Top > Search of Japanese Patents > ORGANIC PHOTOELECTRIC CONVERSION DEVICE, AND ORGANIC PHOTOELECTRIC CONVERSION METHOD USING SAME

ORGANIC PHOTOELECTRIC CONVERSION DEVICE, AND ORGANIC PHOTOELECTRIC CONVERSION METHOD USING SAME meetings foreign

Patent code P110002092
File No. NI0900032
Posted date Apr 1, 2011
Application number P2009-257554
Publication number P2011-103218A
Patent number P5300695
Date of filing Nov 10, 2009
Date of publication of application May 26, 2011
Date of registration Jun 28, 2013
Inventor
  • (In Japanese)樋上 照男
  • (In Japanese)古橋 祥子
  • (In Japanese)紀本 岳志
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
  • (In Japanese)紀本電子工業株式会社
Title ORGANIC PHOTOELECTRIC CONVERSION DEVICE, AND ORGANIC PHOTOELECTRIC CONVERSION METHOD USING SAME meetings foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an organic photoelectric conversion device capable of converting light energy into an energy form that can be extracted as electrical energy, and accumulating it as electrical energy that is extractable, and to provide an organic photoelectric conversion method which uses the device.
SOLUTION: In the organic photoelectric conversion device 10, a solution 11 contains fullerene analogs 17 and electron donors 18 as solutes. A case 13 can selectively switch between prevention and permission of dissolution of oxygen into the solution 11. The case also permits irradiation of the solution 11 with a light, in a state where dissolution of oxygen into the solution 11 is prevented. An anode electrode 14 is an electrode to extract electrons from anions of the fullerene analogs 17 and a cathode electrode 16 is an electrode for supplying electrons to the solution 11.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来技術にかかる有機光電変換装置として、酸化亜鉛薄膜から成る透明電極と、フラーレンを含む複数種類の物質から選ばれる有機光伝導性媒質とを積層して形成される有機太陽電池が知られる(たとえば特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、有機分子を用い、照射される光のエネルギを電気エネルギに変換する有機光電変換装置およびこれを用いる有機光電変換方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
フラーレン類縁体と、励起状態のフラーレン類縁体に対して電子を供与する、テトラフェニルボレートアニオン、トリフェニルブチルボレートアニオン、およびテトラジアミンエチレンのうちから選ばれる少なくとも1種の物質であるエレクトロンドナーとを溶質として含有する溶液と、
前記溶液を保持するセルと、
前記セルを収容する筺体であって、前記フラーレン類縁体を励起可能な光の前記溶液に対する照射を許容する筺体と、
前記フラーレン類縁体のアニオンからの電子を取出すためのアノード電極と、
前記溶液に電子を供給するためのカソード電極とを含み、
前記セルには、前記溶液からなる油相と、水相とが、油相と水相との界面を介した接触の阻止および許容を選択的に切換可能な状態で形成され、
前記カソード電極は、その一部が前記油相に浸漬され、
前記アノード電極は、その一部が前記水相に浸漬され、
前記筐体は、前記溶液に対する酸素の溶解の阻止および許容を選択的に切換可能であり、かつ、前記油相と前記水相との界面を介した接触が阻止された状態で、前記溶液に対する光の照射を、溶液に対する酸素の溶解が阻止された状態において許容し、
前記アノード電極には、前記油相と前記水相との界面を介した接触が許容された状態において、分子状酸素を介して電子が供与される、ことを特徴とする有機光電変換装置。

【請求項2】
 
前記エレクトロンドナーは、励起状態の前記フラーレン類縁体に対して不可逆反応によって電子を供与することを特徴とする請求項1に記載の有機光電変換装置。

【請求項3】
 
前記エレクトロンドナーは、フラーレン類縁体のLUMOに1電子遷移した励起状態のフラーレン類縁体に対して電子を供与可能な物質であることを特徴とする請求項1または2に記載の有機光電変換装置。

【請求項4】
 
請求項13のいずれか1つに記載の有機光電変換装置を用い、
前記溶液の溶存酸素を脱気する脱気工程と、
前記セルにおける前記油相と前記水相との界面を介した接触が阻止された状態において、前記筐体によって、前記溶液に対する酸素の溶解が阻止された状態で、前記溶液に、前記フラーレン類縁体を励起可能な光を照射する光照射工程と、
前記セルにおける前記油相と前記水相との界面を介した接触が許容された状態において、前記溶液に、分子状酸素を供給する酸素供給工程とを含むことを特徴とする有機光電変換方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009257554thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close