Top > Search of Japanese Patents > PERFUSION FIXATION BASE

PERFUSION FIXATION BASE achieved

Patent code P110002006
File No. S2008-0596-N0
Posted date Mar 24, 2011
Application number P2008-210544
Publication number P2010-046119A
Patent number P4952951
Date of filing Aug 19, 2008
Date of publication of application Mar 4, 2010
Date of registration Mar 23, 2012
Inventor
  • (In Japanese)篠田 晃
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title PERFUSION FIXATION BASE achieved
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a perfusion fixation base efficiently removing formaldehyde or the like of a work environment in a simple configuration without damaging work operability.

SOLUTION: The perfusion fixation base for performing the perfusion fixation treatment of an organism using a perfusion fixing solution includes: a pedestal body 1 for mounting the organism to perform the perfusion fixation treatment to; a perfusion fixation work part 2 on the upper surface of the pedestal body, mounting the organism and discharging the perfusion fixing solution to the lower part; a solution discharge port provided on the lower part of the perfusion fixation work part for discharging the perfusion fixing solution; an exhaust port provided around the perfusion fixation work part; and an air supply part 3 provided on the upper part of the perfusion fixation work part. The air supply part comprises an air supply fan 4 and air supply ducts 5a and 5b for supplying air from the air supply fan to the periphery of the perfusion fixation work part. The air supply ducts are flexible ducts and at least an air supply direction is variable.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


現在、生物・医学系の動物実験研究・実習・遺体処理のため、ホルムアルデヒド(FA)やグルタルアルデヒド(GA)等を用いた灌流固定が広く行われているが、FA/GAの刺激臭や有害性の除去対策が課題とされている。しかしながら、作業操作性と簡便さを損なわない有効な除去装置は開発されていない。特に、2008年度からFAが厚生労働省の有害化学物質取扱い特化則第2類物質の対象となり、作業環境を0.1ppm以下にすることが義務規定化された。



従来技術として、特許文献1~3が挙げられる。
特許文献1には、死亡した患者の病理解剖や、臓器移植のための臓器摘出を行うための解剖台が記載されている。また、天井から送風するとともに、解剖台上の周辺部から排気を行うことが記載されている。しかしながら、ホルムアルデヒドやグルタルアルデヒド等を用いて遺体の灌流固定を行うことは記載も示唆もされていない。また、給気部(給気ダクト)を解剖台本体に固定する点や冷却手段についても記載も示唆もされていない。
特許文献2には、病理、法医解剖等を行う際に、バイオハザードを低減する解剖台が記載されている。また、天井から送風するとともに、解剖台上の周辺部から排気を行うことも記載されている。しかしながら、ホルムアルデヒドやグルタルアルデヒド等を用いて遺体の灌流固定を行うことは記載も示唆もされていない。また、給気部(給気ダクト)を解剖台本体に固定する点や冷却手段についても記載も示唆もされていない。
特許文献3には、ホルムアルデヒド等を含む汚染空気を縁枠に設けた吸気口から吸気する解剖台が記載されている。しかしながら、被剖検体を解剖台上で灌流固定することは記載も示唆もされていない。また、給気部(給気ダクト)を解剖台本体に固定する点や冷却手段についても記載も示唆もされていない。

【特許文献1】特開平10-272138号公報

【特許文献2】特開2001-61909号公報

【特許文献3】特開2007-244762号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ホルムアルデヒドやグルタルアルデヒド等の灌流固定液を用いて、生物・医学系の動物実験や遺体の処理のための灌流固定を行うための灌流固定台に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
灌流固定液を用いて、生物を灌流固定処置するための灌流固定台であって、
灌流固定処置する生物を載置する台座本体と、
前記台座本体上面にあり、前記生物を載置するとともに、灌流固定液を下部に排出可能な灌流固定作業部と、
前記灌流固定作業部の下部に設けられ、前記灌流固定液を排出する排液口と、
前記灌流固定作業部の周囲に設けられた排気口と、
前記灌流固定作業部の上方に設けられた給気部と、
前記台座本体に設けられ、前記灌流固定作業部を冷却するため、低温側が前記灌流固定作業部周辺に設けられた熱交換器からなる冷却手段と、
を有し、
前記給気部は、給気ファンと、前記給気ファンからの空気を前記灌流固定作業部周辺に送り込む給気ダクトとを有し、
前記給気ダクトは、機械的特性の異なる2種類以上のフレキシブルダクトの組合せからなり、下部フレキシブルダクトの径は上部フレキシブルダクトの径より小さく、給気方向を可変にできる、
ことを特徴とする、灌流固定台。

【請求項2】
 
前記給気ダクトの空気送出側の内部に、照明装置または撮像装置を設ける、
ことを特徴とする、請求項1記載の灌流固定台。

【請求項3】
 
前記排液口の下部に設けられ、前記排液口から排出された廃液の流出経路を切替える、排液流路切替手段をさらに有する、
ことを特徴とする、請求項1または2記載の灌流固定台。

【請求項4】
 
前記給気部は、支柱を介して前記台座本体に固定されており、
前記給気ファンは、給気部周辺の室内空気を前記給気ダクトに送り込むものである、
ことを特徴とする、請求項1~3いずれか記載の灌流固定台。

【請求項5】
 
前記排気口から排気された空気を排気ファンにより室外に排出するとともに、前記熱交換器の高温側で発生した熱も合わせて室外に排出する、
ことを特徴とする、請求項1~4いずれか記載の灌流固定台。
Industrial division
  • Therapeutic hygiene
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008210544thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close