Top > Search of Japanese Patents > THERAPEUTIC AGENT FOR MOOD DISTURBANCE OR EMOTIONAL DISTURBANCE

THERAPEUTIC AGENT FOR MOOD DISTURBANCE OR EMOTIONAL DISTURBANCE

Patent code P110001731
File No. S2008-0262-N0
Posted date Mar 14, 2011
Application number P2008-077752
Publication number P2009-227631A
Patent number P5266520
Date of filing Mar 25, 2008
Date of publication of application Oct 8, 2009
Date of registration May 17, 2013
Inventor
  • (In Japanese)高濱 和夫
  • (In Japanese)白崎 哲哉
  • (In Japanese)副田 二三夫
  • (In Japanese)緒方 雪乃
  • (In Japanese)川浦 一晃
  • (In Japanese)本田 宗吉
  • (In Japanese)井上 雅子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 熊本大学
Title THERAPEUTIC AGENT FOR MOOD DISTURBANCE OR EMOTIONAL DISTURBANCE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a therapeutic agent for mood or emotional disturbance.
SOLUTION: The therapeutic agent for mood or emotional disturbance contains a compound having an action to suppress the activation current of a G protein-coupled inwardly-rectifying potassium ion channel (GIRK channel).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、社会の複雑化に伴って、うつ病や躁うつ病などの気分障害(感情障害)を患う人が増加している。特に、うつ病は、若年層や中年層に比べて50歳以上の高年層において罹患率が高く、さらに男性よりも女性の罹患者が多い。一般住民の約15人に一人がうつ病を経験するといわれている。うつ病の基本的な症状は、強い抑うつ気分、興味や喜びの喪失、食欲の障害、睡眠の障害、精神運動の障害(制止または焦燥)、疲れやすさ、気力の減退、強い罪責感、思考力や集中力の低下、死への思いであり、他に、身体の不定愁訴を訴える人も多く、被害妄想などの精神病症状が認められることもある。



うつ病の治療としては一般的に抗うつ薬の投与がなされている。抗うつ薬としては、イミプラミンやデシプラミン等の薬剤がよく用いられている。しかし、これら従来の薬剤は、抗うつ効果の発現に3~4週間あるいはそれ以上の長い時間が掛かるという欠点や、治療抵抗性うつ病に対してほとんど効果を奏しないなどの問題がある。



一方、本発明者らは、過去20数年にわたる中枢性鎮咳薬に関する研究の過程で、鎮咳薬はGタンパク質共役型内向き整流性カリウムイオンチャネル(GIRKチャネル)を抑制することを見出し、このGIRKチャネル活性化電流を抑制する薬物は、脳梗塞に伴う排尿障害も改善することを見出している(PCT/JP2005/004261)。



また、特許文献1には、クロペラスチン又は塩酸カラミフェンなどのモルフィナン骨格を有しない非麻薬性の咳嗽反射抑制物質を含有してなる頻尿・尿失禁の予防・治療組成物が記載されている。



【特許文献1】
特開2000-264849号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、気分障害又は感情障害の治療薬に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Gタンパク質共役型内向き整流性カリウムイオンチャネル(GIRKチャネル)の活性化電流を抑制する作用を有する化合物を含有する、気分障害又は感情障害の治療薬であって、化合物が、クロペラスチン、塩酸クロペラスチン、フェンジゾ酸クロペラスチン、チペピジン、ヒベンズ酸チペピジン及びクエン酸チペピジンからなる群から選ばれる少なくとも1種の化合物である、上記治療薬

【請求項2】
 
気分障害又は感情障害がうつ病である請求項1に記載の治療薬。

【請求項3】
 
うつ病が治療抵抗性うつ病である請求項2に記載の治療薬。

【請求項4】
 
化合物が、クロペラスチン、塩酸クロペラスチン、フェンジゾ酸クロペラスチン、ヒベンズ酸チペピジン及びクエン酸チペピジンからなる群から選ばれる少なくとも1種の化合物である、請求項1~3のいずれか1項に記載の治療薬。

【請求項5】
 
化合物が、クロペラスチン、塩酸クロペラスチン及びクエン酸チペピジンからなる群から選ばれる少なくとも1種の化合物である、請求項1~3のいずれか1項に記載の治療薬。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close