Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS AND METHOD FOR RECOVERING EVAPORATED HELIUM GAS

APPARATUS AND METHOD FOR RECOVERING EVAPORATED HELIUM GAS achieved

Patent code P110002811
File No. A091P13
Posted date Jun 8, 2011
Application number P2000-358764
Publication number P2002-162159A
Patent number P3488427
Date of filing Nov 27, 2000
Date of publication of application Jun 7, 2002
Date of registration Oct 31, 2003
Inventor
  • (In Japanese)武田 常広
  • (In Japanese)高江 勉
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title APPARATUS AND METHOD FOR RECOVERING EVAPORATED HELIUM GAS achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an apparatus for recovering an evaporated helium gas capable of simply recovering a helium gas to be evaporated from the apparatus in various type system using a cryogenic liquid helium at a low cost.
SOLUTION: The apparatus for recovering the evaporated helium gas comprises a normal line 11 for distributing an evaporated gas in a normal state and connected to a liquid helium storage tank disposed in a magnetic shielding room 1, a cryogenic evaporated gas line 12 connected to the tank to recover the evaporated gas generated at a liquid helium filling time, a heat exchanger disposed in the cryogenic gas line to raise a temperature of the gas flowing through the cryogenic gas line, and a first valve 16 and a second valve 17 provided out of the room in a connecting line for connecting both the lines. In this case, the line for connecting the first valve to the second valve is connected to a gas recovering means or an atmospheric line 15. The cryogenic gas line at an upstream side of the exchanger is constituted of a low temperature resistant material. The normal line in the room is constituted of a nonmagnetic material.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


人間の脳から発生する磁界を検出する脳磁気計測システムの開発が進められている。このシステムでは脳の活動を高時空間分解能で非侵襲的に計測できるSQUID(超電導量子干渉素子)が利用されており、このSQUIDは断熱された槽内に貯留されている液体ヘリウムに侵漬され、冷却された状態で用いられる。
この脳磁気計測システムの概略構成について図3を参照して説明すると、図中、1は磁気シールドルーム、2は磁気シールドルーム内に配置されている計測装置を収容した断熱製の液体ヘリウム貯留槽である。前記貯留槽1には液体ヘリウム3が貯留されており、また同槽2には、同槽2内に液体ヘリウムを供給するトランスファーチューブ4が接続され、トランスファーチューブ4には液体ヘリウムコンテナ5が接続されている。さらに液体ヘリウム貯留槽2には、同槽内で蒸発したヘリウムガスをガス回収バッグあるいは大気に連通する流路6が接続されている。なお、図中、9、10はバルブである。
この脳磁気計測システムでは、液体ヘリウム貯留槽2内で蒸発したヘリウムガスは、蒸発ヘリウムガス流量計7を経由してガス回収バッグ8に回収されるか大気に放出される。一方、液体ヘリウム貯留槽内の液体ヘリウムは蒸発した分だけ減少することになることから、減少した分の液体ヘリウムを補う必要があり、この液体ヘリウム供給方法として、液体ヘリウムコンテナ5からヘリウムガスの背圧を利用して供給する方法等が採用されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、極低温の液体ヘリウムを使用する各種システム(たとえば脳磁気計測システム、心磁図、MRI装置など、極低温における様々の材料物性の開発評価研究等に適用できるシステム)内の装置から蒸発するヘリウムガスを簡便に回収できる蒸発ヘリウムガス回収装置および回収方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
磁気シールドルーム内に配置される液体ヘリウム貯留槽に定常状態での蒸発ガスを流す通常ラインと、液体ヘリウム充填時に発生する蒸発ガスを回収する極低温蒸発ガスラインとを接続し、さらに、極低温蒸発ガスライン中にライン中を流れるガスを昇温させるための熱交換器を配置し、両ラインを接続する接続ライン中でかつ磁気シールドルーム外に第1バルブ、第2バルブを設け、前記第1バルブと第2バルブとの間の接続ラインをガス回収手段または大気ラインに接続し、さらに前記熱交換器の上流側にある極低温蒸発ガスラインを耐低温性材料で構成するとともに前記磁気シールドルーム内にある前記通常ラインを非磁性体材料で構成したことを特徴とする蒸発ヘリウムガス回収装置。

【請求項2】
 
磁気シールドルーム内に配置される液体ヘリウム貯留槽から定常状態で発生する蒸発ガスをガス回収手段に回収するかまたは大気に解放し、また前記液体ヘリウム貯留槽に液体ヘリウム充填時に発生する極低温蒸発ガスを熱交換器によって温度上昇させてから、ガス回収手段に回収するかまたは大気に解放しするようにしたことを特徴とする蒸発ヘリウムガス回収方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000358764thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST Creating the Brain AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close