Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR SCREENING TEST ARTICLE

METHOD FOR SCREENING TEST ARTICLE meetings

Patent code P110002519
File No. S2010-0423-N0
Posted date May 6, 2011
Application number P2010-056824
Publication number P2011-188783A
Patent number P5717271
Date of filing Mar 13, 2010
Date of publication of application Sep 29, 2011
Date of registration Mar 27, 2015
Inventor
  • (In Japanese)前田 憲成
  • (In Japanese)尾川 博昭
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title METHOD FOR SCREENING TEST ARTICLE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technique (screening method) capable of quickly and sensitively evaluating the presence or absence of harmfulness of a chemical substance.
SOLUTION: The screening method for a test article includes culture of a highly hydrogen-producing bacterium in the presence of the test article and determination of the variation of hydrogen production of the bacterium, thereby determining biotoxicity of the test article. A genetically modified E.coli can be used as the highly hydrogen-producing bacterium. The modified E.coli is preferably obtained by genetic modification of BW25113 strain. Such modification of E.coli (TT100 strain: E.coli BW25113 hyaB hybC hycAfdoG aceE frdC ldhA strain) is preferably cultured by an LB medium containing glucose.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


これまで多くの機能性を持った化学物質が合成され、それらが文明の発展に寄与してきたことは、言うまでもない。その一方、それらの化学物質の有害性・安全性が十分に検証されず、ヒトの生活や環境などに出回っている点は、大きな問題であり、迅速に化学物質の有害性の有無を判定できる試験法の開発が急務である。



従来の有害物の検出技術には色々な方法が知られている。例えば、Ames試験は、アミノ酸要求性の変化を測定することで化学物質の変異原性を評価する手法であり、正確性に優れているが、測定時間がかかる(約2日)ことや複雑な培地作製など準備が面倒である。Umu試験は、大腸菌等のSOS応答を測定する手法であり、操作は比較的簡単であるが、測定時間が数時間かかる。発光umu試験は、大腸菌等のSOS応答を発光により測定する手法であり、比較的簡易な操作で高い感度が得られるが、測定時間が数時間かかる上、特殊、かつ、高価な測定装置を必要とする。細胞増殖阻害試験は、微生物の増殖度合を測定することで細胞毒性を評価する手法であり、簡単な評価方法で比較的簡易操作で行えるが、測定時間が約1日間かかる。



以上のように、従来行われている方法は、それぞれ正確性、比較的簡易操作、高い感度、簡単な評価法といった長所がある一方、特に判定時間がかかるという欠点、測定に高価な装置が必要になる場合があるなど一長一短がある。従って、短時間(迅速)に、かつ、効果な装置を使うことなく、化学物質の有害性を検出できるツールの開発が強く望まれていた。



一方、本発明者は、大腸菌の代謝改変及びタンパク質改変による水素ガスの高度生産化について研究を行ってきており、これまでに、遺伝子改変された大腸菌からなる多数の高度水素生産菌を開発してきた(非特許文献1~3)。本発明者は、かかる高度水素生産菌が生成する水素の量が、有害物の存在下で顕著に減少すること、そして、その程度は有害性の程度と相関していることを知見し、本発明に到達したものである。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、迅速な有害物の検出技術に関し、より具体的には、高度水素生産菌を活用した有害化学物質(被験物)のスクリーニング方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被験物の存在下に高度水素生産菌を培養し、該菌の水素生成量の変化を測定することによって、被験物の生物毒性を判定するスクリーニング方法であって、
前記高度水素生産菌が、BW25113株を遺伝子改変した大腸菌であることを特徴とする被験物のスクリーニング方法。

【請求項2】
 
培養が、グルコースを含有するLB培地を用いて行われることを特徴とする請求項1記載の被験物のスクリーニング方法。

【請求項3】
 
水素生成量の変化が、ガクロマトグラフにより測定されることを特徴とする請求項1記載の被験物のスクリーニング方法。

【請求項4】
 
水素生成量の変化が、水素センサ膜により測定されることを特徴とする請求項1記載の被験物のスクリーニング方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close