Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING JULOLIDINE DERIVATIVE

METHOD FOR PRODUCING JULOLIDINE DERIVATIVE

Patent code P110002753
File No. E076P140
Posted date Jun 7, 2011
Application number P2010-052763
Publication number P2011-184382A
Patent number P5293651
Date of filing Mar 10, 2010
Date of publication of application Sep 22, 2011
Date of registration Jun 21, 2013
Inventor
  • (In Japanese)小林 修
  • (In Japanese)宮村 浩之
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title METHOD FOR PRODUCING JULOLIDINE DERIVATIVE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new method for synthesizing a Julolidine derivative represented by the drawing.
SOLUTION: More various Julolidine derivatives than those by conventional methods can be synthesized. The method for producing the Julolidine derivative comprises mixing aniline or its derivative, an aldehyde compound, and a vinyl compound in the presence of a Lewis acid metal catalyst represented by Sc(OTf)3 or the like or a catalyst prepared by supporting the catalyst on a polymer in a solvent.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ジュロリジン(Julolidine、下式)及びその誘導体は、蛍光物質、有機半導体、有機光発電素子等に応用可能な電子受容体-供与体化合物等において有効に機能することが知られている。
【化3】


しかし、ジュロリジン誘導体の合成法はこれまでに数例しか知られておらず(例えば、非特許文献1~3など)、それらの方法では、きわめて単純な構造のジュロリジン誘導体しか合成することができなかった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ジュロリジン誘導体の新規合成方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
液相で、ルイス酸金属触媒を高分子に担持した触媒の存在下で、
(a-1) 下式
【化5】
 


(式中、R1は、それぞれ独立して、ハロゲン原子、アルキル基、アシル基、アルコキシ基、アリール基、アラルキル基を表し、mは0~3の整数を表す。)で表わされるアニリン、又は、
(a-2) 下式
【化6】
 


(式中、R2は、水素原子、アルキル基、アリール基又はアラルキル基を表す。R3及びR4は、それぞれ独立して、水素原子、アルキル基、アルコキシ基、アリール基、アラルキル基、-SR8(式中、R8はアルキル基又はアリール基を表す。)又はアミノ基を表す。但し、R3及びR4は、これらが結合する炭素原子と一緒に、ヘテロ原子としてO、S又はNを含んでもよい脂肪族又は芳香族の5員環又は6員環を形成してもよい。mは0~3の整数を表す。)で表わされるアニリンの誘導体、
(b)下式
R5-CHO
(式中、R5は、水素原子、アルキル基、アリール基又はアラルキル基を表す。)で表わされるアルデヒド化合物、及び
(c)下式
R6-CH=CH-R7
(式中、R6及びR7は、それぞれ独立して、水素原子、アルキル基、アルコキシ基、アリール基、アラルキル基、-SR9(式中、R9はアルキル基又はアリール基を表す。)又はアミノ基を表す。但し、R6及びR7は、これらが結合するビニル基と一緒に、ヘテロ原子としてO、S又はNを含んでもよい脂肪族又は芳香族の5員環又は6員環を形成してもよい。)で表わされるビニル化合物、
を混合することから成る、下式
【化2】
 


(式中、R1~R7は上記と同様を表す。)で表わされるジュロリジン誘導体(アニリン又はその誘導体が(1)の場合(3)又は(4)のジュロリジン誘導体が生成し、アニリン又はその誘導体が(2)の場合(5)のジュロリジン誘導体が生成する。)で表わされるジュロリジン誘導体の製造方法であって、
該ルイス酸金属触媒を高分子に担持した触媒が、液相で、粒径が1~10nmの金クラスター、ジスルフィドモノマー、ジスルフィドのスルホン酸塩、及びScY3(式中、Yはハロゲン原子、OAc、OCOCF3、ClO4、SbF6、PF6又はOSO2CF3を表す。)で表されるルイス酸金属化合物を混合し、ラジカル重合開始剤の存在下で重合することにより形成された金-高分子ナノ構造体担持スカンジウム触媒であって、
該ジスルフィドモノマーが下式
CH2=CH-R10-S-S-R10-CH=CH2
(式中、R10はエーテル結合を含んでもよい2価の炭化水素鎖を表す。)で表わされ、
該ジスルフィドのスルホン酸塩が下式
M2O3S-R11-S-S-R11-SO3M2
(式中、R11はエーテル結合を含んでもよい2価の炭化水素鎖を表し、M2はアルカリ金属を表す。)で表わされる製造方法。

【請求項2】
 
上記ルイス酸金属触媒が、M1Yn(式中、M1はCu、Zn、Fe、Sc、又はランタノイド元素を表し、Yはハロゲン原子、OAc、OCOCF3、ClO4、SbF6、PF6又はOSO2CF3を表し、nは2又は3の整数を表す。)で表されるルイス酸金属化合物である請求項1に記載の製造方法。

【請求項3】
 
重合する際に更にスチレンモノマーを混合する請求項1又は2に記載の製造方法。

【請求項4】
 
用いた溶媒が、水、水溶性有機溶媒又はこれらの混合溶媒である請求項1~3のいずれか一項に記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO KOBAYASHI Highly Functionalized Reaction Environments AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close