Top > Search of Japanese Patents > MENSTRUAL CYCLE ESTIMATION DEVICE AND MENSTRUAL CYCLE ESTIMATION METHOD

MENSTRUAL CYCLE ESTIMATION DEVICE AND MENSTRUAL CYCLE ESTIMATION METHOD commons meetings

Patent code P110002673
Posted date May 24, 2011
Application number P2007-114211
Publication number P2008-264352A
Patent number P5099751
Date of filing Apr 24, 2007
Date of publication of application Nov 6, 2008
Date of registration Oct 5, 2012
Inventor
  • (In Japanese)陳 文西
  • (In Japanese)北沢 真澄
  • (In Japanese)戸川 達男
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人会津大学
Title MENSTRUAL CYCLE ESTIMATION DEVICE AND MENSTRUAL CYCLE ESTIMATION METHOD commons meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a menstrual cycle estimation device for women and a menstrual cycle estimation method for women, which are capable of clearly grasping two-phase characteristics of a body temperature in a menstrual cycle of a subject on the basis of detection data of the body temperature over several days.

SOLUTION: A control unit 5 of a sensor device 1 transfers body temperature detection data D1 detected while a subject H0 is asleep by using a body temperature detection part 3 to an outside processor 11. The processor 11 time serially links the body temperature detection data D1 for several days to generate body temperature data sequences O and uses the body temperature data sequences O to construct a hidden Markov model HMM having two hidden states corresponding to a low temperature phase q1 and a high temperature phase q2 in the menstrual cycle. Thus, the processor 11 operates maximally likely state sequences Q* in which the hidden Markov model outputs the body temperature data sequences O and, on the basis of the state sequences Q*, estimates the two-phase characteristics of the body temperature of the subject H0 for several days when the body temperature has been measured.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、妊娠や避妊の目安となる周期を知る目的で女性のホルモンバランス状況を把握するために、基礎体温の日毎の変動を数ヶ月間に亘って追跡記録し、その変動周期や変動幅を数値的に分析する方法が行われてきた。基礎体温は一日のうちで最も新陳代謝の少ない就寝中の体温を計測することが望ましいが、就寝中に体温測定を行うことは一般的に困難である。このため、例えば起床時の口中温度を体温として計測し、この計測した体温を基礎体温の代わりに用いてきた(例えば特許文献1参照)。しかし、女性の生活の多様化を鑑みると、毎朝、計測時刻や計測方法等の条件を一定とすることは難しく、長期間に亘る計測の継続には不便を伴うと共に、短時間の口中温度の計測では計測結果にアーチファクト(外部要因による計測信号のゆがみ)が生じ易かった。このため、就寝している被測定者の腹部等に身体表面の温度(体表温度)を測定するセンサ装置を取り付け、このセンサ装置によって長時間に亘って自動測定した体表温度に基づいて基礎体温に対応した当日の代表温度を決めるものが知られている(例えば特許文献2参照)。このとき、代表温度は、例えば測定した体表温度の最高温度や平均温度としていた。




【特許文献1】特開平11-316161号公報

【特許文献2】特開2004-163391号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば複数日に亘って測定した被測定者の体温(体表温度と深部温度を含む、以下同様)に基づいて被測定者が高温期と低温期のうちいずれの状態にあるかを推定する月経周期推定装置および月経周期推定方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被測定者の体温を複数日に亘って測定した体温データ系列を用いて被測定者が高温期と低温期とのうちいずれの状態にあるかを推定する月経周期推定装置であって、
前記体温データ系列を用いて高温相および低温相の2つの状態をもった隠れマルコフモデルを構築し、該隠れマルコフモデルが前記体温データ系列を出力する最尤の状態系列を求め、該状態系列を用いて被測定者の月経周期における体温の二相性を特定する構成としてなる月経周期推定装置。

【請求項2】
 
被測定者の身体に常時装着可能なケーシングと、該ケーシングのうち被測定者の体表面側に設けられ体温を検出する体温検出手段と、測定日毎に開始時刻から終了時刻までの間に亘って予め決められた時間間隔で該体温検出手段による体温検出データを読込む読込み手段と、該読込み手段による体温検出データを記憶する記憶手段と、該記憶手段に記憶された体温検出データを複数日に亘って連結して前記体温データ系列を生成するデータ系列生成手段と、該データ系列生成手段による体温データ系列を用いて前記隠れマルコフモデルを構築するモデル構築手段と、該モデル構築手段による前記隠れマルコフモデルが前記体温データ系列を出力する最尤の状態系列を求める状態系列演算手段と、該状態系列演算手段による状態系列を用いて被測定者の月経周期における体温の二相性を特定する状態特定手段とを備える構成としてなる請求項1に記載の月経周期推定装置。

【請求項3】
 
前記状態特定手段は、前記状態系列に対して中央値フィルタを用いたフィルタ処理を行い、該フィルタ処理後の状態系列に含まれる状態を各体温検出データを測定したときの被測定者の状態とする構成としてなる請求項2に記載の月経周期推定装置。

【請求項4】
 
前記データ系列生成手段は、前記体温検出データのうち予め設定された温度および温度変化の許容範囲以外の値を削除し、残余の体温検出データを連結して体温データ系列を生成する範囲外データ削除手段と、該範囲外データ削除手段を用いて生成された体温データ系列に対して中央値フィルタを用いたフィルタ処理を行う前処理手段とを備え、
前記モデル構築手段は、該前処理手段よるフィルタ処理を行った後の体温データ系列を用いて前記隠れマルコフモデルを構築する構成としてなる請求項2または3に記載の月経周期推定装置。

【請求項5】
 
前記モデル構築手段は、前記体温データ系列の体温検出データが温度に対して離散的な値を有する状態で前記隠れマルコフモデルを構築する構成としてなる請求項2,3または4に記載の月経周期推定装置。

【請求項6】
 
前記モデル構築手段は、前記体温データ系列の体温検出データが温度に対して連続的な値を有する状態で前記隠れマルコフモデルを構築する構成としてなる請求項2,3または4に記載の月経周期推定装置。

【請求項7】
 
前記モデル構築手段は外部の処理装置によって構成し、
前記ケーシングには、前記記憶手段に記憶した体温検出データを該外部の処理装置に転送する転送手段を設ける構成としてなる請求項2,3,4,5または6に記載の月経周期推定装置。

【請求項8】
 
被測定者の体温を複数日に亘って測定した体温データ系列を用いて被測定者が高温期と低温期とのうちいずれの状態にあるかを処理装置が推定する月経周期推定方法であって、
前記体温データ系列を用いて高温相および低温相の2つの状態をもった隠れマルコフモデルを構築し、該隠れマルコフモデルが前記体温データ系列を出力する最尤の状態系列を求め、該状態系列を用いて被測定者の月経周期における体温の二相性を特定する構成としてなる月経周期推定方法。

【請求項9】
 
被測定者の体温を複数日に亘って測定した体温データ系列を用いて被測定者が月経周期における体温の多相性のうちいずれの状態にあるかを処理装置が推定する月経周期推定方法であって、
前記体温データ系列を用いて体温の多相性に対応する複数の隠れ状態をもった隠れマルコフモデルを構築し、該隠れマルコフモデルが前記体温データ系列を出力する最尤の状態系列を求め、該状態系列を用いて被測定者の月経周期における体温の多相性を特定する構成としてなる月経周期推定方法。
Industrial division
  • Therapeutic hygiene
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007114211thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close