Top > Search of Japanese Patents > COMPOSITE METAL MATERIAL AND METHOD FOR PRODUCTION THEREOF

COMPOSITE METAL MATERIAL AND METHOD FOR PRODUCTION THEREOF commons meetings

Patent code P110002093
File No. H10046
Posted date Apr 1, 2011
Application number P2010-227078
Publication number P2012-082446A
Patent number P5448095
Date of filing Oct 7, 2010
Date of publication of application Apr 26, 2012
Date of registration Jan 10, 2014
Inventor
  • (In Japanese)中山 昇
  • (In Japanese)中沢 将彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title COMPOSITE METAL MATERIAL AND METHOD FOR PRODUCTION THEREOF commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a composite metal material including titanium as a base material, excellent in electrical conductivity and usable for the separator for fuel cell or the like, and to provide a method for production thereof.
SOLUTION: The composite metal material excellent in electrical conductivity, including titanium as a base material, is produced by steps of: preparing a mixed powder 10 by pulverizing and mixing the titanium powder with added carbon fiber; and applying a process by the compression shearing method comprising solidifying the mixed powder 10 and forming a compact, by loading a shearing load to the mixed powder 10 while applying a compression load.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



チタン(Ti)は、優れた強度及び耐食性を備えることから、自動車産業、航空宇宙産業、医療産業等において注目されている。このチタンの用途として燃料電池のセパレータに利用する例がある。燃料電池のセパレータには、導電性、ガス遮断性、化学的安定性(耐食性)、ガス流路を形成するための成形性が求められ、従来、カーボン系、ステンレス系、チタン系の材料が使用されている。





これらのセパレータを構成する材料のうち、カーボン系の材料は導電性に優れるものの、ガス遮断性、耐食性、加工性の点で劣るという問題があり、ステンレス系の材料は、ガス遮断性、耐食性、加工性については良好である一方、導電性が不十分であること、重いという問題があった。これに対して、チタン系の材料は、ガス遮断性、耐食性、加工性、省スペース(薄肉化可能)、軽量である点で優れ、難点として導電性が不十分であるという問題があった。

Field of industrial application (In Japanese)



本出願は複合金属材料の製造方法に関し、より詳細には基材にチタンを使用した複合金属材料の製造委方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
チタン粉末にカーボン繊維を加えた粉末を粉砕混合して混合粉末を調製する工程と、
前記混合粉末に圧縮荷重を加えながら剪断荷重を負荷することにより、前記混合粉末を固化して成形体とする圧縮剪断法による加工を施す工程と、を備え
前記混合粉末を調製する工程において、前記チタン粉末として、水素化脱水素法によって作製したチタン粉末を使用することを特徴とする複合金属材料の製造方法。

【請求項2】
 
前記混合粉末を調製する工程において、
前記カーボン繊維として、カーボンナノファイバーを使用することを特徴とする請求項1記載の複合金属材料の製造方法。

【請求項3】
 
前記混合粉末を調製する工程において、
前記チタン粉末に対し、前記カーボン繊維を1vol.%~5vol.%添加して混合粉末とすることを特徴とする請求項1または2記載の複合金属材料の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010227078thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close