Top > Search of Japanese Patents > IMPLANTABLE BONE-CONDUCTION HEARING AID

IMPLANTABLE BONE-CONDUCTION HEARING AID foreign

Patent code P110002039
File No. S2008-0795-N0
Posted date Mar 28, 2011
Application number P2008-246342
Publication number P2010-075394A
Patent number P5219037
Date of filing Sep 25, 2008
Date of publication of application Apr 8, 2010
Date of registration Mar 15, 2013
Inventor
  • (In Japanese)小池 卓二
  • (In Japanese)羽藤 直人
  • (In Japanese)山本 顕生
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人電気通信大学
  • (In Japanese)国立大学法人愛媛大学
Title IMPLANTABLE BONE-CONDUCTION HEARING AID foreign
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a high-precision implantable bone-conduction hearing aid.

SOLUTION: An oscillator 34 made of a super magnetostrictive element is disposed in an in-vivo unit 3 implanted in a cranial bone 4, and an audible sound modulation transmission signal S1 amplitude-modulated by a sound collection signal generated in an ex-vivo unit 2 is transmitted to an in-vivo receiving coil 32 disposed in the in-vivo unit 3 from an ex-vivo transmission coil 31 by a transmission magnetic flux 33. The oscillator 34 is telescopically driven with the induction electromotive force of the in-vivo receiving coil 32, so that the audible sound signal can be highly precisely conducted to the bone without disposing a power supply or demodulation circuit in the in-vivo unit 3.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


骨導補聴器は、狭く複雑な形状をした外耳道を通さずに、可聴音振動を頭骨を介して頭骨内の前庭・蝸牛でなる内耳に伝達するものとして、従来特許文献1ないし4に記載のものが提案されている。

【特許文献1】特願平9-261797号公報

【特許文献2】特許第3174324号公報

【特許文献3】特開2004-289219公報

【特許文献4】特開2007-184722公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は埋込み型骨導補聴器に関し、特に可聴音振動を感度良く骨導できるようにしたものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
搬送波信号をマイクロホンから得た集音信号によって振幅変調してなる可聴音変調伝送信号に基づいて体外送信コイルによって伝送磁束を生成する体外ユニットと、
頭皮下の頭骨内に埋め込まれ、上記体外ユニットから到来する上記伝送磁束と差交する体内受信コイルによって誘起起電力を発生し、上記誘起起電力によって超磁歪素子でなる振動子を伸縮駆動することにより、上記頭骨に上記集音信号に対応する振動を上記頭骨に対して骨導振動として付与する体内ユニットとを具え、
上記振動子は、棒状超磁歪素子であって、上記振動子に巻装された振動子駆動コイルに上記体内受信コイルから得られる誘起起電力を与えることにより上記棒状超磁歪素子に対して長手方向に励磁磁界を透過させ、その結果上記長手方向に伸縮動作させ、
上記棒状超磁歪素子に対して、永久磁石からなる動作点設定子により当該棒状超磁歪素子の上記長手方向の励磁磁界にバイアス磁界を付与させ、
上記棒状超磁歪素子による自己復調機能により振幅復調回路を省略した、
ことを特徴とする埋込み型骨導補聴器。
Industrial division
  • Therapeutic hygiene
  • Electric application devices
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008246342thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close