Top > Search of Japanese Patents > BIODEGRADABLE HOLLOW FINE PARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

BIODEGRADABLE HOLLOW FINE PARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons

Patent code P110001754
Posted date Mar 15, 2011
Application number P2010-147437
Publication number P2012-011268A
Patent number P5780507
Date of filing Jun 29, 2010
Date of publication of application Jan 19, 2012
Date of registration Jul 24, 2015
Inventor
  • (In Japanese)小野 努
  • (In Japanese)木村 幸敬
  • (In Japanese)村中 誠
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 岡山大学
Title BIODEGRADABLE HOLLOW FINE PARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a biodegradable hollow fine particle being a microcapsule having a film comprising a biodegradable resin, and to provide a method for producing the biodegradable hollow fine particle having a hollow part, in the inside of which a water phase such as an aqueous solution can be stored.
SOLUTION: The method for producing the biodegradable hollow fine particle comprises the steps of: emulsifying an oil phase (O) including a predetermined aliphatic polyester resin (A) with the water phase (W1) to prepare a W1/O emulsion; emulsifying the W1/O emulsion with another water phase (W2) to prepare another emulsion; distilling out an organic solvent (o) included in the emulsion to precipitate the aliphatic polyester resin (A), to thereby form the biodegradable hollow fine particle which has a structure comprising an outer shell layer (II) constructed from the aliphatic polyester resin (A) and the hollow part (I) formed in the inside of the outer shell layer (II), wherein the water phase (W2) includes, as an emulsifier, a diblock copolymer (B), which comprises a block derived from a predetermined aliphatic polyester resin (B1) and a block derived from a hydrophilic polymer (B2).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ポリ乳酸は、生分解性を有する脂肪族ポリエステル樹脂として一般的に知られたものであり、それを被膜とし、内部に所定の機能性物質を内包させた微粒子(マイクロカプセル)の開発も進められている。



そのようなポリ乳酸を基材とするマイクロカプセルの製造方法としては、たとえば、W/O/Wエマルションからの油相固化(非特許文献1)、ポリ乳酸マクロモノマーを用いた界
面重合(非特許文献2)、フッ素系アルキル鎖とのブロック共重合体を用いた単分散ポリマーカプセル調製などが報告されている。また、最近では、マイクロバブルを用いた中空ポリ乳酸マイクロカプセルの調製法が報告されているが(特許文献1)、この方法により得られるマイクロカプセルは気体のみを内包するものであり、水溶性の機能性物質等を溶解した水溶液を内包するマイクロカプセルを調製することはできない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ポリ乳酸に代表される生分解性を有する脂肪族ポリエステル樹脂により形成される中空微粒子およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記工程(1b)、工程(2)、および工程(3)を含み、かつ、
下記工程(2)における水相(W2)は、乳化剤として、構成成分のヒドロキシカルボ
ン酸またはジカルボン酸の炭素原子数が2~6である脂肪族ポリエステル樹脂(B1)由
来のブロックと親水性高分子(B2)由来のブロックとからなるジブロック共重合体(B
)を含むことを特徴とする、空微粒子を製造する方法:
[工程1b]構成成分のヒドロキシカルボン酸またはジカルボン酸の炭素原子数が2~6である脂肪族ポリエステル樹脂(A)および酢酸エチルである有機溶媒(o)を含み、さらに飽和溶解量以下の水を含んでいてもよい油相(O)を調製する工程;
[工程2]上記工程(1b)を経た調製物と水相(W2)とを乳化しエマルションを調製する工程;
[工程3]上記工程(2)を経たエマルションに含まれる有機溶媒(o)を留去し、脂肪族ポリエステル樹脂(A)を析出させることにより、脂肪族ポリエステル樹脂(A)で構築された外殻層(II)と、当該外殻層(II)の内部に形成された中空部(I)とからなる構造とを有する中空微粒子を形成させる工程。

【請求項2】
 
前記工程(2)における乳化がマイクロ流路分岐乳化法により行われる、請求項1に記載の製造方法。

【請求項3】
 
前記水溶性ジブロック共重合体(B)が、HLB値が8以上20未満の範囲にある水溶性ジブロック共重合体である、請求項1または2に記載の製造方法。

【請求項4】
 
前記ジブロック共重合体(B)の構成比率が、前記脂肪族ポリエステル樹脂(B1)由来のブロックの重合度100部に対して親水性高分子(B2)由来のブロックの重合度が0.1~100,000部となる範囲である、請求項13のいずれかに記載の製造方法。

【請求項5】
 
前記水溶性ジブロック共重合体(B)が、GPCで測定した数平均分子量Mnが500~200,000の範囲にあり、重量平均分子量Mwが500~200,000の範囲にあり、かつ分子量分布Mw/Mnが1.00~2.00の範囲にある水溶性ジブロック共重合体である、請求項14のいずれかに記載の製造方法。

【請求項6】
 
前記脂肪族ポリエステル系樹脂(B1)が、ポリ乳酸、ポリグリコール酸、ポリカプロン酸およびポリブチレンサクシネートからなる群より選ばれる少なくとも1種の脂肪族ポリエステル樹脂である、請求項15のいずれかに記載の製造方法。

【請求項7】
 
前記脂肪族ポリエステル樹脂(B1)が、GPCで測定した数平均分子量Mnが100~200,000の範囲にあり、重量平均分子量Mwが100~200,000の範囲にあり、分子量分布Mw/Mnが1.00~2.00の範囲にある脂肪族ポリエステル樹脂である、請求項16のいずれかに記載の製造方法。

【請求項8】
 
前記親水性高分子(B2)が、ポリオキシエチレン、ポリオキシプロピレン、ポリビニルアルコール、ポリ酢酸ビニル共重合体の部分加水分解物、ポリメタクリル酸、ポリアクリル酸、ポリアクリルアミド、ポリアスパラギン酸、多糖類、ポリイソプロピルアクリルアミド、ポリスチレンスルホン酸ナトリウムおよびそれらの誘導体からなる群から選ばれた少なくとも1種の親水性高分子である、請求項17のいずれかに記載の製造方法。

【請求項9】
 
前記親水性高分子(B2)が、GPCで測定した数平均分子量Mnが100~200,000の範囲にあり、重量平均分子量Mwが100~200,000の範囲にあり、分子量分布Mw/Mnが1.00~2.00の範囲にある親水性高分子である、請求項18のいずれかに記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010147437thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close