Top > Search of Japanese Patents > CHEMICAL BIOSENSOR

CHEMICAL BIOSENSOR meetings

Patent code P110002015
File No. S2008-0226-N0
Posted date Mar 24, 2011
Application number P2008-022509
Publication number P2009-180704A
Patent number P5181386
Date of filing Feb 1, 2008
Date of publication of application Aug 13, 2009
Date of registration Jan 25, 2013
Inventor
  • (In Japanese)馬場 暁
  • (In Japanese)萬年 冬竜
  • (In Japanese)石神 良平
  • (In Japanese)大平 泰生
  • (In Japanese)新保 一成
  • (In Japanese)加藤 景三
  • (In Japanese)金子 双男
  • (In Japanese)福田 伸子
  • (In Japanese)牛島 洋史
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 新潟大学
  • (In Japanese)国立研究開発法人産業技術総合研究所
Title CHEMICAL BIOSENSOR meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new chemical biosensor for detecting a catecholamine group in a short time without requiring preprocessing.
SOLUTION: This chemical biosensor includes a conductive polymer layer 1 constituted by probe molecules having a part specifically and chemically bonding to a substance to be detected. Variation of the current value flowing in the conductive polymer layer 1 is detected by a current detector 6, or variation of reflectivity of the light reflected by the conductive polymer layer 1 is detected by a reflected light detector 10, thereby detecting the substance to be detected in a short time without requiring preprocessing.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


カテコールアミンは、分子中にカテコール骨格をもつ生理活性アミンであり、ノルアドレナリン(NAd)(米国ではノルエピネフリン)、アドレナリン(Ad)(同エピネフリン)、ドーパミンなどが知られている。



NAdやAdは、副腎から血中に放出されるホルモンであり、血圧上昇、心拍数上昇に関わっているほか、シナプスにおいては神経伝達物質としても作用している。



一方、ドーパミンは中枢神経において神経伝達物質として作用し、運動調整、意欲、学習に関わっており、ドーパミン不足が統合失調症やパーキンソン病に関係するとされている。



このように、生体内で重要な役割を担っているカテコールアミンの測定は、病気の診断、医薬品の開発、医学、薬学の研究などにおいて不可欠な手段となっているが、現在、液体クロマトグラフを用いた方法が一般的に行われている。液体クロマトグラフ法では、カラムで分離したカテコールアミン類を検出するために、酸化還元電位を測定する方法や、予め蛍光物質を結合させておきその蛍光を検出する方法などがとられているが、前処理が必要であることと時間がかかることが問題となっていた。
【特許文献1】
特開平5-113438号公報
【特許文献2】
特開平5-93690号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、体内で分泌されるカテコールアミン類などのストレス性物質の検出に用いられるケミカルバイオセンサーに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被検出物質と特異的に化学結合する部位を有するプローブ分子からなる導電性高分子層を備え、前記導電性高分子層は、導電性を有する基板上に電気化学的に合成され、前記導電性高分子層に電圧を印加して被検出物質が前記導電性高分子層に化学結合するときの前記導電性高分子層に流れる電流値の変化を検出する電流値検出手段と、前記導電性高分子層により反射される光の反射率の変化を検出する反射率検出手段を備え、前記プローブ分子は、ベンジルアミン誘導体、フェニルグリシノニトリル誘導体、ジフェニルエチレンジアミン誘導体のいずれかであり、前記被検物質は、カテコール類、カテコールアミン類、ヒドロキシインドール類のいずれかであることを特徴とするケミカルバイオセンサー。

【請求項2】
 
前記電流値検出手段と前記反射率検出手段により、前記導電性高分子層に流れる電流値の変化と、前記導電性高分子層により反射される光の反射率の変化とを、同時に検出可能に構成されたことを特徴とする請求項1記載のケミカルバイオセンサー。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008022509thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close