Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND APPARATUS FOR STERILIZING WATER

METHOD AND APPARATUS FOR STERILIZING WATER achieved

Patent code P110003338
File No. Y03-P569
Posted date Jun 20, 2011
Application number P2004-111229
Publication number P2005-288415A
Patent number P4645936
Date of filing Apr 5, 2004
Date of publication of application Oct 20, 2005
Date of registration Dec 17, 2010
Inventor
  • (In Japanese)長澤 武
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title METHOD AND APPARATUS FOR STERILIZING WATER achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To largely reduce the power consumption of an apparatus for sterilizing water by sterilizing water by using electricity of a low voltage.
SOLUTION: The apparatus 10 for sterilizing water is composed of an electrode unit 12 and a power supply unit 14. The electrode unit 12 has one first application electrode 16, a plurality of second application electrodes 18 and a plurality of floating electrodes 20 and is formed into a hexagonal shape in plan view. The first application electrode 16 is placed in the central part of the electrode unit 12. The plurality of second application electrodes 18 are placed in the outer edge parts of the electrode unit along the sides of the hexagonal shape. Each of the floating electrodes 20 is placed between the first application electrode 16 and any of the second application electrodes 18. The first application electrode 16 and the second application electrodes 18 are connected to a power supply part 40 of the power supply unit 14 and a pulsed voltage is applied between the first application electrode and each of the second application electrodes.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、水道水などの飲料水や、プールの水、公衆浴場のお湯などを殺菌する場合、一般に水中に塩素などの化学物質(薬品)を投入して行なっていた。しかし、化学物質による殺菌は、化学物質によって水の味が変わるばかりでなく、化学物質の臭いがして人に不快感を与える。



また、水中に放射線を照射して殺菌する方法も開発されている。しかし、放射線を照射して殺菌する方法は、水が分解されてOHラジカルを生じ、OHラジカルによって水が改質され、味が変わってしまう。しかも、放射線による殺菌方法は、大量の水を殺菌することができない。そこで、近年は、特許文献1に記載されているように、水中に電極を配置して電極間に電圧を印加し、電気化学的に水処理をして殺菌する方法が行なわれるようになっている。



すなわち、特許文献1には、被処理水中に配置した陽極と陰極との間に高電圧パルスを印加し、被処理水中で陽極と陰極との間で放電させる。そして、放電による強い衝撃力と、高い電界強度、水の電気分解により生ずる酸素の活性種などによって、被処理水を殺菌するようにしている。
【特許文献1】
特開2004-89935号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、水の殺菌方法に係り、特に水中に配置した電極間に電圧を印加して殺菌する水の殺菌方法および装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
中心部に置かれた第1印加電極と、その周囲に互いに等間隔に容量結合可能に配列した複数の浮遊電極の周囲を取り囲んで互いに電気接続された複数の第2印加電極との間にパルス電圧を印加しつつ、それらの間の容量結合された複数の浮遊電極間に前記被処理水を通水して殺菌することを特徴とする水の殺菌方法。

【請求項2】
 
被処理水中に配置可能な電極ユニットを有し、この電極ユニットはその中心部に配置される第1印加電極と、当該第1印加電極の周囲に互いに等間隔に容量結合可能に配列した浮遊電極と、当該浮遊電極の周辺部に互いに電気的に接続された第2印加電極とから構成し、
前記第1電極と第2電極との間にパルス電圧を印加しつつ、前記複数の浮遊電極を容量結合させる電源ユニットを備えてなる、
ことを特徴とする水の殺菌装置。

【請求項3】
 
請求項2に記載の水の殺菌装置において、
前記各浮遊電極は、円柱状に形成してあって、等間隔に配置してあることを特徴とする水の殺菌装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004111229thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close