Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS AND SYSTEM FOR GENERATING HIGH-CONCENTRATION DISSOLVED WATER

APPARATUS AND SYSTEM FOR GENERATING HIGH-CONCENTRATION DISSOLVED WATER meetings achieved

Patent code P110002075
File No. 10041
Posted date Mar 31, 2011
Application number P2010-171016
Publication number P2011-056498A
Patent number P5682904
Date of filing Jul 29, 2010
Date of publication of application Mar 24, 2011
Date of registration Jan 23, 2015
Priority data
  • P2009-187468 (Aug 12, 2009) JP
Inventor
  • (In Japanese)鹿毛 浩之
  • (In Japanese)馬渡 佳秀
  • (In Japanese)山本 晶生
  • (In Japanese)伊田 能久
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
  • (In Japanese)有限会社イタケン
Title APPARATUS AND SYSTEM FOR GENERATING HIGH-CONCENTRATION DISSOLVED WATER meetings achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an apparatus for generating high-concentration dissolved water capable of obtaining the high-concentration dissolved water by securing sufficient contact for dissolving gas in raw water and also suppressing enlargement of the apparatus, and a system for generating the high-concentration dissolved water.
SOLUTION: The apparatus for generating the high-concentration dissolved water 60 includes: a cylindrical gas-liquid contact tank 63 from which dissolved water generated by bringing fine air bubbles into contact with the raw water introduced from an inlet 631a is removed from an outlet 634a; an air bubble generator 64 for generating the fine air bubbles into the gas-liquid contact tank 63; a dissolved water pipe 651 to be a circulation passage one end of which is connected to the top of the gas-liquid contact tank 63, another end of which is connected to the bottom and to which the dissolved water in the gas-liquid contact tank 63 flows; and a circulating pump 652 provided on the dissolved water pipe 651 and circulating the dissolved water in the gas-liquid contact tank. The raw water brought into contact with the fine air bubbles from the air bubble generator 64 in the gas-liquid contact tank 63 is made into the high-concentration dissolved water by orbiting around the dissolved water pipe 651 with the circulating pump 652 to repeat circulation.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


液体に気体を溶解させる装置では、効率よく溶解させることが要求される。特に、上水の浄化や下水の浄化を目的とした浄水処理システムでは、原水に気体としてオゾンガスを接触させて溶解させ、殺菌、脱色、脱臭を実現している。このような浄水処理システムとして、例えば特許文献1,2に記載されたものが知られている。



特許文献1の浄化供給方法と浄化供給システムには、溶解タンクの天井付近に水面に対して直角方向に設けられたノズルから、オゾンガスを混合させた原水を、ノズルの真下に略水平に設けた邪魔板に噴射して叩き付けることで、飛沫を多く発生させてオゾンガスを原水に溶解させるオゾン処理装置が記載されている。



また、特許文献2の分離注入式オゾン接触方法には、反応槽上部の導入口から、送水ポンプにより原水を導入し、同時にオゾン発生装置で発生させたオゾンガスを、散気装置を通し微細な気泡として反応槽内に注入することで原水に気泡(オゾンガス)を混合させて混合水とし、混合水が反応槽の下降溶解部を流下し、反応槽の底部を通り、上昇部を経て、排出口から浄化するための処理水として配水される下降溶解型オゾン処理装置が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、原水に気体を効率よく溶解させて高濃度の溶解水を生成することができる高濃度溶解水生成装置および高濃度溶解水生成システムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
導入口から取り入れられた原水に微細気泡を接触させることで生成された溶解水が、排出口から取り出される筒状の気液接触槽と、
前記気液接触槽への微細気泡を発生する気泡発生装置と、
前記気液接触槽の上部に一端が接続され、下部に他端が接続され、前記気液接触槽の溶解水が通水する循環路と、
前記循環路に設けられ、前記気液接触槽の溶解水を、前記気液接触槽の下部から上部へ向かって循環させる循環ポンプとを備え
前記循環路の他端が接続された溶解水流入口と前記導入口とは、前記気液接触槽の内周面の円周方向に沿って水流が同方向に流れるように配置され、
前記気泡発生装置からの微細気泡を導入する吐出口が前記気液接触槽の下部の軸心位置に配置されていることを特徴とする高濃度溶解水生成装置。

【請求項2】
 
前記吐出口は、微細気泡を放出する位置が、前記導入口および溶解水流入口より高い位置に配置されている請求項1記載の高濃度溶解水生成装置。

【請求項3】
 
前記気液接触槽が、導入側と排出側との間で並列に複数設けられ、
前記複数の気液接触槽の溶解水の通水量を制御する制御装置を備えた請求項1または2記載の高濃度溶解水生成装置。

【請求項4】
 
前記制御装置は、前記並列に設けられた気液接触槽内の溶解水を同時排出する請求項3記載の高濃度溶解水生成装置。

【請求項5】
 
前記制御装置は、前記並列に設けられた気液接触槽内の溶解水を切り替えながら排出する請求項4記載の高濃度溶解水生成装置。

【請求項6】
 
前記気液接触槽が、導入側と排出側との間で直列に複数設けられている請求項1または2記載の高濃度溶解水生成装置。

【請求項7】
 
前記気液接触槽には、排出される溶解水を貯留する貯留部が設けられている請求項1から6のいずれかの項に記載の高濃度溶解水生成装置。

【請求項8】
 
前記請求項1から7のいずれかの項に記載の高濃度溶解水生成装置と、
前記高濃度溶解水生成装置からの溶解水と前記高濃度溶解水生成装置を迂回させた原水とを混合する混合槽とを備えたことを特徴とする高濃度溶解水生成システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010171016thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close