Top > Search of Japanese Patents > PHOTOFUNCTIONAL COMPOSITE MATERIAL, PHOTOELECTRIC CELL, AND METHOD FOR MANUFACTURING PHOTOFUNCTIONAL COMPOSITE MATERIAL

PHOTOFUNCTIONAL COMPOSITE MATERIAL, PHOTOELECTRIC CELL, AND METHOD FOR MANUFACTURING PHOTOFUNCTIONAL COMPOSITE MATERIAL meetings

Patent code P110002388
File No. 07-283
Posted date Apr 15, 2011
Application number P2008-025673
Publication number P2009-187760A
Patent number P5207235
Date of filing Feb 5, 2008
Date of publication of application Aug 20, 2009
Date of registration Mar 1, 2013
Inventor
  • (In Japanese)野見山 輝明
  • (In Japanese)網中 浩太
  • (In Japanese)堀江 雄二
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 鹿児島大学
Title PHOTOFUNCTIONAL COMPOSITE MATERIAL, PHOTOELECTRIC CELL, AND METHOD FOR MANUFACTURING PHOTOFUNCTIONAL COMPOSITE MATERIAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a photofunctional composite material for achieving both expansion of the photo-absorption area of a photocatalyst and expansion of a contact area of the photocatalyst and the functional material, a photoelectric cell, and a method for manufacturing the photofunctional composite material.
SOLUTION: Photocatalyst particles 12 dispersed in polymers 13 are coated on the surface of a transparent substrate 11. Then, ultraviolet light is irradiated on the photocatalyst particles 12 and the polymers 13 through the transparent substrate 11. As a result, photocatalyst function of the photocatalyst particles 12 is demonstrated and the polymers 13 are decomposed corresponding to its intensity by aging of the ultraviolet light in the range of the depth to which the ultraviolet light reaches. When the polymers 13 are decomposed like this, the polymers 13 are almost lost from the portion in contact with the transparent substrate 11, and the further they are separated from the surface of the transparent substrate 11, the more polymers 13 remain without being decomposed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、酸化チタン及び酸化亜鉛等の光触媒の光触媒機能を利用した光機能性デバイスについて多数の提案がされている。このような光機能性デバイスとしては、光蓄電池、光キャパシタ、光2次電池、色素増感太陽電池、光センサ等が挙げられる。光触媒を光機能性デバイスに用いる場合には、光触媒機能を維持したまま、光機能性デバイスの主たる機能を発揮する機能性材料に光触媒を固定することが好ましい。また、光機能性デバイスの高性能化のためには、光触媒の光活性による生成物(光励起電子・正孔及び活性イオン等)を高い効率で機能性材料に伝達することが好ましい。これらの事項から、「光触媒の光吸収面積」及び「光触媒と機能性材料との接触面積」の両方を大きくすることが好ましいといえる。「光触媒と機能性材料との接触面積」を大きくするためには、ナノレベルで光触媒と機能性材料とを複合化することが考えられる。



しかしながら、多くの機能性材料は光学的に不透明であるため、単に複合化しただけでは、「光触媒の光吸収面積」が低下してしまい、十分な特性を得ることができない。



【特許文献1】
特開2000-336281号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、光エネルギの有効利用に好適な光機能性複合材、光蓄電池及び光機能性複合材の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
光触媒材と、
前記光触媒材の間隙に重合された導電性高分子と、
を有し、
前記光触媒材の一面から所定の深さ範囲内において、前記導電性高分子の体積密度が前記一面から離間するほど高くなっていることを特徴とする光機能性複合材。

【請求項2】
 
光蓄電電極と、
対極と、
前記光蓄電電極と前記対極との間に設けられた電解質と、
を有し、
前記光蓄電電極は、
光触媒材と、
前記光触媒材の間隙に重合された導電性高分子と、
を有し、
前記光触媒材の一面から所定の深さ範囲内において、前記導電性高分子の体積密度が前記一面から離間するほど高くなっていることを特徴とする光蓄電池。

【請求項3】
 
光触媒材と導電性高分子とを混合して前記光触媒材の間隙に前記導電性高分子を重合させる工程と、
前記光触媒材の一面に紫外光を照射することにより、前記導電性高分子の一部を分解して前記光触媒材の一面から所定の深さ範囲内において、前記導電性高分子の体積密度が前記一面から離間するほど高くなるようにする工程と、
を有することを特徴とする光機能性複合材の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008025673thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)公開特許は弊社ホームページ内で開示資料とともに、特許公報も掲載しております。
アドレスは http://www.ktlo.co.jp/002_seeds_.html


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close