Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS FOR PRODUCING EMULSION

APPARATUS FOR PRODUCING EMULSION achieved

Patent code P110003368
File No. Y03-P202-2
Posted date Jun 21, 2011
Application number P2004-209334
Publication number P2004-351417A
Patent number P3860186
Date of filing Jul 16, 2004
Date of publication of application Dec 16, 2004
Date of registration Sep 29, 2006
Priority data
  • P2001-048097 (Feb 23, 2001) JP
  • P2001-238624 (Aug 7, 2001) JP
Inventor
  • (In Japanese)樋口 俊郎
  • (In Japanese)鳥居 徹
  • (In Japanese)西迫 貴志
  • (In Japanese)谷口 友宏
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title APPARATUS FOR PRODUCING EMULSION achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an apparatus for producing emulsion with which emulsion can rapidly produced in a simple manner.
SOLUTION: The apparatus for producing emulsion is provided with: a substrate 111 having a parallel electrode 112; and a microchannel 113 formed on the substrate 111. A dispersion phase 114 on the upstream side in the microchannel 113 is sucked/exhausted by a migration electric field applied to the parallel electrode 112 to form emulsion.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、微小なエマルション(マイクロスフィアを含む)の製造装置は薬品の製造過程において用いられており、いくつかの製造法が提案されている。例えば、第1溶液中に第2溶液を滴下する方法から、2重管の内側より空中に向けて第1溶液を滴下、外側より第2溶液を滴下する方法などさまざまである(例えば、特表平8-508933号公報参照)。また、空中への液滴散布方法としては、インクジェットプリンタなどで用いられている圧電によって液滴を噴出させる方式がある。
【特許文献1】
なし

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、水、油、および化学的に不活性な液体中での、微小なエマルションの製造装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)平行電極を持つ基板と、
(b)該基板上に形成されるマイクロチャンネルとを備え、
(c)前記マイクロチャンネルの上流側の分散相を前記平行電極に印加される移動電界により吸引・排出してエマルションを生成させることを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項2】
 
請求項1記載のエマルションの製造装置において、連続相側の平行電極の配置を変えることにより、生成されたエマルションを所定の方向に案内可能にすることを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項3】
 
請求項1記載のエマルションの製造装置において、前記平行電極に印加する移動電界の移動速度を変えることにより、エマルションの生成速度を変化可能にすることを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項4】
 
(a)分散相の液槽下部に、複数のマイクロチャンネルが形成された剛体部材に挟着される弾性部材と、
(b)該弾性部材に応力を印加するアクチュエータと、
(c)前記複数のマイクロチャンネルが連通する連続相を具備することを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項5】
 
請求項4記載のエマルションの製造装置において、複数の分散相を供給する手段として、基板と被駆動板と該基板と被駆動板間に配置される弾性部材及び前記被駆動板を駆動するアクチュエータとを備え、前記複数の分散相を同時に供給することを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項6】
 
請求項4記載のエマルションの製造装置において、前記複数のマイクロチャンネルの流路の径の下部が絞られるテーパを形成することを特徴とするエマルションの製造装置。

【請求項7】
 
請求項4記載のエマルションの製造装置において、前記複数のマイクロチャンネルの流路の径の下部が絞られる第1のテーパと流路の径の更なる下部が拡げられる第2のテーパを有する突起を形成することを特徴とするエマルションの製造装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004209334thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close