Top > Search of Japanese Patents > LIQUID CRYSTAL ELASTOMER, LIQUID CRYSTAL FILM, LIQUID CRYSTAL GEL AND METHOD FOR PRODUCING THEM

LIQUID CRYSTAL ELASTOMER, LIQUID CRYSTAL FILM, LIQUID CRYSTAL GEL AND METHOD FOR PRODUCING THEM commons meetings

Patent code P110002409
File No. 05-141
Posted date Apr 18, 2011
Application number P2006-100704
Publication number P2007-270077A
Patent number P4940426
Date of filing Mar 31, 2006
Date of publication of application Oct 18, 2007
Date of registration Mar 9, 2012
Inventor
  • (In Japanese)板原 俊夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 鹿児島大学
Title LIQUID CRYSTAL ELASTOMER, LIQUID CRYSTAL FILM, LIQUID CRYSTAL GEL AND METHOD FOR PRODUCING THEM commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To clearly exhibit liquid crystallinity even in a small amount of a liquid crystal molecule.
SOLUTION: The liquid crystal elastomer having an oligomer liquid crystal subjected to microphase separation in an elastomer is obtained by crosslinking an oligomer liquid crystal molecule and a polybutadiene (cis-isomer) having a molecular weight of 2,000,000-3,000,000 at a relatively low temperature of 170°C-220°C and is made to have the same rubber elasticity, liquid crystallinity and swelling properties as those of a conventional liquid crystal elastomer. Consequently, the liquid crystal elastomer is usable as artificial muscle, an actuator, a display element and a photoprotective film that a conventional liquid crystal elastomer aims at.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


液晶エラストマー及び液晶ゲルについては多数の特許出願や論文があり、その製造方法や応用が研究されている。例えば、特許文献1に示すようなジエン系ゴムを主鎖として、液晶分子を側鎖とする液晶エラストマーや、特許文献2に示すような液晶分子とゲル化剤とからなり、ゲル化剤は分子間水素結合が可能な基およびアルキレン基を1分子中にそれぞれ2個以上有する液晶ゲルが開示されている。



【特許文献1】
特開2003-2904号公報
【特許文献2】
特開平11-21556号公報
【特許文献3】
特開2004-75623号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、液晶フィルム、液晶エラストマーの製造方法、液晶フィルムの製造方法及び液晶ゲルの製造方法に関し、例えば、表示素子等に用いて好適な技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
エラストマー及びポリ-ε-カプロラクトンの中に、含有率が50重量%以下の1に示すオリゴマー液晶がミクロ相分離した状態で内包されていることを特徴とする液晶フィルム。
【化1】
 


(式中、p=0、1、2、3; q=0、1、2; n、m、k=3~12)

【請求項2】
 
前記エラストマーは、ポリブタジエンであることを特徴とする請求項1に記載の液晶フィルム。

【請求項3】
 
エラストマーと含有率が50重量%以下の化2に示す液晶分子との混合物を170~220℃の範囲で加熱することによって液晶エラストマーを製造することを特徴とする液晶エラストマーの製造方法。
【化2】
 


(式中、p=0、1、2、3; q=0、1、2; n、m、k=3~12)

【請求項4】
 
エラストマーと含有率が50重量%以下の化3に示す液晶分子との混合物を有機溶媒に溶かし、前記有機溶媒を蒸発させることによって生じた物質を170~220℃の範囲で加熱することによって液晶エラストマーを製造することを特徴とする液晶エラストマーの製造方法。
【化3】
 


(式中、p=0、1、2、3; q=0、1、2; n、m、k=3~12)

【請求項5】
 
前記エラストマーは、ポリブタジエンであることを特徴とする請求項3または4に記載の液晶エラストマーの製造方法。

【請求項6】
 
エラストマーと、含有率が50重量%以下の4に示すオリゴマー液晶と、ポリ-ε-カプロラクトンとの混合物を有機溶媒に溶かし、前記有機溶媒を蒸発させることによって生じた物質を加熱することによって液晶フィルムを製造することを特徴とする液晶フィルムの製造方法。
【化4】
 


(式中、p=0、1、2、3; q=0、1、2; n、m、k=3~12)

【請求項7】
 
前記エラストマーは、ポリブタジエンであることを特徴とする請求項6に記載の液晶フィルムの製造方法。

【請求項8】
 
請求項3~5の何れか1項に記載の製造方法によって製造された液晶エラストマーに有機溶媒を混合して膨潤させることによって液晶ゲルを製造することを特徴とする液晶ゲルの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006100704thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close