Top > Search of Japanese Patents > TYROSINASE ACTIVITY INHIBITOR AND BLEACHING COSMETIC COMPRISING THE SAME

TYROSINASE ACTIVITY INHIBITOR AND BLEACHING COSMETIC COMPRISING THE SAME commons meetings

Patent code P110001820
Posted date Mar 17, 2011
Application number P2006-011100
Publication number P2007-191427A
Patent number P4686720
Date of filing Jan 19, 2006
Date of publication of application Aug 2, 2007
Date of registration Feb 25, 2011
Inventor
  • (In Japanese)高良 健作
  • (In Japanese)照屋 潤二郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 琉球大学
Title TYROSINASE ACTIVITY INHIBITOR AND BLEACHING COSMETIC COMPRISING THE SAME commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new highly safe tyrosinase activity inhibitor while having an excellent activity.
SOLUTION: The tyrosinase activity inhibitor comprises a compound represented by formula (I) as an active ingredient. A method for producing the compound represented by formula (I) comprises successively subjecting rum lees to a styrenic synthetic adsorbent treatment, a silica gel column chromatographic treatment, a gel filtration treatment and a liquid chromatographic treatment.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


現在、皮膚の日焼けや、シミ、そばかす等を防ぐ目的で、数多くの美白化粧料が市販されている。これらの美白化粧料には、色素物質であるメラニンの生成を防ぐ成分が含まれているが、その多くは、メラニン生成の律速酵素であるチロシナーゼを阻害するチロシナーゼ活性阻害物質である。



このチロシナーゼ阻害物質の代表的なものとしては、コウジ酸やアルブチン等が知れている。このうち、コウジ酸は、コウジカビの培養発酵物中に生産されるものであり、そのチロシナーゼ阻害活性は高いが、経口摂取による発癌性の報告や、白血球減少作用等の副作用の報告もあり、安全性が十分に確保されているとは言い難いものである。また、アルブチンは、ウワウルシやコケモモの抽出物中から得ることができる化合物で、安全性はほぼ確認されているものであるが、そのチロシナーゼ阻害活性は、コウジ酸に比べ弱いという問題があった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、チロシナーゼ活性阻害剤に関し、更に詳細には、メラニン生成に関係するチロシナーゼを効果的に阻害するチロシナーゼ阻害剤およびこれを利用する美白化粧料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
次の式(I)
【化1】
 


で表される化合物を有効成分とするチロシナーゼ活性阻害剤。

【請求項2】
 
ラム酒粕から得られたものである請求項第1項記載のチロシナーゼ阻害活性剤。

【請求項3】
 
ラム酒粕を、スチレン系合成吸着剤処理、シリカゲルカラムクロマトグラフ処理、ゲルろ過処理および液体クロマトグラフ処理から選ばれる処理の2以上を組み合わせた精製処理により得られたものである請求項第1項または第2項記載のチロシナーゼ阻害活性剤。

【請求項4】
 
請求項第1項ないし第3項の何れかの項記載のチロシナーゼ阻害活性剤を含有する皮膚外用剤。

【請求項5】
 
請求項第1項ないし第3項の何れかの項記載のチロシナーゼ阻害活性剤を含有する美白化粧料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close