Top > Search of Japanese Patents > CANCER TREATMENT APPARATUS PROVIDED WITH HYDROGEN OCCLUSION ALLOY MEMBER

CANCER TREATMENT APPARATUS PROVIDED WITH HYDROGEN OCCLUSION ALLOY MEMBER

Patent code P110002032
File No. S2008-0359-N0
Posted date Mar 28, 2011
Application number P2008-043560
Publication number P2009-196968A
Patent number P5283032
Date of filing Feb 25, 2008
Date of publication of application Sep 3, 2009
Date of registration Jun 7, 2013
Inventor
  • (In Japanese)香川 明男
  • (In Japanese)大貝 猛
  • (In Japanese)水本 将之
  • (In Japanese)田川 泰
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 長崎大学
Title CANCER TREATMENT APPARATUS PROVIDED WITH HYDROGEN OCCLUSION ALLOY MEMBER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cancer treatment apparatus able to suppress cancer cell growth and kill them.
SOLUTION: The cancer treatment apparatus is characterized in that it is provided with a hydrogen occlusion alloy member based on a nickel-containing palladium alloy. The Ni content of the hydrogen occlusion alloy member is 3-15 atom%, desirably 3-12 atom%, more desirably 5-11 atom%.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


活性水素が豊富に存在するとされる電解還元水は、疾病の予防、老化進行の抑制に役立つとされて、利用が期待されている。活性水素は、活性酸素と反応して活性酸素を消去する働きがある。しかし、活性水素自体は非常に不安定な物質であり、単体として活性水素が存在する時間は極めて短い。そのため、電解還元水を例えば疾病の治療に用いた場合、多量の電解還元水を長期間にわたり飲用しなければ効果が得られないと云われている。そこで、電解還元水に活性水素のキャリアとして水素吸蔵金属のコロイドを含有させたコロイド含有電解還元水が提案されている。このコロイド含有電解還元水は、抗酸化作用を長期間安定的に保持するので、例えば癌細胞の増殖を抑制する効果が期待されるとしている(特許文献1,2参照)。



【特許文献1】
特開2004-330146号公報
【特許文献2】
特開2003-301288号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、水素吸蔵合金部材を備えた癌治療装置及び癌治療装置の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水素放出圧力が1気圧近傍となる5原子%~11原子%のニッケルを含むパラジウム合金を主成分とする水素吸蔵合金部材を備え、
前記水素吸蔵合金部材は、癌治療時に、直接癌細胞に接触するように大気圧下にある癌患部に配置され、該水素吸蔵合金部材から放出される活性水素を癌細胞に作用させる
ことを特徴とする癌治療装置。

【請求項2】
 
前記水素吸蔵合金部材は、5原子%のニッケルを含むパラジウム合金を主成分とする水素吸蔵合金で構成された
ことを特徴とする請求項1記載の癌治療装置

【請求項3】
 
前記水素吸蔵合金部材は、針状に成形されている
ことを特徴とする請求項1又は2記載の癌治療装置。

【請求項4】
 
前記水素吸蔵合金部材は、短冊状に成形されている
ことを特徴とする請求項1又は2記載の癌治療装置。

【請求項5】
 
水素放出圧力が1気圧近傍となる5原子%~11原子%のニッケルを含むパラジウム合金を主成分とする合金部材を形成する工程と、
前記合金部材を、直接癌細胞に接触して放出される活性水素を癌細胞に作用させて行う癌治療に適した所要の形態に成形する工程と、
該成形された前記合金部材に所要気圧下で水素を導入して、ニッケルを含むパラジウム合金を主成分とする水素吸蔵合金部材を形成する工程とを有し、
得られた前記水素吸蔵合金部材を備えて癌治療用装置を製造する
ことを特徴とする癌治療装置の製造方法。

【請求項6】
 
前記合金部材は、5原子%のニッケルを含むパラジウム合金を主成分とする合金で形成する
ことを特徴とする請求項5記載の癌治療装置の製造方法

【請求項7】
 
前記合金部材は、針状に成形する
ことを特徴とする請求項5又は6記載の癌治療装置の製造方法

【請求項8】
 
前記合金部材は、短冊状に成形する
ことを特徴とする請求項5又は6記載の癌治療装置の製造方法
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008043560thum.jpg
State of application right Registered
We are looking for any manufacturer or licensee. Please contact us if you are interested in this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close