Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND APPARATUS FOR RECOVERING METAL

METHOD AND APPARATUS FOR RECOVERING METAL

Patent code P110002403
File No. S2009-0770-N0
Posted date Apr 15, 2011
Application number P2009-145361
Publication number P2011-001596A
Patent number P4695206
Date of filing Jun 18, 2009
Date of publication of application Jan 6, 2011
Date of registration Mar 4, 2011
Inventor
  • (In Japanese)金子 達雄
  • (In Japanese)金子 麻衣子
  • (In Japanese)河添 宏
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学
  • (In Japanese)日立化成株式会社
Title METHOD AND APPARATUS FOR RECOVERING METAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new method and apparatus for recovering a metal from an adsorbent on which the metal ion has been adsorbed.
SOLUTION: The method includes a step (i) of applying voltage between a first and a second electrode 21 and 22 so that the first electrode 21 becomes a cathode, the electrode 21 and 22 being arranged so as to be in contact with a material in which ion is movable. The material includes an adsorbent (gel 11) containing a high polymer on which the metal ion has been adsorbed. The high polymer contains a structural unit same as that of a high polymer extracted from phylloderma sacrum. In the step (i), the first electrode 21 is arranged so as to be in contact with the adsorbent. The metal is deposited on the surface of the first electrode 21 by the application of voltage in the step (i).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


レアメタルなどの金属は埋蔵量が限られているため、資源を有効にリサイクルすることが重要である。また、重金属などの有害金属については、工場などから排出される廃液から回収することが必要になる。



溶液中の金属イオンを吸着する方法として、藻類を用いた方法が提案されている。たとえば、クロレラなどを用いて希土類元素のイオンを吸着する方法が提案されている(特許文献1)。また、淡水性藍藻類であるスイゼンジノリから抽出される高分子が金属イオンを吸着することが報告されている(特許文献2)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、金属回収方法および金属回収装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(i)イオンが移動可能な物質に接するように配置された第1および第2の電極の間に、前記第1の電極がカソードとなるように電圧を印加する工程を含み、
前記物質は、金属のイオンを吸着した高分子を含有する吸着剤を含み、
前記高分子が、スイゼンジノリから抽出される高分子と同じ構成単位を含む高分子であり、
前記(i)の工程において、前記第1の電極は前記吸着剤に接するように配置されており、
前記(i)の工程において、前記電圧を印加することによって前記第1の電極の表面に前記金属を析出させる、金属回収方法。

【請求項2】
 
前記吸着剤が、前記高分子を含むゲルである、請求項1に記載の金属回収方法。

【請求項3】
 
前記吸着剤が、イオン透過膜と前記イオン透過膜によって保持された前記高分子とを含む、請求項1に記載の金属回収方法。

【請求項4】
 
前記(i)の工程ののちに、
(ii)前記金属が析出した前記第1の電極を前記吸着剤から離して、前記第1の電極の表面から前記金属を回収する工程をさらに含む、請求項1~3のいずれか1項に記載の金属回収方法。

【請求項5】
 
前記(i)の工程は、
(i-a)前記イオンを含む溶液と前記吸着剤とを接触させる工程と、
(i-b)前記(i-a)の工程を経た前記吸着剤に接するように前記第1の電極が配置され且つ前記物質に接するように前記第2の電極が配置された状態で、前記第1の電極がカソードとなるように前記第1および第2の電極に電圧を印加することによって前記第1の電極の表面に前記金属を析出させる工程と、を含む、請求項1~4のいずれか1項の記載の金属回収方法。

【請求項6】
 
金属のイオンを吸着可能な高分子を含有する吸着剤と、第1および第2の電極とを含み、
前記第1の電極が前記吸着剤に接するように配置可能であり、
前記高分子が、スイゼンジノリから抽出される高分子と同じ構成単位を含む高分子である、金属回収装置。

【請求項7】
 
前記吸着剤が、前記高分子を含むゲルである、請求項6に記載の金属回収装置。

【請求項8】
 
前記吸着剤を含む物質であってイオンが移動可能な物質が配置された容器をさらに含み、
前記第2の電極が前記物質に接するように配置可能である、請求項6または7に記載の金属回収装置。

【請求項9】
 
前記イオンを含む溶液が流れる流路であって前記溶液が前記吸着剤に接触するように前記容器に接続された流路とをさらに含む、請求項6または7に記載の金属回収装置。

【請求項10】
 
前記第1の電極と第2の電極との間に直流電圧を印加するための電源をさらに含む、請求項6~9のいずれか1項に記載の金属回収装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009145361thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close