Top > Search of Japanese Patents > FATIGUE TESTER

FATIGUE TESTER

Patent code P110002164
File No. S2009-1119-N0
Posted date Apr 6, 2011
Application number P2009-213639
Publication number P2011-064508A
Patent number P5334056
Date of filing Sep 15, 2009
Date of publication of application Mar 31, 2011
Date of registration Aug 9, 2013
Inventor
  • (In Japanese)遠藤 正浩
  • (In Japanese)松永 久生
  • (In Japanese)森山 茂章
Applicant
  • (In Japanese)学校法人福岡大学
Title FATIGUE TESTER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fatigue tester having a simple structure, easy to set a test piece and capable of performing a high-speed and high-precision fatigue test.
SOLUTION: In the fatigue tester 30, a first holding member 31 and a second holding member 32 for holding the test piece 1 to a constant posture, a compression means 33 for applying compression load to the test piece 1 in the direction of the axial center Z of the test piece 1 and a twist means 34 for repeatedly applying the twist load around the axial center Z to the test piece 1 held to a state that compression load is applied by the compression means 33 are arranged on the same axis as the axial center Z. The first holding member 31 has first elastic holding plates 31a and 31b for holding the test piece 1 so as to move the same only in the X-direction crossing the axial center Z at a right angle and a second holding member has second elastic holding plates 32a and 32b for holding the test piece 1 so as to move the same only in the Y-direction crossing the axial center Z and the X-direction at a right angle. As the compression means 33, the compression load rod 5 threaded with the female thread hole 19 of a compression support plate 4b through a male thread part 5a is provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


静的圧縮荷重を負荷した供試体に繰返し捻り荷重を負荷して疲労亀裂の進展状況を試験する装置として、従来、油圧制御式の組み合わせ軸捻り疲労試験機が知られている。この装置においては、複数の油圧アクチュエータを用いて供試体に圧縮荷重及び繰り返し捻り荷重を負荷することによって疲労試験を行う。



一方、本発明に関連する疲労試験機として、例えば、特許文献1記載の「引張り捻り複合試験機」、特許文献2記載の「圧縮捻り複合試験機」及び特許文献3記載の「多軸負荷試験機」などがある。特許文献1記載の「引張り捻り複合試験機」は、試験片に対して静的な引張り力及び捻り力を加えた状態で引張り荷重及び捻り荷重を検出する装置である。特許文献2記載の「圧縮捻り複合試験機」は、試験片に対して静的な圧縮力及び捻り力を加えた状態で圧縮荷重及び捻り荷重を検出する装置である。特許文献3記載の「多軸負荷試験機」は、引張/圧縮及び捻りの両負荷軸の軸方向の変位と回転変位が互いに干渉し合うことなく、且つバックラッシュなく負荷を伝達できる機構を設けた試験機である。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、静的圧縮荷重を負荷した供試体に繰返し捻り荷重を負荷して疲労亀裂の進展状況を観察し、且つ材料の疲労強度特性を試験する疲労試験機に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
供試体を一定姿勢に保持する少なくとも二つの保持手段と、前記供試体に当該供試体の軸心方向の圧縮荷重を負荷する圧縮手段と、前記圧縮手段で圧縮荷重が負荷された状態にある前記供試体に当該供試体の軸心周りの捻り荷重を繰り返し負荷する捻り手段と、が前記供試体の軸心と同軸上に配置され、前記保持手段として、前記供試体を当該供試体の軸心と直交するX方向のみに移動可能に保持する第一保持部材と、前記軸心及び前記X方向と直交するY方向のみに移動可能に保持する第二保持部材と、を設け
前記供試体をセッティングするとき、前記供試体の両端部をそれぞれ固定する供試体固定台を備え、
一方の前記供試体固定台は、ベース材上に立設された支柱によって保持された前記第一保持部材に回転自在に軸支された水平支軸の先端部に取り付けられ、
前記第一保持部材と前記ベース材との間には、制振ダンパと、前記第一保持部材の自重を支えるためのバネと、が設けられ、
他方の前記供試体固定台は、前記ベース材上に設置された前記第二保持部材に取り付けられたことを特徴とする疲労試験機。

【請求項2】
 
前記第一保持部材及び前記第二保持部材として、それぞれ前記供試体の軸心を挟んで互いに平行をなす一対の仮想平面の一部を形成するように配置された少なくとも2枚の弾性保持板を設けたことを特徴とする請求項1記載の疲労試験機。

【請求項3】
 
前記第一保持部材若しくは前記第二保持部材の少なくとも一方に、前記第一保持部材若しくは前記第二保持部材の振動を減衰させる制振ダンパを設けたことを特徴とする請求項1または2記載の疲労試験機。

【請求項4】
 
前記圧縮手段として、前記供試体に軸心方向の圧縮力を負荷可能なネジ機構を設けた請求項1~3のいずれかに記載の疲労試験機。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009213639thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、「問合せ先」まで直接お問合せ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close