Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DETECTING UROTHELIAL CARCINOMA BASED ON miRNA EXPRESSION PROFILING

METHOD FOR DETECTING UROTHELIAL CARCINOMA BASED ON miRNA EXPRESSION PROFILING commons achieved

Patent code P110002328
File No. P10-049
Posted date Apr 12, 2011
Application number P2010-159384
Publication number P2011-036242A
Patent number P5884219
Date of filing Jul 14, 2010
Date of publication of application Feb 24, 2011
Date of registration Feb 19, 2016
Priority data
  • P2009-167955 (Jul 16, 2009) JP
Inventor
  • (In Japanese)関 直彦
  • (In Japanese)榎田 英樹
  • (In Japanese)中川 昌之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
  • (In Japanese)国立大学法人 鹿児島大学
Title METHOD FOR DETECTING UROTHELIAL CARCINOMA BASED ON miRNA EXPRESSION PROFILING commons achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a non-invasive method, etc., excellent in specificity and sensitivity for detecting urothelial carcinoma.
SOLUTION: There are provided a method for detecting urothelial carcinoma comprising measuring fluctuation of the amount of expressions of at least one miRNA selected from a group comprising miR-96 and miR-183 in cells in urine specimen, a method for detecting urothelial carcinoma comprising combination of the method with cytodiagnosis of urine, a method for screening substance effective for treatment or prevention of the urothelial carcinoma based on the fluctuation of the amount of the expressions of at least one miRNA selected from a group comprising miR-96 and miR-183 in cells in urine, and a kit used in these methods.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


成熟型マイクロRNA(miRNA)とは19~21塩基のnon-coding RNA分子であり、70~100塩基ほどのヘアピン構造をとる前駆体マイクロRNA(pre-miRNA)から成る。2007年3月時点で、500種類のヒトmiRNAがゲノム中に存在することが報告されている(miRBase::Sequences, Sanger Institute)。



miRNAの機能は、遺伝子の非翻訳領域の配列依存的に作用し、遺伝子発現を翻訳後あるいは転写レベルで制御していることから、発生、分化およびアポトーシスに関与していることが示唆されるが、その機能は依然不明である。近年、miRNAの間違った遺伝子制御機構がヒト疾患に関与していることが報告されている。特に最近、ヒト癌細胞において発現が変動しているmiRNAの報告が相次いでなされている (非特許分献1)。



本発明者は、既にこのようなmiRNAの発現量の変動を測定することから成る膀胱癌の検出方法等を確立した(特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、尿検体中のmiRNAの発現量の変動を測定することから成る、尿路上皮癌の検出方法等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
尿検体中のmiR-96及び miR-183から成る群より選択された少なくとも一つのmiRNAの発現量の変動を測定し、該発現量が健常人由来の尿検体中の前記miRNAの発現量に比べて10倍以上亢進していることを尿路上皮癌細胞の判定基準とすることによる、尿路上皮癌細胞の検出方法。

【請求項2】
 
miR-96及び miR-183から成る群より選択された少なくとも一つのmiRNAに特異的にハイブリダイズするプライマーを用いてmiRNAの発現量を測定する、請求項1に記載の検出方法。

【請求項3】
 
リアルタイムPCRによりmiRNAの発現量を測定する、請求項2記載の検出方法。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか一項に記載された、尿検体中のmiR-96の発現量の変動を測定し、該発現量が健常人由来の尿検体中の前記miRNAの発現量に比べて10倍以上亢進していることを尿路上皮癌細胞の判定基準とすることによる、尿路上皮癌細胞の検出方法であって、尿細胞検査と組み合わせて尿路上皮癌細胞を検出するための方法

【請求項5】
 
尿検体中のmiR-96の発現量が健常人由来の尿検体中の前記miRNAの発現量に比べて20倍以上亢進していることを尿路上皮癌細胞の判定基準とすることによる、請求項4記載の検出方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010159384thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close