Top > Search of Japanese Patents > OPTICAL LENS CLAMPING DEVICE

OPTICAL LENS CLAMPING DEVICE achieved

Patent code P110002836
File No. V206P001
Posted date Jun 8, 2011
Application number P2001-065245
Publication number P2002-267909A
Patent number P3456646
Date of filing Mar 8, 2001
Date of publication of application Sep 18, 2002
Date of registration Aug 1, 2003
Inventor
  • (In Japanese)新田 勇
  • (In Japanese)菅野 明宏
  • (In Japanese)小俣 公夫
Applicant
  • (In Japanese)新田 勇
  • (In Japanese)菅野 明宏
  • (In Japanese)小俣 公夫
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title OPTICAL LENS CLAMPING DEVICE achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To make high the precision of the clamping and positioning of respective lenses in the redial and optical-axis directions when the temperature varies by pressing the lens in the ratial direction and optical axis direction when lens spherical parts are clamped.
SOLUTION: The optical lens clamping device is equipped with a lens barrel CE, lenses L1 to L4 in order in the incidence direction of laser light, shrink fitters (clamping member) SS and SB, and a pacer SP. The shrink fitters SS clamps the lenses L1 to L3 and the shrink fitter SB clamps the lens L4. The shrink fitter SB forms a part (1st clamping part) which clamps the circumference of the lens L4 and a part (2nd clamping part) which abuts against the spherical surface part of the lens L4 to clamp the lens L4.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、レーザープリンターやコピー機、レーザー顕微鏡など、レーザーの応用分野の拡大に伴って、レーザー応用装置の高解像度化・高精度化が望まれてきている。このような高解像度化・高精度化のためには、光学系において、レーザービーム径を広い走査幅にわたって結像する走査用レンズの高精度化が重要となってくる。
図7は、従来の光学レンズ締結装置の縦断面図を示す。また、図中の寸法は、一例を示す。図中の光学レンズ接合装置は、鏡筒100、走査用レンズ群11~16及びシュリンクフィッタ(締結部材)110、111を備えている。鏡筒100は、例えばアルミニウム等の金属で形成することができる。鏡筒100は、レーザーが入射する方向(例えば図中右側)から順にレンズ11~16、及びシュリンクフィッタ110、111を備えている。各レンズ11~16は、鏡筒100内でシュリンクフィッタ110及び111により接合されている。また、各レンズ11~16の径は、異径でも同径でもよく、さらには、各レンズ11~16の形は、凸または凹等適宜の形状とすることもできる。シュリンクフィッタ110及び111は、熱膨張係数がアルミニウム等の金属の鏡筒100よりも大きい材料の円筒形状の機械要素である。従来の光学レンズ締結装置では、このようなシュリンクフィッタ110及び111を用いることにより、締りばめをすることを可能としていた。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、光学レンズ締結装置に係り、特に、鏡筒より熱膨張係数が大きい高熱膨張材料製リング等の締結部材を用いることにより、光学レンズを鏡筒に組込むようにした光学レンズ締結装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ひとつの、又は、同形並びに/若しくは異形の形状及び/又は同径並びに/若しくは異径の複数の光学レンズと、
前記光学レンズを内部に収容する鏡筒と、
熱膨張係数が前記鏡筒よりも大きい材料であって、熱膨張係数が前記光学レンズの半径方向に大きく且つ光軸方向に小さくなるような異方性のある材料で形成され、前記光学レンズの円周部分へ接触する第1締結部と、透過光が走査される近傍部分を除く前記光学レンズの円周領域について該第1締結部より半径方向に厚く前記光学レンズの球面部分へ接触する第2締結部とを有し、該第1及び第2の締結部がそれぞれ前記光学レンズの円周部分及び球面部分に接触して前記光学レンズを半径方向に固定し、前記鏡筒と前記光学レンズを締結するための締結部材とを備え、温度変化によらず安定した締結を確保するようにした光学レンズ締結装置。

【請求項2】
 
ひとつの、又は、同形並びに/若しくは異形の形状及び/又は同径並びに/若しくは異径の複数の光学レンズと、
前記光学レンズを内部に収容する鏡筒と、
熱膨張係数が前記鏡筒よりも大きい材料であって、熱膨張係数が前記光学レンズの半径方向に大きく且つ光軸方向に小さくなるような異方性のある材料で形成され、前記光学レンズの円周部分へ接触する第1締結部と、透過光が走査される近傍部分を除く前記光学レンズの円周領域について該第1締結部より半径方向に厚く前記光学レンズの球面部分へ接触する第2締結部とを有し、該第2締結部が前記光学レンズの球面部分に接触して前記光学レンズを光軸方向に固定し、前記鏡筒と前記光学レンズを締結するための締結部材とを備え、温度変化によらず安定した締結を確保するようにした光学レンズ締結装置。

【請求項3】
 
ひとつの、又は、同形並びに/若しくは異形の形状及び/又は同径並びに/若しくは異径の複数の光学レンズと、
前記光学レンズを内部に収容する鏡筒と、
熱膨張係数が前記鏡筒よりも大きい材料であって、熱膨張係数が前記光学レンズの半径方向に大きく且つ光軸方向に小さくなるような異方性のある材料で形成され、前記光学レンズの円周部分へ接触する第1締結部と、透過光が走査される近傍部分を除く前記光学レンズの円周領域について該第1締結部より半径方向に厚く前記光学レンズの球面部分へ接触する第2締結部とを有し、該第2締結部による前記光学レンズの球面部分への締結で前記光学レンズの光軸方向の位置決めを行い、前記鏡筒と前記光学レンズを締結するための締結部材とを備え、温度変化によらず安定した締結を確保するようにした光学レンズ締結装置。

【請求項4】
 
前記締結部材は、一部又は全部の厚さに渡って半径方向にスリットを備えたことを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載の光学レンズ締結装置。

【請求項5】
 
前記締結部材は、前記鏡筒に対して摩擦力で固定されており、前記締結部材と前記鏡筒の間の静止摩擦力に抗した荷重を与えることで、光軸方向に微小に滑らせることが可能であることを特徴とする請求項1乃至4のいずれかに記載の光学レンズ締結装置。

【請求項6】
 
前記光学レンズを透過した光の収束状態を観察する検出部と、
前記締結部材と前記鏡筒の間の静止摩擦力に抗した荷重を与えて微小に滑らせることで、前記光学レンズの光軸方向の位置を微調整する調整機構とをさらに備えたことを特徴とする請求項5に記載の光学レンズ締結装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001065245thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close