Top > Search of Japanese Patents > VESSEL FOR CULTURING SHELLFISH AND METHOD FOR CULTURING SHELLFISH

VESSEL FOR CULTURING SHELLFISH AND METHOD FOR CULTURING SHELLFISH achieved

Patent code P110002021
Posted date Mar 28, 2011
Application number P2006-201721
Publication number P2008-022813A
Patent number P3985048
Date of filing Jul 25, 2006
Date of publication of application Feb 7, 2008
Date of registration Jul 20, 2007
Inventor
  • (In Japanese)羽田野 袈裟義
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title VESSEL FOR CULTURING SHELLFISH AND METHOD FOR CULTURING SHELLFISH achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a vessel for culturing shellfishes, capable of flowing water in a sand layer in the vessel to promote growth of the shellfishes in the sand layer by set near water surface to utilize ebb and flood, and to provide a method for culturing shellfishes by utilizing the vessel for culturing shellfishes.
SOLUTION: The vessel for culturing shellfishes comprises a vessel 1 having a water-impermeable side wall part 5 and a water-permeable bottom part 4, and a sand layer 2 for culturing the shellfishes which layer is set in the vessel.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


かつて、シジミは河口域等の汽水域、アサリは浅海の砂中に豊富に生息していて、十分な漁獲量を確保できていた。しかしながら、近年、河川、湖沼、浅瀬などの汚染やヘドロの堆積などによって、シジミ・アサリの漁獲量が減少してきている。最近、シジミは肝機能保全に適した健康食品として注目されているが、漁獲量は年々減少しており、多くは外国からの輸入に頼っているのが現状である。シジミやアサリなど、汽水域や浅瀬の砂中に生息する貝類の効果的な養殖方法が望まれている。



特許文献1乃至3には貝類養殖用容器及び貝類養殖方法が記載されている。これらの文献の貝類養殖用容器は海中に配置するものである。特許文献1及び2には、容器内に砂層を設けることが記載されているが、砂層内の海水を流動させるための構成は記載されていない。特許文献3には、容器の外周部に透孔7を設け容器内の海水を流動させることは記載されているが、容器内に砂層を設けることは記載されていない。特許文献3では、容器の底部に砂落孔8を設けており、容器内に砂層を設けることは全く想定していない。
【特許文献1】
特開平7-177833号公報
【特許文献2】
特開平9-266736号公報
【特許文献3】
特開平6-343370号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、シジミやアサリなどの貝類の養殖用容器及び養殖方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
不透水性の側壁部と透水性の底部とを有する容器と、
前記容器の内部に貝類養殖用の砂層とを有する貝類養殖用容器。

【請求項2】
 
前記透水性の底部は、ポーラス体であることを特徴とする請求項1記載の貝類養殖用容器。

【請求項3】
 
前記透水性の底部は、ポーラスコンクリートであることを特徴とする請求項2記載の貝類養殖用容器。

【請求項4】
 
前記容器の上部又は底部から砂層へ、淡水又は海水を導水する導水手段をさらに有することを特徴とする請求項1乃至3いずれか記載の貝類養殖用容器。

【請求項5】
 
請求項1乃至4いずれか記載の貝類養殖用容器を水面域に設置し、潮の干満により前記透水性の底部を通して前記砂層内の水を流動させることを特徴とする貝類養殖方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006201721thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close