Top > Search of Japanese Patents > RECLAIMED SILK MATERIAL AND METHOD OF PRODUCING THE SAME

RECLAIMED SILK MATERIAL AND METHOD OF PRODUCING THE SAME

Patent code P110002046
File No. S2008-0436-N0
Posted date Mar 29, 2011
Application number P2008-069291
Publication number P2009-221401A
Patent number P5317030
Date of filing Mar 18, 2008
Date of publication of application Oct 1, 2009
Date of registration Jul 19, 2013
Inventor
  • (In Japanese)朝倉 哲郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title RECLAIMED SILK MATERIAL AND METHOD OF PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a silk solution capable of giving a silk fiber having the same grade strength and elongation as those of natural silk fibers and fast in decomposition in living bodies, and to provide a new reclaimed silk production method using the solution.
SOLUTION: The silk solution is provided by dissolving silk fibroin in an aqueous calcium chloride solution, desalting to obtain a silk fibroin-dissolved product, and dissolving the product in an organic solvent together with calcium chloride.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


絹糸は高い生体親和性を有しており、細くて強く適度な弾性と柔軟性を持ち、糸の滑りがよく、結びやすく解けにくい特性を持っていることから、手術用の縫合糸として用いられる天然繊維である。タンパク質である絹は、生体内での分解性は極めて低く、一般には、抜糸を必要とする非吸収性縫合糸とされている。
一方、抜糸が不要な生体内分解吸収性の再生コラーゲンなどの縫合糸は、強度は絹糸の10分の1で、コシがなく結び難い等の問題がある。



近年、絹の高い生体適合性を利用した様々な再生絹材料が開発され、医療、生化学、食品、化粧料など幅広い分野での利用が期待されている。特に、再生医療のための材料として注目されている。
これら再生絹材料の作製において、家蚕絹フィブロインを溶解する際に臭化リチウム等の中性塩や、銅エチレンジアミン等の錯塩水溶液などの溶媒が頻用されている。しかしながら、これらの溶媒中に長時間置くと絹フィブロイン分子鎖が分解し、再生絹糸が得られたとしても力学物性は極めて低いなどの欠点がある。さらに、透析によって、塩を取り除き絹水溶液とした場合は、再生絹糸は得られないか、得られたとしても力学物性は極めて低い。



これに対し、分子量の低下が起こりにくく、優れた力学特性を有する再生絹材料を得るための溶媒としてヘキサフロロイソプロパノール(HFIP)が知られており、天然の家蚕絹繊維を一旦臭化リチウム等の塩水溶液に溶解し、透析によって塩を除去した後、流延乾燥して得られた絹フィブロインフィルムをHFIPに溶解させて絹フィブロイン繊維を製造する方法(特許文献1)が報告されている。また、HFIPでは溶解に長時間を要することから、HFIPの代わりにヘキサフロロアセトン(HFA)を用いる方法が報告されている(特許文献2)。
HFIPやHFAを用いて作製された再生絹材料は、天然の絹との同様の性質、強い強度と伸びを持つ点で有用であるが、生分解性は低い。再生絹材料を医療分野、特に再生医療に利用するには、高い生分解性あるいは生分解性を個別の再生医療材料に応じてコントロールできることが望ましい。



生分解性の絹材料としては、絹フィブロインにセルロースなど特定の物質を複合させた生分解性生体高分子材料が知られている(特許文献3)。
しかしながら、生分解速度及び引っ張り強度が十分とはいえず、天然の絹糸と同等の強度を維持したまま、優れた生分解性能を兼ね備えた絹繊維が強く要望されていた。
【特許文献1】
特表平7-503288号公報
【特許文献2】
特開2004-68161号公報
【特許文献3】
特開2004-18757号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、絹溶解液及びそれを用いた新規な再生絹材料の製造方法に関する。詳しくは、天然絹繊維に近い強度と伸びを持ち、生体内での分解が早い絹繊維を得ることができる絹溶解液及びそれを用いた再生絹繊維の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
絹フィブロインを塩化カルシウム水溶液に溶解し、次いで脱塩して得られる絹フィブロイン溶解物を、絹溶解液中の塩化カルシウムの濃度が1~11w/v%となるように塩化カルシウムと共にヘキサフロロイソプロパノール(HFIP)及び/又はヘキサフロロアセトン(HFA)に溶解してなる絹溶解液。

【請求項2】
 
請求項1記載の絹溶解液から紡糸し、必要に応じて延伸することを特徴とする再生絹繊維の製造方法。

【請求項3】
 
前記紡糸の方法が、絹溶解液を凝固浴中に紡出する湿式紡糸法である請求項2記載の製造方法。

【請求項4】
 
前記凝固浴が、メタノール又はエタノールである請求項3記載の製造方法。

【請求項5】
 
請求項2~4のいずれか1項記載の方法により製造された再生絹繊維。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close