Top > Search of Japanese Patents > SCREENING METHOD OF CANDIDATE COMPOUND OF ACID-FAST BACTERIUM GROWTH INHIBITOR AND ACID-FAST BACTERIUM GROWTH INHIBITOR OBTAINED BY THE METHOD

SCREENING METHOD OF CANDIDATE COMPOUND OF ACID-FAST BACTERIUM GROWTH INHIBITOR AND ACID-FAST BACTERIUM GROWTH INHIBITOR OBTAINED BY THE METHOD meetings achieved

Patent code P110003020
File No. S2010-0207-N0
Posted date Jun 15, 2011
Application number P2009-272247
Publication number P2011-110027A
Patent number P5590545
Date of filing Nov 30, 2009
Date of publication of application Jun 9, 2011
Date of registration Aug 8, 2014
Inventor
  • (In Japanese)森井 宏幸
Applicant
  • (In Japanese)学校法人産業医科大学
Title SCREENING METHOD OF CANDIDATE COMPOUND OF ACID-FAST BACTERIUM GROWTH INHIBITOR AND ACID-FAST BACTERIUM GROWTH INHIBITOR OBTAINED BY THE METHOD meetings achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for highly efficiently screening candidate compounds of acid-fast bacterium growth inhibitor harmless to eukaryotes such as human and selectively inhibiting growth of the acid-fast bacteria, and to provide acid-fast bacterium growth inhibitors obtained by the method.
SOLUTION: There is provided a screening method of candidate compounds of acid-fast bacterium growth inhibitors, screening from the test compound group consisting of one or plural test compounds, the test compounds having selectively inhibiting activity to the reaction synthesizing in the cell of the acid-fast bacterium, phosphatidylinositol phosphate (PIP) from CDP-diacylglycerol and inositol monophosphate, and selecting as the candidate compounds of the acid-fast bacterium growth inhibitors.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



抗酸菌は、マイコバクテリウム科マイコバクテリウム属に属する真正細菌の総称であり、その呼称は、細胞壁に多量の脂肪酸を含むためグラム染色法等の通常の染色法に対し難染性を示すが、強力に染色された後は、酸アルコール処理による脱色に抵抗性を示すことに因んでいる。抗酸菌の中には、ヒトや動物に対する病原性を有するものが多数存在し、その代表例としては、結核菌(Mycobaterium tuberculosis)、らい菌(Mycobacterium leprae)、非結核性抗酸菌(病原性のものとしては、Mycobacterium avium、Mycobacterium kansasii等)が挙げられる。抗酸菌により引き起こされる疾患には、根治が困難なものや、最悪の場合には死に至るものも多いため、有効な薬剤の開発が重要な課題である。





従来、結核の治療には、ストレプトマイシン、カナマイシン等の抗結核薬が用いられている。非結核性抗酸菌感染症の治療には、抗結核薬と、イソニコチン酸ヒドラジド、リファンピシン、エタンブトール等の一般抗生物質とを組み合わせた多剤併用療法が用いられている。しかし、これらの薬剤療法には、薬剤耐性の発現、副作用等の問題がある。また、適用可能な薬剤の種類が限定されているため、副作用が生じた場合に代替可能な薬剤がなく、減感作を行いながら投与を続行せざるを得ないという問題が生じる場合もある。





抗酸菌の細胞壁の構成成分であるリポアラビノマンナン(LAM)ならびにその前駆体であるホスファチジルイノシトールマンノシド(PIM)およびホスファチジルイノシトール(PI)が、抗酸菌の生育や宿主への感染の成立において重要な役割を果たしていることが近年の研究で明らかになった(例えば、非特許文献1および2参照)。そこで、抗酸菌におけるこれらの細胞壁構成リン脂質の生合成を阻害する化合物が、抗酸菌に由来する疾患の新規な治療薬として注目を集めている。





例えば、特許文献1には、抗酸菌の細胞壁の構成成分であるリポマンナン(LM)および/またはリポアラビノマンナン(LAM)の生合成を阻害する物質をスクリーニングする物質のスクリーニング方法が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、抗酸菌生育阻害剤の候補化合物をスクリーニングする技術に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
1または複数の被検化合物からなる被検化合物群の中から、抗酸菌の菌体内においてCDP-ジアシルグリセロールとイノシトール1-リン酸とからホスファチジルイノシトールリン酸(PIP)を合成する反応を選択的に阻害する被検化合物をスクリーニングし、抗酸菌生育阻害剤の候補化合物として選定することを特徴とする抗酸菌生育阻害剤の候補化合物のスクリーニング方法。

【請求項2】
 
前記被検化合物の存在下および非存在下で前記反応を触媒する酵素の活性を測定し、それぞれの場合における酵素活性の比から、各被検化合物について前記阻害活性の有無を判定することを特徴とする請求項1記載のスクリーニング方法。

【請求項3】
 
前記被検化合物による、CDP-ジアシルグリセロールおよび/またはイノシトール1-リン酸と前記酵素との結合阻害の有無を測定することを特徴とする請求項2記載のスクリーニング方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009272247thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close