Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING ANTIGEN-SPECIFIC B-CELL POPULATION

METHOD FOR PRODUCING ANTIGEN-SPECIFIC B-CELL POPULATION foreign

Patent code P110002622
File No. T2009-045
Posted date May 16, 2011
Application number P2009-251362
Publication number P2011-092142A
Patent number P5550132
Date of filing Oct 30, 2009
Date of publication of application May 12, 2011
Date of registration May 30, 2014
Inventor
  • (In Japanese)北村 大介
  • (In Japanese)野嶋 卓也
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title METHOD FOR PRODUCING ANTIGEN-SPECIFIC B-CELL POPULATION foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for readily producing an antigen-specific B-cell population containing a B cell specific to a specified antigen.
SOLUTION: The method for producing the antigen-specific B-cell population containing the IgG-positive B cell specific to the specified antigen includes culturing the IgG-positive B cell in combination with the specified antigen in the presence of IL-21 while providing stimulation through CD40, BAFF receptor and Fas, and selecting the antigen-specific B cell specific to the specified antigen to afford the antigen-specific B cell population including the IgG-positive B cell specific to the specified antigen.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



モノクローナル抗体は、特定の抗原に対して高い選択性を示すため、有効な医薬として近年大きな注目を集めており、特に、癌細胞を標的とする抗体医薬には大きな期待が寄せられている。モノクローナル抗体を有効な医薬としてヒトの治療に適用するには、異種抗原の量が少ないヒトの抗体を投与することが、拒絶反応回避の観点から最も理想的である。このため多くのキメラ抗体やヒト化抗体が開発されている。





一般にヒト治療用のキメラ抗体やヒト化抗体は、抗原をマウス等に複数回免疫した後に、脾臓やリンパ節の細胞をミエローマ細胞と融合してハイブリドーマを形成し、ハイブリドーマが産生するマウスIgG抗体を基に、組換え技術を用いて作製している。

しかしながら、動物個体を用いることや、高い親和性を示す抗体を産生するハイブリドーマを選択することには時間がかかり、組換え技術により得られた抗体の活性を確認する必要がある。このため、この方法では、目的とする抗体の作製に時間がかかる上に、その効果はヒトに投与するまで確定できない。

また、免疫抗原が個体毒性を示す場合には個体への免疫は困難である。さらに、動物種間で保存性の高いタンパク抗原を抗原とする場合、免疫学的寛容のために抗体が産生されにくい。





その一方で、抗原に対する高い親和性を示すB細胞は胚中心で選択されることが知られているが、この選択の機構については、充分に解明されていない。特定の抗原に対して高い親和性を示すB細胞を人為的に増殖させて濃縮できれば、特定の抗原に対して高い親和性を示すモノクローナル抗体をより短時間で作製できる。





B細胞を増殖させる方法として、CD40リガンド(CD40L)とインターロイキン(IL)-4等のサイトカインの存在下でB細胞を培養する方法が知られている(例えば、特許文献1及び非特許文献1)。





また、胚中心は、抗原未接触のナイーブB細胞が抗原と接触して増殖した結果形成される組織学的構造であり、胚中心のB細胞にはクラススイッチや体細胞超突然変異が起こることが知られている。例えば、非特許文献2では、BAFFとCD40Lを同時発現させた線維芽細胞の存在下で、IL-4及び抗μHc抗体と共に脾臓B細胞を培養すると、殆どのB細胞が胚中心様の表現型を示すようになり、その約半数はIgG1へクラススイッチすること、及びその後にIL-4をIL-21に切り替えると、IgE陽性細胞が増加することが開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、抗原特異的B細胞集団の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
特定抗原に特異的なIgG陽性B細胞を含む抗原特異的B細胞集団の製造方法であって、
IgG陽性B細胞を、IL-21の存在下で、CD40、BAFF受容体、Fasを介した刺激を付与しながら、前記特定抗原と共に培養して前記特定抗原に特異的な抗原特異的B細胞を選別し、前記特定抗原に特異的なIgG陽性B細胞を含む抗原特異的B細胞集団を得ること
を含む当該製造方法。

【請求項2】
 
前記CD40、BAFF受容体及びFasを介した刺激は、CD40L、BAFF及びFasLにより付与される請求項1記載の製造方法。

【請求項3】
 
前記IgG陽性B細胞は、B細胞を含む細胞集団を、CD40及びBAFF受容体を介した刺激を付与しながら、IL-4の存在下で培養する一次培養及びIL-21の存在下で培養する二次培養により培養することによって得られる請求項1又は請求項2記載の製造方法。

【請求項4】
 
CD40L、BAFF、FasL及び特定抗原を提示した担体が使用される請求項1~請求項3のいずれか1項記載の製造方法。

【請求項5】
 
前記CD40L、BAFF、FasL及び特定抗原を提示したフィーダー細胞が使用される請求項1~請求項4のいずれか1項記載の製造方法。

【請求項6】
 
請求項1~請求項5のいずれか1項記載の製造方法により得られた抗原特異的B細胞集団を用いてモノクローナル抗体を製造するモノクローナル抗体の製造方法。

【請求項7】
 
CD40L、BAFF、FasL及び特定抗原を表面に有する抗原特異的B細胞選別用フィーダー細胞。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009251362thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close