Top > Search of Japanese Patents > PERCUTANEOUS TERMINAL AND MEDICAL TUBE

PERCUTANEOUS TERMINAL AND MEDICAL TUBE

Patent code P110003483
File No. K020P62
Posted date Jun 22, 2011
Application number P2005-136697
Publication number P2005-342508A
Patent number P4686743
Date of filing May 9, 2005
Date of publication of application Dec 15, 2005
Date of registration Feb 25, 2011
Priority data
  • P2004-138855 (May 7, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)古薗 勉
  • (In Japanese)岸田 晶夫
  • (In Japanese)田中 順三
  • (In Japanese)安田 昌司
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)財団法人ヒューマンサイエンス振興財団
  • (In Japanese)国立研究開発法人物質・材料研究機構
Title PERCUTANEOUS TERMINAL AND MEDICAL TUBE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a percutaneous terminal having high adhesion with a biotissue and capable of fixing a medical tube near a percutaneous part.
SOLUTION: This percutaneous terminal 1 fixes a position of the biotissue existing around the medical tube inserted into an organism, at least a part of the surface of a substrate is covered with calcium phosphate complex formed by chemically bonding the substrate with the sintered calcium phosphate body. Preferably, the transdermal terminal 1 has a shape having a flange part in a trunk part.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、経皮カテーテル等の体内留置型医療用デバイスが医療に用いられている。例えば、上記経皮カテーテルは、生体外から生体内に挿入され、腹膜透析等の医療行為が行われている。ところが、経皮カテーテル等の体内留置型医療用デバイスを生体内に埋植(移植)した場合、生体組織が、上記体内留置型医療用デバイスを異物と認識してしまう。そして、上記生体組織と上記医療用デバイスとが密着しないため、表皮がカテーテルに沿って内側に落ち込むいわゆるダウングロース(上皮組織がカテーテル表面に沿って内部へ陥入していく現象)が生じることとなる。そして、このダウングロースが深くなると消毒が行き届かず、細菌の感染経路を形成することとなり、皮膚の炎症などを引き起こしてしまう。そして、最終的には上記体内留置型医療用デバイスを引き抜かなければならない状態を生じてしまうという問題がある。そこで、このような問題点を解決するために、生体密着性を付与した様々な体内留置型医療用デバイスが提案されている。



例えば、体内留置型医療用デバイスとして、生体適合性の高いハイドロキシアパタイトセラミックスからなる経皮端子が提案されている(非特許文献1参照)。



また、表面に生体適合性の高いハイドロキシアパタイトを接着や溶融によって取り付けている経皮カテーテルが提案されている。
【非特許文献1】
H. AOKI, in“Medical Applications of Hydroxyapatite” (Ishiyaku EuroAmerica Inc., 1994) p. 133

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば、体内留置型医療用デバイスにおける生体内挿入部での細菌感染を防止するための経皮端子に関するものであり、より詳細には、生体密着性が高い経皮端子に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体内に挿入される医療用チューブを当該医療チューブの挿入位置で固定する経皮端子であって、
上記医療用チューブを保持する基体の表面の少なくとも一部が、基材と生体親和性セラミックスとが化学結合してなる生体親和性セラミックス複合体で被覆されており、
上記生体親和性セラミックス複合体は、多数の粒子状の生体親和性セラミックス複合体であることを特徴とする経皮端子。

【請求項2】
 
上記基体には、上記医療用チューブの挿入方向に対する当該基体の移動を抑制する鍔部が設けられていることを特徴とする請求項1記載の経皮端子。

【請求項3】
 
上記鍔部には、穴部が形成されていることを特徴とする請求項2記載の経皮端子。

【請求項4】
 
上記鍔部が、上記基体の一端から他端までの間に設けられているとともに、上記一端から鍔部を含む領域のみが、上記生体親和性セラミックス複合体で被覆されていることを特徴とする請求項2記載の経皮端子。

【請求項5】
 
上記鍔部は、医療用チューブの挿入方向に対して所定の角度を有するように設けられていることを特徴とする請求項2記載の経皮端子。

【請求項6】
 
上記鍔部の形状は、鍔部の生体への差し込み側の先端が先細形状であり、かつ鍔部の生体への差し込み方向と反対側の反部が先端に向かって広がっている形状であることを特徴とする請求項2~5のいずれか1項に記載の経皮端子。

【請求項7】
 
上記医療用チューブと一体化されてなることを特徴とする請求項1~6のいずれか1項に記載の経皮端子。

【請求項8】
 
上記生体親和性セラミックスがリン酸カルシウムであることを特徴とする請求項1~7のいずれか1項に記載の経皮端子。

【請求項9】
 
上記生体親和性セラミックスがリン酸カルシウムであるリン酸カルシウム複合体は、長軸方向の長さが1μm~1cmの範囲内であり、短軸方向の長さが1nm~1mmの範囲内である柱状または球状の形状であることを特徴とする請求項8に記載の経皮端子。

【請求項10】
 
上記基材がシルクフィブロインであることを特徴とする請求項1~9のいずれか1項に記載の経皮端子。

【請求項11】
 
上記生体親和性セラミックス複合体は、基体に対して起毛状態となるように被覆されている請求項1~10のいずれか1項に記載の経皮端子。

【請求項12】
 
請求項1~11のいずれか1項に記載の経皮端子を備えることを特徴とする医療用チューブ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005136697thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) PRESTO Nanostructure and Material Property AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close