Top > Search of Japanese Patents > AUTOMATIC VOLTAGE REGULATOR FOR DISTRIBUTION LINE, AND METHOD OF REGULATION

AUTOMATIC VOLTAGE REGULATOR FOR DISTRIBUTION LINE, AND METHOD OF REGULATION

Patent code P110002451
Posted date Apr 20, 2011
Application number P2010-259961
Publication number P2012-114989A
Patent number P5601521
Date of filing Nov 22, 2010
Date of publication of application Jun 14, 2012
Date of registration Aug 29, 2014
Inventor
  • (In Japanese)青木 睦
  • (In Japanese)関崎 真也
  • (In Japanese)重藤 貴也
  • (In Japanese)坂口 琢磨
Applicant
  • (In Japanese)中部電力株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title AUTOMATIC VOLTAGE REGULATOR FOR DISTRIBUTION LINE, AND METHOD OF REGULATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an automatic voltage regulator for regulating a voltage of a distribution line at a prescribed voltage in a distribution system to which a photovoltaic power generation system is connected, which prevents a power reception voltage at a user 20 from deviating from a proper range due to inability of the automatic voltage regulator to follow an output fluctuation of the power generation system by estimating the output fluctuation of the power generation system so that the automatic voltage regulator can respond in advance in order to hardly receive an influence from the fluctuation.
SOLUTION: An automatic voltage regulator has a solar radiation sensor 30 for detecting an amount of solar radiation to estimate power generation output of a photovoltaic power generation system. According to the amount of solar radiation detected by the sensor, a reference voltage to adjust the voltage of the automatic voltage regulator is shift controlled by a prescribed amount within a predetermined proper range. The automatic voltage regulator has a reference voltage generation circuit 11 for shift controlling the reference voltage higher when the amount of solar radiation is large, and the reference voltage lower when the amount of solar radiation is small separately.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



配電系統では、配電用変電所から需要家に向かって電流が流れるため、配電用変電所から遠ざかるにつれて電圧降下が生じ、需要家における受電電圧が低下する。そのため、配電線路の途中に自動電圧調整装置を設置して、需要家における受電電圧が適正値となるように調整している。かかる技術の一つが下記特許文献1に開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、自然エネルギー利用発電システムを備えた配電系統において、配電線路の電圧をある幅を持った所定電圧に調整する自動電圧調整装置及び方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
自然エネルギー利用発電システムを備えた配電系統において、配電線路の電圧をある幅を持った所定電圧に調整する自動電圧調整装置であって、
自然エネルギー利用発電システムの発電出力を推定するべく、自然エネルギーの発生量を検出する自然エネルギーセンサを設け、
該センサによって検出された自然エネルギーの発生量に応じて、前記自動電圧調整装置の電圧調整のための基準電圧を予め決められた適正範囲内で所定量だけシフト制御し、自然エネルギーの発生量が多いときは基準電圧を高めに、自然エネルギーの発生量が少ないときは基準電圧を低めに、それぞれシフト制御する基準電圧発生回路を備える
ことを特徴とする配電線路の自動電圧調整装置。

【請求項2】
 
請求項1の配電線路の自動電圧調整装置において、
前記シフト制御における所定量dVは、下記数式1に基づいて決定され、自動電圧調整装置によって調整される電圧Vrは、下記数式2に基づいて決定されることを特徴とする配電線路の自動電圧調整装置。
[数1]
dV=(Vmax - Vmin) × (Ins - 0.5)
[数2]
Vbasis - Vdb/2 + dV < Vr < Vbasis + Vdb/2 + dV
但し、
dVは、シフト制御される所定量、
Vmaxは、所定時間内において自動電圧調整装置によって調整される電圧の最大値、
Vminは、所定時間内において自動電圧調整装置によって調整される電圧の最小値、
Insは、自然エネルギー利用発電システムの推定出力(出力が最大のとき「1」、最小のとき「0」、中間のとき「0.5」)
Vbasisは、シフト制御する前の基準電圧、
Vdbは、基準電圧に対する高・低両側の不感帯幅の合計(不動作範囲)、
Vrは、自動電圧調整装置によって調整される電圧である。

【請求項3】
 
請求項1又は2の配電線路の自動電圧調整装置において、
前記自然エネルギー利用発電システムは太陽光発電システムであり、
自然エネルギー利用発電システムの推定出力は、配電線路周辺に設置された日射センサの出力であることを特徴とする配電線路の自動電圧調整装置。

【請求項4】
 
自然エネルギー利用発電システムを備えた配電系統において、配電線路の電圧をある幅を持った所定電圧に調整する電圧調整方法であって、
配電系統内に設置された自然エネルギー利用発電システムの発電出力を推定し、
その推定出力に応じて、前記電圧調整における基準電圧を予め決められた適正範囲内で所定量だけシフト制御し、前記推定出力が大きいときは高めに、前記推定出力が小さいときは低めに、それぞれシフト制御する
ことを特徴とする配電線路の電圧調整方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010259961thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close