Top > Search of Japanese Patents > CANCER DIAGNOSTIC METHOD BY DOUBLE STAINING

CANCER DIAGNOSTIC METHOD BY DOUBLE STAINING achieved

Patent code P110003066
File No. Y02-P113
Posted date Jun 15, 2011
Application number P2002-324433
Publication number P2004-157053A
Patent number P4004385
Date of filing Nov 7, 2002
Date of publication of application Jun 3, 2004
Date of registration Aug 31, 2007
Inventor
  • (In Japanese)椙村 春彦
  • (In Japanese)五十嵐 久喜
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title CANCER DIAGNOSTIC METHOD BY DOUBLE STAINING achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a highly accurate cancer detection diagnostic method capable of discriminating between a morphologic signal useful for HER-2 positive object sample selection and a signal of a genetic level, clearly as a visual image.
SOLUTION: Detection diagnosis of cancer tissue is performed by following procedures. (1) Immuno-stain of a pathologic sample is performed to acquire DAB color development of a cell membrane. (2) A fluorescent marker is added to a cell chromosome. (3) New fuchsin color development is carried out to clarify the contour shape of a cancer cell, and simultaneously its chromosome kinetochore is visualized.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


HER-2タンパク質を産生する遺伝子、すなわち、HER2/neu遺伝子はがん遺伝子のひとつとして注目されており、1986年にその配列が決定されている。この遺伝子はチロシンキナーゼ活性をもつ受容体型のタンパクで分子量185kDaの膜貫通型タンパクをコードしており、細胞外のシグナルを細胞内に伝達し細胞増殖を促進する機能を担っている。そして、乳癌や卵巣癌・胃癌において高頻度に増幅または過剰発現していることが知られている。このためHER2/neu遺伝子の増幅あるいはタンパクの過剰発現は、癌の早期再発や予後不良と相関し、乳癌や卵巣癌・胃癌などの臨床経過を予測する上で非常に有用である。特に乳癌においては、全患者の25~30%においてHER-2タンパクの過剰発現がみられ、こういった患者では転移をきたしやすく、進行が早いため生存率も低いことがわかっている。



そこで、新規なガン治療剤のスクリーニング等においては、一般病理検査の対象とされた細胞がHER-2タンパク質を過剰発現しているかどうかを迅速に判定し、しかも対象とされる細胞を高精度に検出・診断することが重要な課題になっている。



このような状況において、免疫染色法による判定方法が開発され、また、螢光マーカーの付与による観察との比較方法が提案されている(文献1および2)。



【表1】


Field of industrial application (In Japanese)


この出願の発明は、二重染色法によるガン検出方法に関するものである。さらに詳しくは、この出願の発明は、近年注目されるガン細胞増殖阻害剤であるハーセプチン等の治療対象症例(HER-2陽性)の選択に有用な、形態学的シグナルと遺伝子レベルのシグナルとが明瞭に可視画像として判別可能とされる、高精度なガン検出方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
次の手順によりHER-2陽性の対象例についてガン組織を検出することを特徴とする二重染色法によるガン検出方法。
(I)病理標本を免疫染色して細胞膜をDAB発色させた後、
(II)細胞染色体に螢光マーカーを付与し、蛍光レーザー顕微鏡で染色体を観察する。次いで、
(III)前記細胞染色体にアルカリホスファターゼ標識抗FITC抗体を反応させてニューフクシン発色させて、ガン細胞の細胞染色体および形状を可視化する。

【請求項2】
 
細胞染色体への螢光マーカーの付与は、マイクロウェーブ間欠照射による螢光In situハイブリダイゼーションとして行うことを特徴とする請求項1の二重染色法によるガン検出方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002324433thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close