Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR SOFTENING SHRIMP SHELL

METHOD FOR SOFTENING SHRIMP SHELL meetings

Patent code P110002392
File No. 05-169
Posted date Apr 15, 2011
Application number P2007-094606
Publication number P2008-245624A
Patent number P4734576
Date of filing Mar 30, 2007
Date of publication of application Oct 16, 2008
Date of registration May 13, 2011
Inventor
  • (In Japanese)進藤 穣
  • (In Japanese)大富 潤
  • (In Japanese)佐久間 美明
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 鹿児島大学
Title METHOD FOR SOFTENING SHRIMP SHELL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for softening shrimp shells by which shrimp shells are efficiently softened without having bad effects on taste and freshness of "flesh" of the shrimps for the purpose of effective utilization of small shrimps such as Plesionika semilaevis wasted because of requiring labor and time for eliminating the heads and the shells from the shrimps.
SOLUTION: The method for softening shrimp shells includes subjecting the shrimp shells to both of organic acid treatment and chitinolytic enzyme treatment fresh as they are or boiled. The organic acid treatment comprises acetic treatment or treatment with an acetic acid-sodium acetate buffer solution, and the chitinolytic enzyme treatment comprises treatment with chitinase.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


鹿児島湾において、ナミクダヒゲエビが小型底曳網漁により漁獲されているが、ジンケンエビ(Plesionika semilaevis)も多量に混獲されている。しかしながら、このジンケンエビのサイズは小型(体長約75mm)である為、頭と殻の除去に手間が掛かり、その上、安価であるという理由から、漁獲されたジンケンエビの大部分は利用されずに廃棄されているのが現状である。通常、冷凍ムキエビの殻むきは、人件費の安い東南アジア諸国で行われているが、ジンケンエビにおいても同様の手法を取り入れると、特産品としての価値が失われる。また、富山県のシラエビのように殻むき機械の導入も考えられるが、既存の機械をそのまま利用することが不可能で、改良のためのコストが莫大に掛かってしまうことで、採算性に疑問が生じる。そこで、殻の軟化に着目し、殻むき作業の省略化を図る事で、ジンケンエビを加工食品の原料として有効に利用することを検討した。



本発明者は、植物が、生体防御のメカニズムとして、キチン質を分解する酵素キチナーゼを分泌する事に着目し、このキチナーゼ活性をジンケンエビの殻の軟化に利用することを検討した結果、野菜の葉にはキチンを分解する酵素があると認められるものの、殻の軟化には効果が低く、他の処理法を併用することが望まれた。



次いで本発明者は、甲殻類の殻は、キチン、カルシウム、タンパク質を成分として複雑にからみ合い硬い殻を形成しており、その中のカルシウム分解に着目し、ジンケンエビの殻に対して、酸によるカルシウムを分解と、キチナーゼ処理を併用することで、ジンケンエビの殻の軟化を試みた。その結果、酢酸処理およびキチナーゼ処理は、殻の軟化に有効である事が認められた。しかしながら、これらの処理が“身”の品質に与える影響は不明である。



従来技術として、過去の特許文献を検索してみると、シラエビの殻を軟化させる方法として、一旦冷凍し酸に浸漬後アルコール液に浸して脱酸処理する方法がある(特許文献1)。



また、酵素アクチナーゼをエビ、カニ等の甲殻類の甲殻に作用させる方法も開示されている(特許文献2)。



しかしながら、エビの殻をエビの味等に影響を与えずに軟化させる手法としては、いずれも十分なものではない。



【特許文献1】
特開平08-360007号公報
【特許文献2】
特開平3-139291号公報

Field of industrial application (In Japanese)


エビ、特に小型のエビの殻を軟化する方法の開発に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
エビの殻を有機酸及びキチン分解酵素により処理することを特徴とするエビの殻の軟化方法。

【請求項2】
 
エビの殻をボイル処理後、有機酸処理し、さらにキチン分解酵素処理を行うことを特徴とするエビの殻の軟化方法。

【請求項3】
 
キチン分解酵素がキチナーゼであることを特徴とする請求項1又は2記載のエビの殻の軟化方法。

【請求項4】
 
有機酸処理を5℃以下で行うことを特徴とする請求項1、2又は3記載のエビの殻の軟化方法。

【請求項5】
 
有機酸処理が、有機酸緩衝液による処理であることを特徴とする請求項1、2、3又は4記載のエビの殻の軟化方法。

【請求項6】
 
有機酸が、酢酸であることを特徴とする請求項1、2、3、4又は5記載のエビの殻の軟化方法。

【請求項7】
 
エビがジンケンエビであることを特徴とする請求項1、2、3、4、5又は6記載のエビの殻の軟化方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)公開特許は弊社ホームページ内で開示資料とともに、特許公報も掲載しております。
アドレスは http://www.ktlo.co.jp/002_seeds_.html


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close