Top > Search of Japanese Patents > BIOLOGICAL SIGNAL ANALYZER, BIOLOGICAL SIGNAL ANALYSIS METHOD, AND BIOLOGICAL SIGNAL ANALYSIS PROGRAM

BIOLOGICAL SIGNAL ANALYZER, BIOLOGICAL SIGNAL ANALYSIS METHOD, AND BIOLOGICAL SIGNAL ANALYSIS PROGRAM meetings

Patent code P110001855
File No. H21-019-2
Posted date Mar 18, 2011
Application number P2010-169094
Publication number P2011-104340A
Patent number P5540402
Date of filing Jul 28, 2010
Date of publication of application Jun 2, 2011
Date of registration May 16, 2014
Priority data
  • P2009-244165 (Oct 23, 2009) JP
Inventor
  • (In Japanese)鰤岡 直人
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鳥取大学
Title BIOLOGICAL SIGNAL ANALYZER, BIOLOGICAL SIGNAL ANALYSIS METHOD, AND BIOLOGICAL SIGNAL ANALYSIS PROGRAM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a biological signal analyzer by which a lot of information can be acquired without being lost because the analysis of biological signal is carried out at a high dimension, while even a person having no mathematical knowledge can instantaneously confirm the state of biological signal because the analysis result of biological signal is displayed in three-dimensional space coordinates.
SOLUTION: The biological signal analyzer includes: a biological signal receiver 100 to receive a biological signal; a high dimension space analyzer 110 to analyze the biological signal in m-dimension (m is an integer not lower than 4); and a three-dimension display signal transmitter 140 to transmit a three-dimension display signal that is a signal produced based on the analysis of the high dimension space analyzer 110 and performs display in the three-dimension space.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



生体信号の挙動を理解するための方法について、生体信号を受信して観測する方法が広く行われている。その生体信号の観測結果を表示する手段として、従来から図1のように時間を横軸、振幅を縦軸とする表示方法により観測する手段などが用いられている。





一方、生体信号を4次元以上の高次元における相関次元により解析する方法が特開平9-56833号公報において用いられている。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、生体信号解析装置、生体信号解析方法、生体信号解析プログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体信号を受信する生体信号受信部と、
前記生体信号に対して埋め込み変換によりm次元(mは4以上の整数)のデータを作成する高次元空間解析部と、
前記m次元のデータから3個の軸を選択することにより、3軸の組み合わせが異なる複数の3次元データを生成し、該複数の3次元データを3次元の空間に表示する3次元表示信号処理送信部と,
を備える
生体信号解析装置。

【請求項2】
 
前記生体信号は、呼吸運動、心電図又は脳波を示す信号である、
請求項1に記載の生体信号解析装置。

【請求項3】
 
前記生体信号受信部は、第1の生体信号、及び前記第1の生体信号と受信した時間の異なる第2の生体信号を受信し、
前記高次元空間解析部は、前記第1の生体信号及び前記第2の生体信号をm次元(mは4以上の整数)において解析し、
前記3次元表示信号処理送信部は、前記高次元空間解析部の解析を行うことにより、前記第1の生体信号に基づいて生成される3次元の空間に表示させるための信号である第1の3次元表示信号、及び前記第2の生体信号に基づいて生成される3次元の空間に表示させるための信号である第2の3次元表示信号、を送信する、
請求項1に記載の生体信号解析装置。

【請求項4】
 
前記高次元空間解析部は、前記第1の生体信号に基づいてm次元のベクトルの信号である第1のm次元ベクトル情報信号を生成し、前記第2の生体信号に基づいてm次元のベクトルの信号である第2のm次元ベクトル情報信号を生成するm次元ベクトル情報生成部を備える、請求項3に記載の生体信号解析装置。

【請求項5】
 
前記第1の3次元表示信号と、前記第2の3次元表示信号を比較する情報比較部をさらに備える、
請求項3または4に記載の生体信号解析装置。

【請求項6】
 
前記第1のm次元ベクトル情報信号と、前記第2のm次元ベクトル情報信号を比較する情報比較部をさらに備える、
請求項4に記載の生体信号解析装置。

【請求項7】
 
生体信号を受信する手順と、
前記生体信号に対して埋め込み変換によりm次元(mは4以上の整数)のデータを作成する手順と、
前記m次元のデータから3個の軸を選択することにより、3軸の組み合わせが異なる複数の3次元データを生成し、該複数の3次元データを3次元の空間に表示する手順と,
を行う、
生体信号解析方法。

【請求項8】
 
生体信号を受信する手順と、
前記生体信号に対して埋め込み変換によりm次元(mは4以上の整数)のデータを作成する手順と、
前記m次元のデータから3個の軸を選択することにより、3軸の組み合わせが異なる複数の3次元データを生成し、該複数の3次元データを3次元の空間に表示する手順と,
をコンピュータに実行させる、
生体信号解析プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010169094thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) (In Japanese) 生体信号の周期性を3次元空間にビジュアル化する装置
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close