Top > Search of Japanese Patents > LIQUID CRYSTAL MATERIAL, ELASTOMER, AND METHOD FOR PREPARING LIQUID CRYSTAL MATERIAL

LIQUID CRYSTAL MATERIAL, ELASTOMER, AND METHOD FOR PREPARING LIQUID CRYSTAL MATERIAL commons meetings

Patent code P110002408
File No. 06-195
Posted date Apr 18, 2011
Application number P2006-308371
Publication number P2008-120750A
Patent number P5205610
Date of filing Nov 14, 2006
Date of publication of application May 29, 2008
Date of registration Mar 1, 2013
Inventor
  • (In Japanese)板原 俊夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 鹿児島大学
Title LIQUID CRYSTAL MATERIAL, ELASTOMER, AND METHOD FOR PREPARING LIQUID CRYSTAL MATERIAL commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a liquid crystal material which is conformable to a living body and can be used for a liquid crystal elastomer, and to provide an elastomer which includes the liquid crystal material.
SOLUTION: After a medicine material with acid parts such as a carboxylic acid or the like and polybutadiene are melted into an organic solvent, the mixture in which organic solvent is evaporated is heated to 220°C, cross-links take place between polybutadienes and the mixture becomes an elastomer, and thereby the medicine material which has acid parts such as a carboxylic acid or the like is encapsulated in the elastomer. In the crystallized state, an aggregate is formed by a hydrogen bond between pyridine parts of the compound and COOH groups of the medicine material.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


液晶エラストマーについては多数の特許出願や論文があり、その製造方法や応用が研究されている。例えば、特許文献1に示すようなジエン系ゴムを主鎖として、液晶分子を側鎖とする液晶エラストマーが開示されている。また、特許文献2には、液晶エラストマーのアクチュエータへの利用が開示されている。



液晶は、物質が方向性の秩序を維持した流動体の状態であるため、液晶構造を有する液晶エラストマーは、伸縮においてどの方向にも伸縮するのではなく、ある方向に特異的に伸縮するゴム弾性のような特性を有している。この特性を活かして、様々な生体内バルブや人工心臓などの人工臓器材料として人工筋肉への応用が期待されている。



【特許文献1】
特開2003-2904号公報
【特許文献2】
特開2003-205496号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明はエラストマー及びその製造方法に関し、例えば、人工筋肉等に用いて好適な技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
構造が化1で表される化合物を含む液晶材料と、インドメタシンまたはオーキシンとが会合体を形成してポリブタジエンの中に内包されていることを特徴とするエラストマー。
【化1】
 


(式中、n=4以上)

【請求項2】
 
前記nの値が互いに異なる2種類以上の化合物を含むことを特徴とする請求項1に記載のエラストマー。

【請求項3】
 
コレステロールにp-ヒドロキシ安息香酸を反応させて、化2に示す化合物を生成する工程と、
前記化2に示す化合物に化3に示す化合物を反応させて、化4に示す化合物を生成する工程と、
前記化4に示す化合物に4-ヒドロキシピリジンを反応させて、化5に示す化合物を生成する工程と、
前記化5に示す化合物と、ポリブタジエンと、インドメタシンまたはオーキシンとを混合してエラストマーを生成する工程とを有することを特徴とするエラストマーの製造方法。
【化2】
 


【化3】
 


(式中、n=4以上、Xはハロゲン原子)
【化4】
 


(式中、n=4以上、Xはハロゲン原子)
【化5】
 


(式中、n=4以上)
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006308371thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close