Top > Search of Japanese Patents > MODULARIZED ARTIFICIAL BONE

MODULARIZED ARTIFICIAL BONE

Patent code P110002773
File No. RP01P12
Posted date Jun 8, 2011
Application number P2000-046450
Publication number P2001-231797A
Patent number P4431668
Date of filing Feb 23, 2000
Date of publication of application Aug 28, 2001
Date of registration Jan 8, 2010
Inventor
  • (In Japanese)田中 順三
  • (In Japanese)菊池 正紀
  • (In Japanese)生駒 俊之
  • (In Japanese)太田 邦博
  • (In Japanese)横山 能周
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人物質・材料研究機構
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)タマチ工業株式会社
  • (In Japanese)アエモテック株式会社
Title MODULARIZED ARTIFICIAL BONE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a modularized artificial bone which makes it possible to easily obtain shapes and dimensions desired to be complemented, does not exert burden to the living body and may be easily integrated with the osteostructure of the living body.
SOLUTION: The artificial bone to be replaced in the defective part of the hard tissue or soft tissue of the living body is formed by bundling plural rod-like modules 3 and integrally fixing the bundles. The modules 3 are recommended to have ≥1 annular grooves on the circumferences and to be formed with tubular spaces (corresponding to Haversian canals) in a direction orthogonal with an axial direction. The sectional shapes of the modules 3 are preferably polygonal shapes having rounded corners and tubular spaces (corresponding to Volkmann's vessels) are preferably formed between the modules 3 and the modules 3. The module defective part for at least one piece exists and this part is preferably the tubular space 2 (corresponding to the spinal fluid vessel) in the axial direction. The modules 3 are preferably made from metals for the living body, bioactive ceramics, bioinert ceramics, high-polymer materials or ≥2 kinds of the composites selected from the groups consisting thereof.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


骨の異常あるいは折損などの場合、一般的には、異常のある部分の骨を除去し、その失った部分を、例えば、生体に適合していると言われるセラミックス、ステンレス、チタン合金、あるいはチタン合金にアパタイトをコーティングしたものなどを埋め込み、補完する。これらは人工骨と称される。



これらの素材は加工が難しいので、各部位専用に形状をあらかじめ想定し、機械加工工場で生産される。従って、従来の人工骨は、想定した部位以外の他の部位に共用することはほとんど出来ない。



また、手術現場では形状加工が難しいため、メーカーが需要動向を推測して予め生産した標準品の中から、適当な人工骨を大きさにより選定する。そして、該人工骨を埋め込み、周囲を同種の物質であてて補完し、ネジ、セメントなどで固定する。



即ち、従来は、サイズを選択することしか出来ない既製品の人工骨であり、かつ、本来必要な修正をすることが難しい金属やセラミックスのような、内部が密で、剛性が生体より高い人工骨を、体内に挿入し、そのまま使いつづけることが主流である。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、生体において、骨の異常あるいは折損などによって、欠落した部分を補完するモジュール化人工骨に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体における硬組織または軟骨組織の欠損部分に置き換える人工骨であって、複数の棒状モジュールを束ねて、一体に固定して得られ、前記モジュールは、生体活性セラミックス、生分解性高分子素材、または、生体活性セラミックスおよび生分解性高分子素材の複合体から作られており、前記モジュールの周囲に1つ以上の環状溝を備え、該環状溝により該モジュールの長さ方向に対して直角方向に、管状または網状の隙間からなるボルクマン管様の空間が形成され、かつ、前記モジュールの断面形状が、角を丸めた多角形であり、相隣接するモジュール間に該モジュールの軸方向に平行な細い管状孔からなるハーバース管様の空間が形成されていることを特徴とするモジュール化人工骨。

【請求項2】
 
中央部において、全長にわたり少なくとも1本分のモジュール欠損部があって、該欠損部により長さ方向に伸長する髄液穴様空間が形成されていることを特徴とする、請求項1に記載のモジュール化人工骨。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000046450thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close