Top > Search of Japanese Patents > CONTROL AND MEASURING METHOD OF MICROFLOW RATE AND ITS DEVICE

CONTROL AND MEASURING METHOD OF MICROFLOW RATE AND ITS DEVICE commons

Patent code P110003021
File No. Y01-P572
Posted date Jun 15, 2011
Application number P2002-169460
Publication number P2004-012402A
Patent number P3739726
Date of filing Jun 11, 2002
Date of publication of application Jan 15, 2004
Date of registration Nov 11, 2005
Inventor
  • (In Japanese)樋口 俊郎
  • (In Japanese)鳥居 徹
  • (In Japanese)西迫 貴志
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title CONTROL AND MEASURING METHOD OF MICROFLOW RATE AND ITS DEVICE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a control and measuring method of a microflow rate and its device capable of measuring quickly and precisely the flow rate of generated micro-droplets.
SOLUTION: In this control and measuring method of the microflow rate for measuring the micro-droplets 7 generated by discharging a dispersed phase 6 on the microflow side to be measured relative to a continuous phase 5 flowing in a micro-channel, from a dispersed phase supply port 4 in the direction crossing the flow of the continuous phase 5, the microflow rate is measured based on the volume and the generation rate of the generated micro-droplets 7.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来からの微少流量測定は、細いパイプ内に流体を定常流として流してその速度をカウントすることで行われていたが、最近の半導体やバイオ分野の進歩に伴なう微少流量計測の要望に対しては必ずしも満足できていない状況にある。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、微少流量の制御・計測方法およびその装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
両側に形成されるマイクロチャンネル中を流れる連続相の合流ポイントで、前記連続相の流れに交差するように測定すべき微少流れ側である分散相を送り出すことにより生成される微小液滴を計測する微少流量の制御・計測方法において、
前記生成される微小液滴の体積と生成レートに基づいて微少流量を計測することを特徴とする微少流量の制御・計測方法。

【請求項2】
 
請求項1記載の微少流量の制御・計測方法において、前記生成される微小液滴の体積及び生成レートを、前記分散相のマイクロチャンネルの高さを変化させることにより変化可能にすることを特徴とする微少流量の制御・計測方法。

【請求項3】
 
請求項1記載の微少流量の制御・計測方法において、前記生成される微小液滴の体積及び生成レートを、前記分散相のマイクロチャンネルの幅を変化させることにより変化可能にすることを特徴とする微少流量の制御・計測方法。

【請求項4】
 
請求項1記載の微少流量の制御・計測方法において、前記生成される微小液滴の体積及び生成レートを、前記連続相のマイクロチャンネルの高さ変化させることにより変化可能にすることを特徴とする微少流量の制御・計測方法。

【請求項5】
 
請求項1記載の微少流量の制御・計測方法において、前記生成される微小液滴の体積及び生成レートを、前記連続相のマイクロチャンネルの幅を変化させることにより変化可能にすることを特徴とする微少流量の制御・計測方法。

【請求項6】
 
請求項1記載の微少流量の制御・計測方法において、前記生成される微小液滴の体積及び生成レートを、前記連続相の流量を変化させることにより変化可能にすることを特徴とする微少流量の制御・計測方法。

【請求項7】
 
両側に形成されるマイクロチャンネル中を流れる連続相の合流ポイントで、前記連続相の流れに交差するように測定すべき微少流れ側の分散相を送り出すことにより生成される微小液滴を計測する微少流量の制御・計測装置において、
(a)前記生成される微小液滴の体積を求める手段と、
(b)前記生成される微小液滴の生成レートを求める手段と、
(c)前記生成される微小液滴の体積と生成レートに基づいて微少流量を計測する手段とを具備することを特徴とする微少流量の制御・計測装置。

【請求項8】
 
請求項7記載の微少流量の制御・計測装置において、前記微小液滴の生成レートを求める手段は、微小液滴の単位時間当たりのカウント数を計測する装置であることを特徴とする微少流量の制御・計測装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002169460thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close