Top > Search of Japanese Patents > BEARING FOR HIGH TEMPERATURE FORMED FROM NI-BASE DOUBLE DIPLOPHASE INTERMETALLIC COMPOUND ALLOY, AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR

BEARING FOR HIGH TEMPERATURE FORMED FROM NI-BASE DOUBLE DIPLOPHASE INTERMETALLIC COMPOUND ALLOY, AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR meetings

Patent code P110002174
File No. S2009-0975-N0
Posted date Apr 6, 2011
Application number P2009-175439
Publication number P2011-026678A
Patent number P5424315
Date of filing Jul 28, 2009
Date of publication of application Feb 10, 2011
Date of registration Dec 6, 2013
Inventor
  • (In Japanese)高杉 隆幸
  • (In Japanese)金野 泰幸
  • (In Japanese)藤井 秀和
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人大阪府立大学
Title BEARING FOR HIGH TEMPERATURE FORMED FROM NI-BASE DOUBLE DIPLOPHASE INTERMETALLIC COMPOUND ALLOY, AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a bearing which is formed from Ni-base intermetallic compound alloy improved in hardness and has excellent service life even at high temperature.
SOLUTION: Provided is the bearing which is formed from the Ni-base intermetallic compound alloy containing B of 10-1,000 wt.ppm based on the total weight of the total 100 atomic% the composition containing Ni as the main component and Al: 2-9 atomic%, V: 10-17 atomic%, (Ta and/or W): 0.5-8 atomic%, Nb: 0-6 atomic%, Co: 0-6 atomic% and Cr: 0-6 atomic%.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、構造材料として、Ni3Al-Ni3Nb-Ni3V系金属間化合物合金が知られている(例えば、特許文献1を参照)。
この金属間化合物合金は、高温での機械的特性が極めて優れているので、軸受といった高温構造材料としての応用が期待されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、Ni基2重複相金属間化合物合金で形成された軸受及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Al:2~9原子%,V:10~17原子%,(Ta及び/又はW):0.5~8原子%,Nb:0~6原子%,Co:0~6原子%,Cr:0~6原子%,残部Niよりなる合計100原子%の組成の合計重量に対してB:10~1000重量ppmを添加したNi基金属間化合物合金で形成されたことを特徴とする軸受。

【請求項2】
 
前記Ni基金属間化合物合金において
Al:2.5~8原子%,V:10~14.5原子%,(Ta及び/又はW):1~5原子%,Nb:0~4原子%である請求項1に記載の軸受。

【請求項3】
 
前記Ni基金属間化合物合金において
Ta:0.5原子%以上である請求項1又は2に記載の軸受。

【請求項4】
 
前記Ni基金属間化合物合金において
W:0.5原子%以上である請求項1又は2に記載の軸受。

【請求項5】
 
前記Ni基金属間化合物合金が、
初析L12相と(L12+D022)共析組織とからなる2重複相組織を有する請求項1~4の何れか1つに記載の軸受。

【請求項6】
 
前記Ni基金属間化合物合金は、
室温でのビッカース硬さが550~1000である請求項1~5の何れか1つに記載の軸受。

【請求項7】
 
前記Ni基金属間化合物合金は、
室温と900℃のビッカース硬さの差が10~300であるNi基金属間化合物合金で形成された請求項6に記載の軸受。

【請求項8】
 
内輪と、外輪と、内輪と外輪の間で転動する転動体とから構成され、
前記転動体がセラミック材料で形成され、
前記内輪及び前記外輪の少なくとも一方が、前記Ni基金属間化合物合金で形成された請求項1~7の何れか1つに記載の軸受。

【請求項9】
 
前記転動体が窒化ケイ素で形成された請求項8に記載の軸受。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009175439thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close