Top > Search of Japanese Patents > SHOCK WAVE PROCESSING APPARATUS

SHOCK WAVE PROCESSING APPARATUS

Patent code P110002727
File No. S2010-0105-N0
Posted date Jun 6, 2011
Application number P2009-260795
Publication number P2011-103796A
Patent number P5526428
Date of filing Nov 16, 2009
Date of publication of application Jun 2, 2011
Date of registration Apr 25, 2014
Inventor
  • (In Japanese)伊東 繁
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 熊本大学
Title SHOCK WAVE PROCESSING APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To improve general versatility by generating shock waves having a strength sufficient to process a food or the like, even by a relatively small energy in a constitution for processing a material to be processed such as a food, by making shock waves act on the material to be processed.
SOLUTION: The shock wave processing apparatus 1 for processing the material 2 to be processed by making shock waves act on the material 2 to be processed, includes a vessel 3 formed with a cavity 4 in which a transmitter medium 5 to propagate shock waves and constituted of a high acoustic impedance material having a higher acoustic impedance than that of at least the transmitter medium 5. Shock waves are made to act on the material 2 to be processed through the vessel 3 and the transmitter medium 5 by making the vessel 3 receive shock waves in the cavity 4 from the outside of the cavity 4 while the material 2 to be processed is stored in the cavity 4.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



従来、果物や野菜や穀類等の食品(食材)の加工方法として、衝撃波を用いる方法がある(例えば、特許文献1参照。)。具体的には、衝撃波は、音速を超える速さで伝わる圧力変化の波であり、この衝撃波が食品に作用することにより、食品が収縮し、続いてその反動で食品が一気に膨張する。この衝撃波の力による収縮と膨張により、食品の細胞壁等が破壊され、食品が軟化あるいは粉体化させられる。こうした衝撃波を用いる食品の加工方法によれば、処理時間が短くなることから、加工にともなって生じる熱に起因して食品の栄養価が損なわれることがなく、また、簡単に加工することが可能となる。





このように食品の加工に用いられる衝撃波を発生させるための手段の一つとして、爆発を利用する方法が挙げられる。爆発を利用する方法によれば、食品に作用させる衝撃波について、食品の加工のために十分な強度を容易に得ることができる。しかし、衝撃波を発生させるために爆発を利用する方法は、汎用性に欠け、一般家庭における料理等のための食品の加工に適用することが困難である。





そこで、衝撃波を発生させるための手段として、電気パルス等の電気エネルギーを利用する方法がある(例えば、特許文献2参照)。かかる方法によれば、衝撃波を用いる食品の加工について汎用性を向上させることができ、一般家庭への導入の可能性も高まる。しかしながら、電気エネルギーを利用する方法であっても、食品の加工のために十分な強度の衝撃波を発生させるためには、必要なコンデンサの容量が大きいこと等に起因して、衝撃波を発生させるための装置が大型化し、やはり一般家庭への導入が困難であるのが現状である。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、果物や野菜や穀類等の食品等の被加工物に衝撃波を作用させることにより、被加工物の加工を行う衝撃波加工装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被加工物に衝撃波を作用させることにより、被加工物を加工する衝撃波加工装置であって、
衝撃波を伝播させる伝達媒体が充填される空洞を形成するとともに、少なくとも前記伝達媒体よりも高い音響インピーダンスを有する高音響インピーダンス材料により構成される伝達容器部を備え、
前記伝達容器部には、前記伝達媒体が充填されるとともに衝撃波を発生させるための衝撃波発生空間を形成する衝撃波発生室が隣接形成されており、
前記空洞および前記衝撃波発生空間は、前記高音響インピーダンス材料である金属により構成された壁部を介して互いに区画された状態で形成されており、
前記空洞内に被加工物を収容した状態で、前記伝達容器部が前記空洞の外側から前記空洞内に衝撃波を発生させるための衝撃を受けることにより、前記壁部から前記伝達容器部および前記伝達媒体を介して被加工物に衝撃波を作用させることを特徴とする衝撃波加工装置。

【請求項2】
 
前記衝撃波発生室は、衝撃波を発生させるための手段として、所定の間隔を隔てて互いに対向した状態で配置される少なくとも一対の電極を備え、該電極によって放電を行うことにより、衝撃波を発生させる、
ことを特徴とする請求項1に記載の衝撃波加工装置。

【請求項3】
 
前記衝撃波発生室は、衝撃波を発生させるための手段として、前記伝達容器部に機械的な衝撃力を作用させる打撃装置を備え、該打撃装置により、衝撃波を発生させる、
ことを特徴とする請求項1に記載の衝撃波加工装置。

【請求項4】
 
前記衝撃波発生室は、衝撃波を発生させるための手段として、爆薬を備え、該爆薬を爆発させることにより、衝撃波を発生させる、
ことを特徴とする請求項1に記載の衝撃波加工装置。

【請求項5】
 
前記空洞内に充填される前記伝達媒体は液体であり、該液体内に気泡を発生させる気泡発生手段を備えることを特徴とする請求項1~4のいずれか一項に記載の衝撃波加工装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009260795thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close