body 1.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


リハビリテーションを補助する器具や運動器具(いわゆる健康器具を含む)に応用できる有効な方法として、電気的筋肉刺激(EMS:Electrical Muscle Stimulation)が注目されている。電気的筋肉刺激による運動は、ダンベル運動のように重いものを使用する運動とは相違して、筋肉を電気的に刺激することにより筋肉が収縮するのを利用して筋肉を鍛えるというものであり、より安全性の高い運動方法として評価されている。



このような各器具においては、筋肉を電気で刺激するために電極を備えている。使用者の身体に対する電極の位置の調節または設定は、通常は使用者や補助者の経験則によって行われている。
なお、電気的筋肉刺激による運動においては、電気によって筋肉のどこを刺激してもよいという訳ではなく、十分な運動効果をあげるためには、電極を筋肉の神経筋接合部(運動神経が筋肉に接合される部分:モーターポイント)を刺激することができる位置に設定することが極めて重要である。



前記運動器具の一例としては、本願出願人が提案した特許文献1の筋力増強器がある。この筋力増強器は、筋肉に電気的刺激を与えて収縮させる電極部を備えた鍛錬部用装具と、鍛錬部用装具と協働する支持部用装具と、鍛錬部用装具と支持部用装具の成す角度が所定の角度から変わったことを感知する感知装置と、電極部に電気を供給するコントローラーを備えており、感知装置が感知したとき、主動筋となる筋肉または拮抗筋となる筋肉に電気的刺激が与えられるように電極部に電気を供給することができるというものである。



【特許文献1】
特許第3026007号

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、電気的筋肉刺激用着用具に関するものである。更に詳しくは、リハビリテーション用や運動器具用として使用されるものであって、筋肉を電気的に刺激することにより筋肉が収縮するのを利用して筋肉を鍛える電気的筋肉刺激(骨格筋電気刺激)を行うに際し、電極が運動の対象となる筋肉の神経筋接合部を刺激することができる位置に設定されるように、電極の位置決めを簡便に行うことができるものに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
着用具本体と、
該着用具本体を着用者が着用したときに、運動の対象となる筋肉の神経筋接合部または神経筋接合部を含む近傍に位置するよう着用具本体に設けられた所要数の開口部と、
前記着用具本体を着用者が着用したときに、筋肉の神経筋接合部または神経筋接合部近傍の皮膚面に位置するよう前記開口部に設けられている電極と、
該電極を前記開口部内において固定することができる、不導体で形成された電極固定体と、
を備えており、
前記電極固定体が網体である、
電気的筋肉刺激用着用具。

【請求項2】
 
前記電極が、接続端子に接触し前記網体の網目を通して皮膚面に接着可能な粘着シール電極である、
請求項1記載の電気的筋肉刺激用着用具。

【請求項3】
 
一端部は各電極に接続され、他端部には電気的筋肉刺激用機器が接続可能な電気コードが設けられている、
請求項1または2記載の電気的筋肉刺激用着用具。

【請求項4】
 
着用具本体が、衣服形状である上半身用着用具または下半身用着用具またはその双方で構成されている、
請求項1ないし3の何れかの一に記載の電気的筋肉刺激用着用具。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007169554thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close