Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND DEVICE FOR CONTINUOUSLY RECOVERING VALUABLE FROM URINE

METHOD AND DEVICE FOR CONTINUOUSLY RECOVERING VALUABLE FROM URINE achieved

Patent code P110003179
File No. A151P53
Posted date Jun 17, 2011
Application number P2003-161617
Publication number P2004-358402A
Patent number P4025244
Date of filing Jun 6, 2003
Date of publication of application Dec 24, 2004
Date of registration Oct 12, 2007
Inventor
  • (In Japanese)松井 三郎
  • (In Japanese)長坂 俊樹
  • (In Japanese)津野 洋
  • (In Japanese)清水 芳久
  • (In Japanese)松田 知成
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)前澤工業株式会社
Title METHOD AND DEVICE FOR CONTINUOUSLY RECOVERING VALUABLE FROM URINE achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method and a device for effectively recovering valuables included in urine.
SOLUTION: Using an excrement-urine separation tray 1, excrement and urine are separated to recover. Thus, a contaminous problem caused by pathogenic microorganisms is evaded, and, from urine comprising the great part of valuables, continuous separation recovery can efficiently be performed with phosphorous as the precipitates of MAP (Magnesium Ammonium Phosphate) as slow-acting fertilizer, and nitrogen as ammonia nitrogen. In the urine separated by the excrement-urine separation tray 1, pH increases to about 9.2 by ammonia generated together with the decomposition of urine by being stored in a storage tank 2, and the ammonia is not dissipated. Thus, by adding magnesium salt thereto in a reaction tank 5, MAP can be recovered without the addition of alkali.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


日本では古来より屎尿は農業肥料に利用されていたが、この場合は屎尿を分離することなく、屎尿混合物の状態で農地に適用していた。しかし、現在では作物生育のための肥料として屎尿を用いられることはなく、化学肥料に置換されており、屎尿は下水処理施設において分解処理されている。下水処理により得られた汚泥は脱水された後、一部は埋め立て処分され、残りは焼却されている。



前記屎尿から得られた汚泥は有機物、りんおよびアンモニアなどの有価物を含むが、それらは有効利用されないまま、前述のように埋め立て材料として利用され又は焼却処分されているのが現状である。



一方、下水中のりん及び窒素等の有効成分を回収する研究開発が盛んに行われているが、その中でりんをりん酸マグネシウムアンモニウム(MAP)として回収する技術がある。下記論文には、汚水のpHを9.0以上にすることでMAPの沈殿物の生成が速いことなどが開示されている。



【非特許文献1】
「下水道協会誌論文集」第28巻、第324号、(2002年)、津野洋、宗宮功、吉野正章、「消化槽脱離液からのストラバイトの回収に関する研究」、68頁~77頁

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、尿中の有価物を連続的に効率良く回収できる方法および装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
屎尿から分離した尿又は男子小便器から回収した尿を放置して尿中のpHが9.0以上になると、マグネシウム含有化合物を尿に添加して尿中のりん成分をマグネシウム化合物として回収し、該りん成分を回収した後の尿を空気のバブリングによりアンモニア成分をアンモニアガスとして回収することを特徴とする尿から有価物を連続的に回収する方法。

【請求項2】
 
屎尿から分離して回収した尿又は男子小便器から回収した尿に尿素分解酵素を添加して尿中のpHが9.0以上になると、マグネシウム含有化合物を尿に添加して尿中のりん成分をマグネシウム化合物として回収し、該りん成分を回収した後の尿を空気のバブリングによりアンモニア成分をアンモニアガスとして回収することを特徴とする尿から有価物を連続的に回収する方法。

【請求項3】
 
屎尿を分離して尿を回収する屎尿分離トイレ又は男子小便器と、屎尿分離トイレから分離した尿又は男子小便器から回収した尿を一時的に貯留する尿貯留槽と、尿貯留槽からの尿とマグネシウムイオン含有溶液を供給して固体のマグネシウム化合物を生成させる反応槽とを備えたことを特徴とする尿中の有価物を回収する装置。

【請求項4】
 
反応槽から分離された尿を空気によるバブリング処理によりアンモニアガスを回収するアンモニア回収槽を備えたことを特徴とする請求項3記載の尿中の有価物を回収する装置。

【請求項5】
 
反応槽は中央部に攪拌機を備えた反応部と、反応部の外周部に設けた沈降部と、反応部の底部と沈降部の底部に、反応部と沈降部を連通させ、かつ固体反応生成物を溜めて外部に取り出し可能にした漏斗状取出部を備えたことを特徴とする請求項3記載の尿中の有価物を回収する装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003161617thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST Research and Development of System Technologies for Resource Recycling and Minimum Energy Requirement AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close