Top > Search of Japanese Patents > DEVICE AND METHOD FOR CORRECTING LIGHT IRRADIATION POSITION OF OPTICAL RECONSTRUCTION TYPE GATE ARRAY

DEVICE AND METHOD FOR CORRECTING LIGHT IRRADIATION POSITION OF OPTICAL RECONSTRUCTION TYPE GATE ARRAY

Patent code P110003196
File No. RSP53P13
Posted date Jun 17, 2011
Application number P2003-273030
Publication number P2005-031551A
Patent number P3916592
Date of filing Jul 10, 2003
Date of publication of application Feb 3, 2005
Date of registration Feb 16, 2007
Inventor
  • (In Japanese)渡邊 実
  • (In Japanese)小林 史典
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title DEVICE AND METHOD FOR CORRECTING LIGHT IRRADIATION POSITION OF OPTICAL RECONSTRUCTION TYPE GATE ARRAY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method and a device for correcting the light irradiation position of an optical reconstruction type gate array with which positioning accuracy is automatically corrected by correcting a light direction.
SOLUTION: An x-coordinate correction optical circuit 3, a y-coordinate correction optical circuit 4, a first rotation direction correction optical circuit 5 and a second rotation direction correction optical circuit 6 are disposed between a hologram 1 which is an optical information storage medium and an LSI part 2. A photodiode array 7 consisting of two-dimensionally arrayed photodiodes, which are a light receiving part, is formed on the LSI part 2. Any of the x-coordinate correction optical circuit 3, the y-coordinate correction optical circuit 4, the first rotation direction correction optical circuit 5 and the second rotation direction correction optical circuit 6 is constructed of a birefringent optical crystal which has ordinary light and extraordinary light such as calcite and a spatial light modulator which changes over the polarization direction of incident light with voltage application. For example, a liquid crystal is used as this kind of spatial light modulator.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


光再構成型ゲートアレイでは回路の記憶手段として光情報記憶媒質(ホログラムや光マスク)が用いられている。
光再構成型ゲートアレイは、光によって高速で構成(プログラム)、再構成(再プログラム)が可能なデバイスであり、従来シリアルに行われていた再構成回路を受光素子に置き換えることによって、光により並列的な構成・再構成を可能としたデバイスである。
従来の光再構成型ゲートアレイでは、ホログラムが高い位置精度でLSI部と固定されており、容易にホログラムを交換することは難しく、この点が実用化を困難にしていた。



従来のFPGA(Field Programmable Gate Array)やPLD(Programmable Logic Device)の様なプログラマブル・デバイスのように、目的に応じて簡単に回路を変更できるようにするためには、ホログラムのような光情報記憶媒質を人の手によって交換できるようにすることが必要となる。
従来の技術では、マイクロメータを備えた位置決め用のステージにLSI部を固定し、このステージを手動によって位置合わせを行うことで、ホログラムとLSI間の位置ずれを補正していた。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、光再構成型ゲートアレイの光照射位置補正装置及びその方法に関し、特に、複屈折光学結晶と空間光変調素子を用いて簡便に光照射位置を補正することが可能な光再構成型ゲートアレイの光照射位置補正装置及びその方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
光情報記憶媒質であるホログラムと、フォトダイオードアレイが形成されたLSI部との間に設けられた光再構成型ゲートアレイの光照射位置補正装置であって、X座標補正光回路、Y座標補正光回路、及び回転方向補正光回路を備え、前記X座標補正光回路、前記Y座標補正光回路、前記回転方向補正光回路はいずれも、複屈折光学結晶と空間光変調素子とを交互に積層してなり、前記回転方向補正光回路は、前記LSI部のY軸方向を前記複屈折光学結晶において異常光の進行方向がずれを発生する方向とし、前記Y軸方向について原点から遠ざかるに従って前記複屈折光学結晶の厚みを増加させ、かつ前記複屈折光学結晶の各層の厚み増加の傾斜角度を異ならせた第1の回転方向補正光回路と、前記LSI部のX軸方向を前記複屈折光学結晶において異常光の進行方向がずれを発生する方向とし、前記X軸方向について原点から遠ざかるに従って前記複屈折光学結晶の厚みを増加させ、かつ前記複屈折光学結晶の各層の厚み増加の傾斜角度を異ならせた第2の回転方向補正光回路と、からなり、前記複屈折光学結晶の各層の厚みは、厚み増加の傾斜角度が2のべき乗で順次変化するように、前記複屈折光学結晶が形成されていることを特徴とする光再構成型ゲートアレイの光照射位置補正装置。

【請求項2】
 
前記LSI部に照射される光ビームの位置ずれ情報が前記空間光変調素子に送出され、この位置ずれ情報に応じて、前記空間光変調素子が入射光の偏光方向を切替えて光補正量を制御することを特徴とする請求項1に記載の光再構成型ゲートアレイの光照射位置補正装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003273030thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close