Top > Search of Japanese Patents > MATERIAL FOR REGENERATION TREATMENT

MATERIAL FOR REGENERATION TREATMENT meetings

Patent code P110003599
File No. S2010-0220-N0
Posted date Jun 27, 2011
Application number P2009-281382
Publication number P2011-120763A
Patent number P5763880
Date of filing Dec 11, 2009
Date of publication of application Jun 23, 2011
Date of registration Jun 19, 2015
Inventor
  • (In Japanese)川瀬 知之
  • (In Japanese)奥田 一博
  • (In Japanese)中島 悠
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 新潟大学
Title MATERIAL FOR REGENERATION TREATMENT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To develop a material for a regeneration treatment which uses platelet-rich plasma and does not need a preparation before use or cryopreservation.
SOLUTION: The material for a regeneration treatment which contains the platelet-rich plasma frozen and dried after the platelet-rich plasma is coated on a solid supporting body and is used after being stored by refrigerating for at least one day after the platelet-rich plasma is frozen and dried is provided. The material for a regeneration treatment may be used after being stored by refrigerating for at least thirty days after the platelet-rich plasma is frozen and dried. The solid supporting body may be selected from a group consisting of textile products, porous base materials, granular bodies, and foam. The solid supporting body may be made of biodegradable materials. The solid supporting body may be coated with a ligand of cell-substratum adhesion receptors before being coated with the platelet-rich plasma.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ヒト血液から分画した多血小板血漿(platelet rich plasma、以下、「PRP」という。)は、フィブリン糊として50年以上昔から外科手術に頻繁に用いられてきた。また、21世紀に入ると、口腔外科の分野においてPRP中に細胞増殖因子が濃縮されて含まれていることが注目され、現在、再生医療のみならず美容外科の分野での応用が進んでいる。しかし、長期保存ができないことからいずれの場合も用時調製が原則である(特許文献1)。1990年代から、緊急時への対応や野戦病院での応急手当などへの汎用性を拡大させるために、凍結乾燥によるPRP保存技術の開発が進んだ。また、肝臓の再生を目的としたPRPの多量保存法のひとつとして凍結乾燥法の研究が進められている。ただし、これらの凍結乾燥PRPは水溶液に溶解させるのに注意を要するのが課題として残されている(非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、再生治療用材料に関し、具体的には、固体支持体にコーティングされた後に凍結乾燥された多血小板血漿を含む再生治療用材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体吸収性織布にコーティングされた後に凍結乾燥された多血小板血漿を含ことを特徴とする、再生治療のための冷蔵保存用材料。

【請求項2】
 
前記再生治療のための冷蔵保存用材料が長期保存用であることを特徴とする、請求項1に記載の再生治療のための冷蔵保存治療用材料。

【請求項3】
 
前記生体吸収性織布グリコール酸及び乳酸のポリエステルポリマーでできていることを特徴とする、請求項1又は2に記載の再生治療のための冷蔵保存用材料。

【請求項4】
 
前記固体支持体は、前記多血小板血漿がコーティングされる前に、細胞-基質間接着レセプターのリガンドがコーティングされることを特徴とする、請求項1ないし3のいずれか1つに記載の再生治療のための冷蔵保存用材料。

【請求項5】
 
前記リガンドはアテロコラーゲンであることを特徴とする、請求項4に記載の再生治療のための冷蔵保存用材料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close