Top > Search of Japanese Patents > HYDROXY-APATITE NANO PARTICLE AND ITS MANUFACTURING METHOD

HYDROXY-APATITE NANO PARTICLE AND ITS MANUFACTURING METHOD achieved

Patent code P110002808
File No. A121P65
Posted date Jun 8, 2011
Application number P2000-333638
Publication number P2002-137910A
Patent number P4076203
Date of filing Oct 31, 2000
Date of publication of application May 14, 2002
Date of registration Feb 8, 2008
Inventor
  • (In Japanese)田中 順三
  • (In Japanese)古薗 勉
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)国立研究開発法人物質・材料研究機構
  • (In Japanese)国立研究開発法人国立循環器病研究センター
Title HYDROXY-APATITE NANO PARTICLE AND ITS MANUFACTURING METHOD achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To manufacture hydroxy-apatite nano particles in a certain shape, large crystallization with large surface area.
SOLUTION: A hydroxy-atatite nano particle is 50 nm-5 μm in a maximum diameter of a minor axis and 75 nm-10 μm in a maximum diameter of a major axis. The particle is grown in a c-axis direction with a 1-5 aspect ratio (c-axis length/a-axis length) of crystallization, and is truncated column structure having an oblique angle plane at a top-end angle. In manufacturing the hydroxy-apatite fine particles, a calcium solution and a phosphoric acid solution are dissolved in, mixed with, and reacted to a surfactant/water/oil type emulsion phase at a surfactant clouding point or more. By changing ratio of a surfactant functional group and a hydrophile/hydrophobe ratio, a size of hydroxy-apatite nano particles is controlled. The hydroxy-apatite nano particles are used for surface modification of organic high polymer in order to enhance reaction of the particles and the matrix, and are suitable as chromatography packing agents.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ハイドロキシアパタイトは骨および歯の修復材等に用いられている。また、生体高分子化合物の分離や精製等に用いられるクロマトグラフィーの充填剤や、医薬剤やたんぱく質を担持して生体内を輸送するための担体としても使用される。さらに、高分子材料からなるカテーテル基体の、生体への装着状態において生体組織と接触する部分に、ハイドロキシアパタイトを蒸着法等で被覆することも知られている(特開平10-28728号公報)。



ハイドロキシアパタイト微粒子の製造方法としては、界面活性剤-水-無極性有機液体系、または界面活性剤-水-アルカノール無極性有機液体系W/Oマイクロエマルジョン相に、Ca(NO3 2 /アンモニア水溶液および(NH4 2 HPO4 /アンモニア水溶液をそれぞれ可溶化させ、これら可溶化液を混合することにより粒径100nm以下の球状水酸アパタイト超微粒子を製造する方法が知られている(特開平5-17111号公報)。
また、水熱方法によりa,b軸方向に成長した板状アパタイト(特開平6-206713号公報)やa面を優先的に成長させた板状アパタイト(特開平10-45405号公報)も知られている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ハイドロキシアパタイトナノ粒子およびその製造方法ならびにハイドロキシアパタイトナノ粒子の用途に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
短軸の最大直径が50nm~5μm、長軸が75nm~10μmであり、c軸方向に成長し、結晶のアスペクト比(c軸長/a軸長)が1~5であり、先端角が斜角面を有する截頭形柱状構造のハイドロキシアパタイ卜ナノ粒子。

【請求項2】
 
非イオン性界面活性剤/水/オイル系エマルジョン相にカルシウム溶液およびリン酸溶液を可溶化して混合させ、反応させてハイドロキシアパタイ卜微粒子を合成する方法において、前記界面活性剤の曇点以上で反応させることを特徴とする請求項1記載のハイドロキシアパタイ卜ナノ粒子の製造方法。

【請求項3】
 
前記界面活性剤の官能基および親水性/疎水性比の割合を変えることによりハイドロキシアパタイトナノ粒子の大きさを制御することを特徴とする請求項2記載のハイドロキシアパタイ卜ナノ粒子の製造方法。

【請求項4】
 
請求項1記載のハイドロキシアパタイ卜ナノ粒子からなるクロマトグラフィー充填剤。

【請求項5】
 
請求項1記載のハイドロキシアパタイ卜ナノ粒子を用いて表面修飾した有機高分子。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000333638thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close