Top > Search of Japanese Patents > MEASURING METHOD FOR ERROR IN TOOTH PLANE OF BEVEL BEAR

MEASURING METHOD FOR ERROR IN TOOTH PLANE OF BEVEL BEAR

Patent code P110002785
File No. RSP17P01
Posted date Jun 8, 2011
Application number P2000-183906
Publication number P2002-005654A
Patent number P3701845
Date of filing Jun 20, 2000
Date of publication of application Jan 9, 2002
Date of registration Jul 22, 2005
Inventor
  • (In Japanese)吉田 彰
  • (In Japanese)三島 進
Applicant
  • (In Japanese)吉田 彰
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)ゼノー・テック株式会社
Title MEASURING METHOD FOR ERROR IN TOOTH PLANE OF BEVEL BEAR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To establish a method in which error amounts with reference to the design value of the manufactured tooth plane of a bevel gear is measured.
SOLUTION: In the measuring method for errors in the tooth plane of the bevel gear, a three-dimensional tooth plane S, in which many measuring points on the manufactured tooth plane are interpolated and a three-dimensional design valve P of the manufactured tooth plane are compared within a three- dimensional coordinate system, the tooth plane S or the design valve P is subjected to offset displacement in the definite direction of the three-dimensional coordinates, in such a way that an error index which expresses the deviation between the design value P and the bevel gear S becomes minimum, and in a state such that at least a part of the design value P agrees with, or comes closet to the tooth plane S, and shortest design data D up to the tooth plane S from the design value P is calculated as the design amount in the design value P.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一般の平歯車では相互の歯合関係が重要となるため、製造歯面の設計値に対する誤差量は、各製造歯面の断面における平面的な測定だけで十分であり、歯形検査として専用の歯車試験機が多く提供されている。これに対して、かさ歯車のように、製造歯面が傾斜し、3次元曲面を形成している歯車では、製造歯面の設計値に対する誤差量の測定は難しく、当然専用の検査装置は一般化されていない。このことは、日本工業規格において、かさ歯車の精度測定方法が定めらていないことからも伺える。



このため、かさ歯車については、専ら歯当たり検査と実際に使用した際に発生するノイズの良否判定とに頼っており、精密な寸法検査は実施されていないが、既存の各種3次元測定機を用いることで、かさ歯車の製造歯面を形状測定し、得られた3次元歯面を設計値と比較する手法を用いた誤差量の測定していた。具体的には、各製造歯面のピッチ線の交点をZ軸方向の測定基準点とし、同様に得られた設計値の設計基準点に前記測定基準点を重ねた状態で、測定値と設計値とを比較し、製造歯面における誤差量を算出していた。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、かさ歯車の製造歯面の設計値に対する誤差量を精度よく測定する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
かさ歯車の製造歯面の設計値に対する誤差量を測定して再設計値を得る方法であって、該製造歯面の多数の測定点を補間した3次元歯面と、該製造歯面の3次元設計値とを3次元座標内で比較するに際し、各3次元設計値と3次元歯面とのずれを表す誤差指標が最小化するように3次元歯面又は3次元設計値を3次元座標の一定方向へオフセット変位させ、3次元設計値の少なくとも一部が3次元歯面に一致又は最接近した状態で、各3次元設計値から3次元歯面までの最短距離データを各3次元設計値における誤差量として算出し、該誤差量をそのまま3次元設計値にベクトル加算することにより再設計値を得るかさ歯車の再設計値取得方法。

【請求項2】
 
各3次元設計値と3次元歯面とのずれを表す誤差指標が、各3次元設計値から3次元歯面までの最短距離データにおける最大値であり、該最大値が最小化するように3次元歯面又は3次元設計値を3次元座標の一定の方向へオフセット変位させる請求項1記載のかさ歯車の再設計値取得方法。

【請求項3】
 
各3次元設計値と3次元歯面とのずれを表す誤差指標が、各3次元設計値から3次元歯面までの最短距離データにおける最小二乗和であり、該最小二乗和が最小化するように3次元歯面又は3次元設計値を3次元座標の一定の方向へオフセット変位させる請求項1記載のかさ歯車の再設計値取得方法。

【請求項4】
 
オフセット変位の方向が、Z軸方向である請求項1記載のかさ歯車の再設計値取得方法。

【請求項5】
 
最短距離データが、3次元ベクトルデータである請求項1記載のかさ歯車の再設計値取得方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000183906thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close