Top > Search of Japanese Patents > HYDROGEL CAPSULE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

HYDROGEL CAPSULE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons

Patent code P110001755
Posted date Mar 15, 2011
Application number P2010-147438
Publication number P2012-011269A
Patent number P5858451
Date of filing Jun 29, 2010
Date of publication of application Jan 19, 2012
Date of registration Dec 25, 2015
Inventor
  • (In Japanese)小野 努
  • (In Japanese)木村 幸敬
  • (In Japanese)安川 政宏
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 岡山大学
Title HYDROGEL CAPSULE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method, capable of efficiently producing a water-soluble substance encapsulated hydrogel capsule by using a simple process and an apparatus.
SOLUTION: The method for producing the hydrogel capsule includes: [a step 1] that is a step of preparing a W1/W2/O emulsion comprising a water phase (W2) including a raw material (a) (such as a monomer (α1) having hydrophilicity and polyfunctional radical polymerizability or polyfunctional reactivity) of a hydrogel (A), a water phase (W1) which forms two phases together with the water phase (W2) and includes a water-soluble inclusion substance (s), and an oil phase (O) incompatible with the water phases (W2) and (W1); and [a step 2] that is a step of reacting the raw material (a) included in the water phase (W2) to form an outer shell layer (II) constructed from a crosslinked polymer (A). The hydrogel capsule has a structure comprising: the outer shell layer (II); and a hollow part (I) that is formed in the inside of the outer shell layer (II) and filled with the water phase (W1).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ヒドロゲルは、多量の水を吸着させることができる親水性の架橋網目構造体(架橋重合体)であり、各種の用途における機能性素材として注目されている。特に、ヒドロゲルを被膜とするカプセル(ヒドロゲルカプセル)は、たとえばDDS(ドラッグ・デリバリー・システム)において医薬品を封入するなど、幅広い用途が想定されている。



このようなヒドロゲルカプセルおよびその製造方法はこれまでにもいくつか報告されているが、たとえば、マイクロ流体工学を利用してO/W/O(Oil-in Water-in-Oil)エ
マルションを調製した後、液滴を形成している中間相(W)をヒドロゲル化するという手法が知られている(非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ヒドロゲルを被膜とするカプセル(ヒドロゲルカプセル)およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
親水性でかつ多官能ラジカル重合性もしくは多官能反応性を有する単量体(α1)から誘導される単位を含む重合体(a1)を含む、架橋網目構造を有する重合体からなるヒドロゲル(A)で構築された外殻層(II)と、上記外殻層(II)の内部に形成された中空部(I)とからなる構造を有し、
上記中空部(I)の一部または全部が、上記ヒドロゲル(A)の原料(a)を含む水相(W2)と二相を形成する、水溶性封入物質(s)を含む水相(W1)で満たされているヒドロゲルカプセルを製造する方法であって、
下記工程(1)および工程(2)を含み:
[工程1]前記ヒドロゲル(A)の原料(a)を含む水相(W2)と、上記水相(W2)と二相を形成する、前記水溶性封入物質(s)を含む水相(W1)と、上記水相(W2)および上記水相(W1)と相溶しない油相(O)とからなる、W1/W2/Oエマルションを調製する工程;
[工程2]上記水相(W2)に含まれる原料(a)を反応させることにより、ヒドロゲル(A)で構築された外殻層(II)を形成する工程、
前記原料(a)は前記単量体(α1)として重量平均分子量が700~20000の範囲にある親水性ポリアルキレングリコールジ(メタ)アクリレートを含むことを特徴とする、製造方法

【請求項2】
 
前記工程(1)が、下記1次乳化工程および2次乳化工程を含むものである、請求項1に記載の製造方法:
[1次乳化工程]前記水相(W1)と前記水相(W2)とを乳化してエマルションを調製する工程;
[2次乳化工程]上記1次乳化工程で調製されたエマルションと前記有機溶媒相(O)とを乳化した後、所定の時間を経過させて、W1/W2/Oエマルションを調製する工程。

【請求項3】
 
前記工程(2)が光重合開始剤の存在下に紫外線を照射することを含む、請求項1または2に記載の製造方法。

【請求項4】
 
前記2次乳化工程がマイクロ流路分岐乳化法によって行われる、請求項2に記載の製造方法。

【請求項5】
 
さらに下記工程(5)を含むことを特徴とする、請求項14のいずれかに記載の製造方法:
[工程5]前記外殻層(II)の外層に、前記ヒドロゲル(A)と直接的または間接的に結合している架橋重合体(B)で構築された被覆層(III)を形成する工程。

【請求項6】
 
前記工程(5)が、コアセルベーション法またはin situ重合法により行われる、請求項5に記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close