Top > Search of Japanese Patents > OPTICAL PULSE COMPRESSION DEVICE, OPTICAL PULSE GENERATING DEVICE AND OPTICAL PULSE COMPRESSION METHOD

OPTICAL PULSE COMPRESSION DEVICE, OPTICAL PULSE GENERATING DEVICE AND OPTICAL PULSE COMPRESSION METHOD

Patent code P110003485
File No. K055P26
Posted date Jun 22, 2011
Application number P2005-145493
Publication number P2006-171677A
Patent number P4327126
Date of filing May 18, 2005
Date of publication of application Jun 29, 2006
Date of registration Jun 19, 2009
Priority data
  • P2004-336067 (Nov 19, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)小関 泰之
  • (In Japanese)五十嵐 浩司
  • (In Japanese)井上 崇
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)古河電気工業株式会社
Title OPTICAL PULSE COMPRESSION DEVICE, OPTICAL PULSE GENERATING DEVICE AND OPTICAL PULSE COMPRESSION METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To optimize the dispersion profile of a fiber which compresses optical pulses, and to generate high-quality compressed pulses.
SOLUTION: The optical pulse generation device 100 is composed of a beat light generating unit 1 generating beat light and an optical pulse compressing device 2, where the optical pulse compressing device 2 is composed of a converting unit 3 and a compressing unit 4. The conversion unit 3 is composed of a DDF (dispersion reduced fiber) in which an abnormal dispersion value decreases in the longitudinal direction from the input end to the output end and beat light inputted from the beat light generating unit 1 is converted into up-chirp pulses. The compressing unit 4 is composed of a DDF, in which the abnormal dispersion value reduces proportionally to the position in the longitudinal direction, and time width of the up-chirp pulses inputted from the converting unit 3 is compressed to output an optical pulse train.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、光ファイバを用いた光パルス圧縮装置は広く用いられてきた。光ファイバの特徴として、その低損失性に起因する高効率な非線形媒質であること、かつ分散の制御性に優れることが挙げられており、これらの特徴を活用した様々な光パルス圧縮装置が提案されている。



これらの中でも、非特許文献1に示されるように、異常分散性を有し、その分散値の絶対値を長手方向に対して徐々に減少させる分散減少ファイバ(DDF:Dispersion Decreasing Fiber)は、比較的高品質な光パルスを発生可能な手段として知られている。



また、特許文献1に示されるように、非線形性の高いファイバと分散性の高いファイバを適切な長さを以って交互に接続したコム状プロファイルファイバ(CPF:Comb-like Profiled Fiber)も、DDFと同様に比較的高品質な光パルスを発生可能な手段として知られている。更に、特許文献2に示されるように、DDFは、超広帯域光の発生にも使用可能であることが知られている。
【特許文献1】
特開2004-117590号公報
【特許文献2】
特開平10-90737号公報
【非特許文献1】
S. V. Chernikov, E. M. Dianov, D. J. Richardson and D. N. Payne, “Soliton pulse compression in dispersion-decreasing fiber,” Opt. Lett., vol. 18, no. 7, pp. 476-478, 1993.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、光パルスを圧縮する光パルス圧縮装置、光パルス圧縮装置を備える光パルス発生装置及び光パルス圧縮方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ビート光を入力し、当該ビート光の時間幅を圧縮して光パルスを発生する光パルス圧縮装置において、
入力端から出力端の方向に異常分散値が減少し、前記ビート光をアップチャープパルスに変換する変換部と、
入力端から出力端の方向の位置に比例して異常分散値が減少し、前記アップチャープパルスの時間幅を圧縮する圧縮部と、
を備えることを特徴とする光パルス圧縮装置。

【請求項2】
 
前記圧縮部では、入力端における分散長の4倍~6倍の距離で異常分散値が半減することを特徴とする請求項1に記載の光パルス圧縮装置。

【請求項3】
 
前記変換部及び/又は前記圧縮部は、分散減少ファイバであることを特徴とする請求項1又は2に記載の光パルス圧縮装置。

【請求項4】
 
前記変換部及び/又は前記圧縮部は、非線形ファイバと線形ファイバを交互に接続したコム状プロファイルファイバであることを特徴とする請求項1又は2に記載の光パルス圧縮装置。

【請求項5】
 
前記コム状プロファイルファイバは、入力端に配置される非線形ファイバの長手方向の長さが、その次に配置される非線形ファイバよりも短いことを特徴とする請求項4に記載の光パルス圧縮装置。

【請求項6】
 
ビート光を発生するビート光発生部と、請求項1~5の何れか一項に記載の光パルス圧縮装置を備えることを特徴とする光パルス発生装置。

【請求項7】
 
ビート光を発生し、
入力端から出力端の方向に異常分散値が減少する変換器を用いて前記ビート光をアップチャープパルスに変換し、
入力端から出力端の方向の位置に比例して異常分散値が減少する圧縮器を用いて前記アップチャープパルスの時間幅を圧縮することを特徴とする光パルス圧縮方法。

【請求項8】
 
入力端における分散長の4倍~6倍の距離で異常分散値が半減する圧縮器を用いて、前記アップチャープパルスの時間幅を圧縮することを特徴とする請求項7に記載の光パルス圧縮方法。

【請求項9】
 
前記変換器及び/又は前記圧縮器は、分散減少ファイバであることを特徴とする請求項7又は8に記載の光パルス圧縮方法。

【請求項10】
 
前記変換器及び/又は前記圧縮器は、非線形ファイバと線形ファイバを交互に接続したコム状プロファイルファイバであることを特徴とする請求項7又は8に記載の光パルス圧縮方法。

【請求項11】
 
前記コム状プロファイルファイバは、入力端に配置される非線形ファイバの長手方向の長さが、その次に配置される非線形ファイバよりも短いことを特徴とする請求項10に記載の光パルス圧縮方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005145493thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) PRESTO Light and Control AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close