Top > Search of Japanese Patents > LIGHT AMPLIFYING DEVICE

LIGHT AMPLIFYING DEVICE

Patent code P110003096
File No. RJ005P88
Posted date Jun 16, 2011
Application number P2003-006342
Publication number P2004-221278A
Patent number P4107653
Date of filing Jan 14, 2003
Date of publication of application Aug 5, 2004
Date of registration Apr 11, 2008
Inventor
  • (In Japanese)藤本 正俊
  • (In Japanese)高橋 宏典
  • (In Japanese)浦上 恒幸
  • (In Japanese)青島 紳一郎
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)浜松ホトニクス株式会社
Title LIGHT AMPLIFYING DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a light amplifying device capable of securely reducing influence of return light.
SOLUTION: The light amplifying device is equipped with a light amplifying element 2 such as titanium sapphire crystal, an incidence optical system 1 which makes input light L1 incident on the light amplifying element 2, a projection optical system 3 which projects amplified light generated as a result of amplification by the light amplifying element 2 as output light L2, and an excitation part 4. A light branch 30 composed of a beam splitter etc., is installed at a specified position on the optical path of the projection optical system 3, and part of the amplified light is branched to generate branch light L3. Then the branch light L3 is made incident on the light amplifying element 2 through a branch light incidence optical system 5 in specified incidence timing before the return light of the output light L and excitation energy which is left in the light amplifying element 2 after the input light L1 is amplified as to excitation energy supplied from the excitation part 4 is consumed through the amplification of the branch light L3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


入力光のエネルギーを増幅する装置として、励起エネルギーを供給することによって光増幅素子を励起し、被増幅光である入力光を励起された状態にある光増幅素子へと入射して誘導放出を発生させ、これによって入力光を増幅して出力する光増幅装置が知られている。このような光増幅装置としては、例えば、TWA(Traveling-Wave Amplifier)などの半導体光増幅器(文献1)や、光ファイバ増幅器、光パルスの増幅に用いられる再生光増幅器(文献2)、マルチパス増幅器(文献3)などがある。



【非特許文献1】
J. Klebniczki et al., "Generation of tunable femtosecond pulses in a traveling-wave amplifier", Opt. Lett. Vol.15 No.23 (1990), p.1368-1370.



【非特許文献2】
T. Miura et al., "Timing jitter in a kilohertz regenerative amplifier of a femtosecond-pulse Ti:Al2O3 laser", Opt. Lett. Vol.25 No.24 (2000), p.1795-1797.



【非特許文献3】
K. Yamakawa and C. P. J. Barty, "Ultrafast, Ultrahigh-Peak, and High-Average Power Ti:Sapphire Laser System and Its Applications", IEEE J. Sel. Top. Quant. Electr. Vol.6 No.4 (2000), p.658-675.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、入力光を増幅して出力する光増幅装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
パルス状の入力光を増幅する光増幅手段と、
前記入力光を増幅するためのパルス状の励起エネルギーを前記光増幅手段に供給する励起手段と、
前記入力光を前記光増幅手段へと入射する入射光学系と、
前記光増幅手段により前記入力光が増幅された結果得られる増幅光を出力光として出射する出射光学系と、
前記入射光学系及び前記出射光学系を含む光学系の所定位置に設置され、前記入力光または前記増幅光の一部を分岐する光分岐手段と、
前記光分岐手段で分岐された分岐光を所定の入射タイミングで前記光増幅手段へと入射する分岐光入射光学系と
を備え
前記分岐光入射光学系は、装置の出力側にある光を反射する媒質で前記出力光が反射された結果生成される戻り光について、前記入力光よりも後で前記戻り光よりも前となる前記入射タイミングで前記分岐光を前記光増幅手段へと入射させ、前記入力光を増幅した後に前記光増幅手段に残留している前記励起エネルギーを消費させることを特徴とする光増幅装置。

【請求項2】
 
前記光分岐手段は、前記出射光学系に設置されて前記増幅光の一部を分岐して、前記分岐光を生成ることを特徴とする請求項1記載の光増幅装置。

【請求項3】
 
前記光分岐手段は、前記入射光学系に設置されて前記入力光の一部を分岐して、前記分岐光を生成ることを特徴とする請求項1記載の光増幅装置。

【請求項4】
 
前記分岐光入射光学系によって前記光増幅手段へと入射した前記分岐光が前記光増幅手段により増幅された結果得られる増幅光を分岐出力光として出射する分岐光出射光学系を備えることを特徴とする請求項1~3のいずれか一項記載の光増幅装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003006342thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close